医薬品卸業界ランキング2021|将来性・年収・売上・社員評価

業界ランキング

この記事は、医薬品卸業界への転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、医薬品卸業界の企業一覧をランキング形式で紹介します。
医薬品卸業界について調べる人

「業界大手のメディパルホールディングスの平均年収は783.7万円か〜。。医薬品卸業界の将来性ってどうなんだろう?」

本記事の内容

医薬品卸業界の将来性

医薬品卸業界の将来性

医薬品卸業界の市場規模を調べる人

「医薬品卸市場は近年、若干成長しています。少子高齢化の影響で医薬品需要は増加傾向にあるので、コロナ収束後さらに成長できるかがポイントです」

新型コロナウイルス感染症の拡大は、医療機関や調剤薬局に多大な影響を及ぼすことになった。3月、4月、5月と月を追うごとに医療機関や薬局の患者が減少し、待合室が閑散とするようになった。特に診療所では小児科や耳鼻科の患者が大幅に減少した。このことで医療機関や調剤薬局は、これまでにない厳しい経営状態に直面することになった。

調剤薬局も保険調剤のみで小児科や耳鼻科のマンツーマン薬局などは、診療所と同様、収益が月を追うごとに悪化した。2020年6月に定例会見を行った日本薬剤師会は、その場で208薬局に実施した調査速報を公表した。それによると5月分の受付回数は対前年同月比24.3%減、調剤報酬は同11.6%減の大幅な減少となった。さらに調剤料は、14日以下が同43.0%減、逆に31日以上が同4.1%増となり、新型コロナウイルス感染症拡大で医療機関への受診回数を抑制したことが数字にも鮮明に表れた。

一方、診療所や調剤薬局以上に新型コロナウイルス感染症拡大の影響が深刻なのが病院である。特に新型コロナウイルスの患者を受け入れている病院は、そのことが経営を圧迫することになっている。具体的には、①新型コロナウイルスの患者の病床を確保する必要があり、一般の入院患者と外来患者を抑制することになった、②緊急手術以外の手術を抑制することになり、病床利用率が80%を下回ることとなった、③健康診断事業も休止に追い込まれた、④新型コロナウイルス対策のための費用が急増したものの、回収の目途が立たない、などが挙げられる。
 
s/医薬品卸業界/の市場規模 推移

出典:矢野経済研究所

 

医薬品卸業界 企業ランキング2021

医薬品卸業界 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で医薬品卸業界の企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

医薬品卸業界企業の安定性ランキング

  1. メディパルホールディングス32530.8億円 (13599 人)
  2. アルフレッサ ホールディングス26985.1億円 (12074 人)
  3. スズケン22134.8億円 (15477 人)
  4. 東邦ホールディングス12637.1億円 (7847 人)
  5. PALTAC10464.1億円 (2196 人)
  6. バイタルケーエスケー・ホールディングス5625.05億円 (3579 人)
  7. 大木ヘルスケアホールディングス2772.6億円 (591 人)
  8. CBグループマネジメント1467.99億円 (745 人)
  9. イワキ616.48億円 (957 人)
  10. 東北化学薬品310.14億円 (309 人)
  11. 歯愛メディカル287.63億円 (259 人)
  12. コーア商事ホールディングス160.34億円 (296 人)

医薬品卸業界社員の平均年収

  1. メディパルホールディングス783.7 万円 (46.2 歳)
  2. アルフレッサ ホールディングス726.7 万円 (43.1 歳)
  3. コーア商事ホールディングス701.5 万円 (44.0 歳)
  4. CBグループマネジメント682.7 万円 (46.0 歳)
  5. スズケン662.3 万円 (44.9 歳)
  6. PALTAC637.4 万円 (45.9 歳)
  7. 東邦ホールディングス607.6 万円 (46.4 歳)
  8. バイタルケーエスケー・ホールディングス599.5 万円 (46.9 歳)
  9. 大木ヘルスケアホールディングス540.9 万円 (51.1 歳)
  10. イワキ527.3 万円 (43.9 歳)
  11. 東北化学薬品450.5 万円 (44.6 歳)
  12. 歯愛メディカル426.0 万円 (37.7 歳)

医薬品卸業界社員による自社評価

社員による自社評価

  1. 大木製薬3.39
  2. メディパルホールディングス3.10
  3. アルフレッサ-ホールディングス3.10
  4. スズケン2.97
  5. バイタルケーエスケー・ホールディングス2.96
  6. CBグループマネジメント2.96
  7. 東北化学薬品2.96
  8. 大木ヘルスケアホールディングス2.95
  9. 東邦ホールディングス2.87
  10. イワキ2.83
  11. 歯愛メディカル2.77
  12. PALTAC2.55

医薬品卸業界ランキングまとめ

医薬品卸業界について調べる人

「業界売上と平均年収のトップ企業はメディパルホールディングス、で783.7万円、社員の評判が最も高いのは大木製薬だね。就活の参考にしよう!」

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

人気記事エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選