歯科医療&歯科機器メーカーランキング2021|将来性・年収・売上

業界ランキング

この記事は、歯科医療&歯科機器メーカーへの転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、歯科医療&歯科機器メーカーの企業一覧をランキング形式で紹介します。
歯科医療&歯科機器メーカーについて調べる人

「業界大手の松風の平均年収は755.5万円か〜。。歯科医療&歯科機器メーカーの将来性ってどうなんだろう?」

本記事の内容

歯科医療&歯科機器メーカーの将来性

歯科医療&歯科機器メーカーの将来性

2019年度の国内歯科機器・材料市場規模(販売元出荷金額ベース)を前年度比1.0%増の2,683億55百万円と推計した。品目別に市場をみると、歯科機器市場は949億37百万円(前年度比0.8%減)、予防歯科関連製品市場は240億63百万円(同3.7%増)、歯科材料市場は1,219億64百万円(同2.1%増)、歯科用薬品市場は65億80百万円(同0.3%増)、歯科用インプラント市場は208億10百万円(同0.7%減)であった。

歯科材料では、CAD/CAM冠などの修復材料のオールセラミックスやジルコニア材料、切削加工用レジン、ボンディング材などが好調に推移している。歯科用インプラントについては、数量ベースで横ばいから微増推移しているものの、納入単価の伸び悩みから市場規模は微減となった。

また、予防歯科関連製品では、医療介護分野における患者の口腔ケアがクローズアップされており、また通信販売も好調に推移しており、市場は活性化している。

s/歯科医療&歯科機器メーカー/の市場規模 推移

出典:矢野経済研究所

 

歯科医療&歯科機器メーカー 企業ランキング2021

歯科医療&歯科機器メーカー 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で歯科医療&歯科機器メーカーの企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

歯科医療&歯科機器メーカー企業の安定性ランキング

  1. エア・ウォーター8090.83億円 (18211 人)
  2. ビー・エム・エル1207.32億円 (4067 人)
  3. ナカニシ354.19億円 (1159 人)
  4. 歯愛メディカル287.63億円 (259 人)
  5. 松風261.08億円 (1189 人)
  6. マニー152億円 (–)
  7. 岡本硝子54.89億円 (289 人)
  8. 日本アイ・エス・ケイ54.7億円 (272 人)
  9. メディカルネット29.18億円 (110 人)
  10. デンタス4.27億円 (58 人)

歯科医療&歯科機器メーカー社員の平均年収

  1. 松風755.5 万円 (43.7 歳)
  2. エア・ウォーター687.4 万円 (43.4 歳)
  3. ナカニシ575.4 万円 (40.2 歳)
  4. ビー・エム・エル565.8 万円 (42.1 歳)
  5. 岡本硝子526.6 万円 (44.8 歳)
  6. 日本アイ・エス・ケイ478.9 万円 (38.5 歳)
  7. メディカルネット455.8 万円 (37.0 歳)
  8. 歯愛メディカル426.0 万円 (37.7 歳)
  9. デンタス285.1 万円 (40.0 歳)

歯科医療&歯科機器メーカー社員による自社評価

社員による自社評価

  1. メディカルネット3.87
  2. ナカニシ3.15
  3. マニー3.05
  4. 岡本硝子2.94
  5. 松風2.90
  6. 日本アイ・エス・ケイ2.89
  7. エア・ウォーター2.84
  8. 歯愛メディカル2.77
  9. ビー・エム・エル2.72

歯科医療&歯科機器メーカーランキングまとめ

歯科医療&歯科機器メーカーについて調べる人

「業界売上トップ企業はエア・ウォーター、平均年収のトップは松風で755.5万円、社員の評判が最も高いのはメディカルネットだね。就活の参考にしよう!」

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。