フードデリバリーサービス ランキング2021|大手5社の将来性・売上・年収

業界ランキング

この記事は、フードデリバリーサービスへの転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、フードデリバリーサービスの企業一覧をランキング形式で紹介します。

本記事の内容

フードデリバリーサービス業界の特徴

以前はピザの宅配がメインだったフードデリバリー。現在はUber Eatsをはじめ、宅配専門の業者が乱立し、コロナ禍での食事の選択肢の1つとして、スマホから注文する形が定着しつつあります。

フードデリバリー業界の特徴
出典:https://jma-hcj.com/exhibit2021/delivery/

フードデリバリーは送料がかかるため、外食するよりも高額になる点がデメリット。

施策①:クーポンの配布

初回利用特典があり、まずはお試しでフードデリバリーの便利さを確認することができます。

  • 出前館:初回限定1,500円引きクーポン
  • ごちクル:会員登録で1,000ポイント
  • Uber Eats:初回限定1,500円引きクーポン
  • dデリバリー:初回限定1,000円引きクーポン(終了)
  • 楽天デリバリー:初回限定500円引きクーポン(終了)

施策②:サービスの統廃合

フードデリバリーサービスが乱立する一方で、既にサービスの統廃合も起きています。

  • Lineデリマ→出前館に統合
  • ぐるなびデリバリー→ごちクルに統合
  • dely→サービス終了
  • デリバリープラネット→サービス終了

当面、フードデリバリー業界はUberEatsと出前館の2強体制が続きそうです。

フードデリバリーサービス 企業ランキング2021

フードデリバリーサービス 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点でフードデリバリーサービスの企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

フードデリバリーサービス企業の安定性ランキング

  1. NTTドコモ46512.9億円 (27558 人)
  2. 楽天12639.3億円 (20053 人)
  3. LINE2306.96億円 (7913 人)
  4. ぐるなび309.27億円 (1476 人)
  5. 出前館66.66億円 (183 人)

フードデリバリーサービス社員の平均年収

  1. NTTドコモ870.4 万円 (40.1 歳)
  2. LINE770.9 万円 (34.5 歳)
  3. 楽天755.7 万円 (34.4 歳)
  4. ぐるなび563.6 万円 (36.5 歳)
  5. 出前館563.3 万円 (35.5 歳)

フードデリバリーサービス社員による自社評価

社員による自社評価

  1. 楽天3.76
  2. LINE3.59
  3. NTTドコモ3.38
  4. Uber-Japan2.96
  5. 出前館2.83
  6. ぐるなび2.83

今回は以上です。

人気記事エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選