【転職】転職でITエンジニアが年収1000万円稼ぐために必要なこと

IT業界(SIer) 仕事術 転職

転職でエンジニアを志望する方・より成長できる環境を望む現役エンジニアの方向けの記事をまとめてみました。

「エンジニアの仕事ってどんなだろう」という方から、「もっと年収をアップしたい、何をすればいいんだろう」といった方向けのまとめページです。将来は給与所得で年収1,000万円以上を目指したい人向けにまとめています。

このページで紹介する記事を上から順番に読んでいくことで、エンジニアについての理解を深めることができ、年収1,000万円を達成するために必要なこと・優先的にやるべきことが理解できるようになっています。

記事を書いている私のキャリア

これらの記事を書いた私のキャリアは、以下の通りです。
 ・大学では情報学科、大学院ではコンピュータサイエンスを専攻
 ・就職してIT業界に12年間従事
(インフラエンジニア7年、アプリケーションエンジニア5年、その間セキュリティエンジニアを10年兼務)

現在は金融業界でアプリケーションエンジニアとして年収1,000万円ちょっと稼いでいます。
数知れぬ失敗も含めて、少しでも私の経験したことが皆様に活かされればと思い、これまでの12年間の身に染みるような体験をもとに記事を書きました。

年収1,000万円以上稼いでいるのは給与所得者全体の4.48%

まずは一般的な情報から年収1,000万円以上稼ぐという目標の難易度を確認しておきます。
 
国税庁が発表している最新の民間給与実態統計調査結果(平成29年度分集計版)によると、給与所得者全体のうち1,000万円以上の給与所得者の割合はわずか4.48%です。さらに女性だけでは1%にも満たない人しかそれだけの給与を得ていないのです。

年収 男性 割合 女性 割合 合計 割合
100万円以下 94.9万人 3.23% 320.4万人 15.94% 415.2万人 8.4%
100万円~ 196.6万人 6.7% 473.4万人 23.56% 669.9万人 13.55%
200万円~ 345.8万人 11.78% 435.3万人 21.66% 781.2万人 15.8%
300万円~ 523.1万人 17.82% 343.5万人 17.09% 866.6万人 17.52%
400万円~ 520.8万人 17.74% 209.9万人 10.45% 730.8万人 14.78%
500万円~ 389.9万人 13.28% 107.8万人 5.37% 497.8万人 10.07%
600万円~ 262.7万人 8.95% 50万人 2.49% 312.7万人 6.32%
700万円~ 186.1万人 6.34% 27.6万人 1.37% 213.7万人 4.32%
800万円~ 128.2万人 4.37% 14.3万人 0.71% 142.5万人 2.88%
900万円~ 84.5万人 2.88% 8.1万人 0.4% 92.6万人 1.87%
1000万円~ 203.0万人 6.91% 19.0万人 0.95% 222.0万人 4.48%
合計 2935.7万人 100% 2009.4万人 100% 4945.1万人 100%

引用元:平成29年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁

年収1,000万年以上得るために必要な6つの戦略

給与所得者として上位4.48%以内に入るためにはどうしたら良いでしょうか。その戦略を6つ挙げます。

  1. 自分の働く業界について十分に理解する
  2. 業界の各プレイヤー(企業や職種など)について十分に理解する
  3. 業界内に適切な立ち位置を取る
  4. 業界の短期〜10年後の動向を理解する
  5. 業務内外に関わらず、効率的なスキルアップを図る
  6. ポジティブな転職をする

これらの一つ一つの戦略については、以下で紹介する記事で解説しています。

最も大切なことは、ポジティブな転職をすること。

きっかけは仕事が合わないとか、ネガティブなことでも仕方ありませんが、いざ面接という時までに、ポジティブな転職のストーリーを描き、頭の中で整理をつけておきましょう。これは転職エージェントに相談し、二人三脚でシナリオを作るのが効果的です。

1.自分の働く業界について十分に理解する

IT業界地図とSIer業界地図を解説【業界研究にお役立て下さい】

IT業界・SI業界には様々な企業があり、全容を理解するのは困難です。ざっくり業界の概要を理解していただくために①IT業界地図(大きい地図)、②SI業界地図(小さい地図)の2つを用いて業界と各企業で働くエンジニアの仕事内容を解説します。エンジニアだけでなく、コンサルタントを志望する方にも有用です。

【SIer/WEB系】IT業界の平均年収は?【大手中心に解説】

IT業界に就職したら年収はどれくらいか、また若手のエンジニアにとっては将来年収がいくらくらい稼げるかというのは大変興味のあるところだと思います。一口に言うと業界の平均年収は593万円ですが、会社によって様々なので、IT業界における主要企業とその年収について解説します。ちなみに業界トップの野村総合研究所の平均年収は1,156万円です。

【ピラミッド】IT業界でSIerはオワコン?【技術力なし】

IT業界に就職するなら、就職先はざっくりWEB系かSIerになります。WEB系はyahoo,楽天,サイバーエージェントなど今をときめく会社が多いのに比べてSIerは歴史が古く、働き方も古臭いイメージです。SIerはIT業界よりも建築業界に近いとも言われます。しかし今後もITビジネスの基幹はSIerであり続けます。SIerの誤解を解き、SIerの今後の将来性の高さを解説します。


2.業界の各プレイヤー(企業や職種など)について十分に理解する

アプリケーションエンジニアの仕事内容・やりがい・志望動機は?

SIerにおけるアプリケーションエンジニアの役割を解説。アプリケーションエンジニアの最も基本的な仕事は、お客様の求めるシステムを実現するための機能(プログラム)を開発して納品することです。単純に求めるシステムを実現するだけでなく、見えないニーズを引き出したり、開発する業務の理解がなければ良いアプリケーションを作る事はできないのです。また、プロジェクトマネージャのようなアプリケーションエンジニアの上級職についても解説します。

インフラエンジニアの仕事を解説します【未経験から転職する方法も】

一口にITエンジニアといっても、様々な職種に細分化することができます。インフラエンジニアの業務は、電気・ガス・水道と同様に、システム共通で使う機能を安定的に提供するお仕事です。特徴は1.多くのインフラ機能がある事、2.他のシステムの担当になってもスキルを活かしやすい事です。インフラエンジニアになる方法や適正も解説しています。

【IT業界】セキュリティエンジニアの仕事内容・年収・転職方法まとめ

現代はどの企業でもサイバー攻撃による被害を恐れていて、企業経営における最大のリスク要因とも言われています。セキュリティエンジニアの仕事は、サイバー攻撃に対処すること。このほか、社内での内部犯行に対処するケースもあります。高い技術力や業務経験があれば、年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。

【転職希望の方向け】IT業界 | SIerで年収1,000万円稼ぐには

まずはSIer内の職種について解説します。中でも高い年収を得るためには、①対象業務に詳しい②管理能力が高い、の2つが条件です。SIer社内には常にいくつものプロジェクトが立ち上がっており、①と②の能力をプロジェクトの現場で発揮することでプロジェクトマネージャ候補となり、年収アップが可能です。このほか、プロジェクトではなく運用保守で①と②の能力を発揮するキャリア、スペシャリストとして年収アップするキャリアも考えられます。

【体験談】文系出身エンジニアのほうが出世する3つの理由【未経験でOK】

プログラミングしたことのない文系出身であっても、エンジニア職は立派に務まります。資料作成など文系出身者の方が身につきやすいスキルも多いですし、そういった技術系以外のスキルは出世に必要なスキルだったりします。技術以外のスキルも含め、バランスよく成長するのが中長期的に見て望ましいキャリアです。


3.業界内に適切な立ち位置を取る

【金融エンジニア】IT業界志望なら、お金持ち系SIerがオススメです【転職】

IT業界に転職を考えている方へ。私はSIerへの転職をオススメします。その理由について記事では5つ挙げています。さらに年収アップの条件として、お金持ち系SIerへの転職をオススメしたいのですが、これについては具体的な企業名も含めてご紹介します。特に金融系がオススメで、私も金融系エンジニアの端くれです。


4.業界の短期〜10年後の動向を理解する

IT業界10年後の動向とは

本記事では昨今の急速なテクノロジーの進化の影響を最も大きく受けるIT業界の動向について、10年後を念頭に解説します。
経済産業省がまとめたIT人材に関する調査やマーケットの動向などのデータを使って、今後求められる重要なスキルを客観的に洗い出し、提案します。


5.働きながら効率的にスキルアップする

IT業界での失敗談 | 私の失敗をあなたの糧にして下さい | エンジニア歴12年【就活・新人・転職】

私の自己紹介を兼ねて、12年間のエンジニア人生の中でやってしまった失敗談を紹介します。失敗を犯した時期によって、1.就職活動、2.新人時代、3.転職後、4.中堅になってからの4つに分類していますので、当てはまるステージに応じてご覧いただければ幸いです。

COBOLエンジニアがJAVAエンジニアよりも市場価値が高い3つの理由【SEの年収アップの裏技あり】

COBOLをご存知でしょうか?1959年に開発された言語ですが、未だ現役で使われています。現在COBOLで稼働している業務は重要なものばかりですがエンジニアに人気が無く、人材不足は深刻です。しかしCOBOLから入って重要業務を理解すれば、大きな年収アップも夢ではありません。プログラミングスキルだけでは、どの言語でも年収に大差はないので重要業務の理解など、+αを身につけましょう。


6.ポジティブな転職をする



毎日の業務に悩むエンジニア向けの記事

毎日の業務に悩むエンジニア向けの記事

まずは仕事の仕方を見直しましょう

仕事ができないと諦める前に見て欲しい5つの習慣

忙しくて仕事が回らなかったり、周囲に迷惑をかけてもう仕事辞めたいって思うこともありますよね。そんな時に見直して欲しい仕事の習慣を5つ挙げます。気が付いたこと、できることからコツコツと改善を積み上げて、粘り強く成長していきましょう。1.出社したらまず一日のスケジュールを立てる/2.1時間の予定のタスクを40分で終える/3.隙間時間を活用する/4.説明責任は果たすが言い訳はしない/5.帰宅前にやり残しタスクがないか再確認する

 

それでも仕事が合わなかったら職種を変えましょう

インフラエンジニアの仕事がつまらない、これだけの理由

私は12年前に社会人生活をインフラエンジニアとしてスタートさせました。5年程働いて身に染みてわかったことは、仕事をきっちりミスなくやることが最重視されるインフラという仕事が自分には向いてないということです。エンジニアとしてもっと面白いこと、面白いサービスの実現に関わりたい。間もなくして、私はアプリケーションエンジニアに転職したのでした。向いてないと思ったら思い切って職種は変えてOKです。

本記事のおさらい

ITエンジニア向けニュース

Microsoft、GUIアプリのサポート時期など「WSL」の最新情報を紹介

2020-10-02 07:30:00
Microsoftは「Windows Subsystem for Linux」(WSL)について、最近のアップデートのまとめとともに、追加予定の新機能などの一端を紹介した。

コマンドラインから「GitHub」を利用できる「GitHub CLI 1.0」が公開

2020-10-02 07:30:00
「GitHub」をターミナルから利用できるツールの正式版「GitHub CLI 1.0」をGitHubが公開した。GitHubにあるワークフローの全てを「gh」コマンドで実行できる。

サイバーセキュリティの体制構築や人材確保の方法を解説 経済産業省が手引きを公開

2020-10-01 23:00:00
経済産業省は、「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」をWebサイトで公開した。サイバーセキュリティ経営ガイドラインに示された人材確保などについて、具体的に検討する際の参考になる。

[解決!Python]print関数で変数や式の値を出力するには

2020-10-01 20:00:00
print関数を使って変数などの値を表示する方法と、その際に区切り文字や行末の改行を変更する方法、文字列と変数の値を組み合わせる方法などを紹介する。

【Excel】データの2軸の相関を一発プレゼン:かんたん散布図作成法

2020-10-01 20:00:00
Excelを使って、さまざまなデータをグラフ化している人も多いのではないだろうか。ただ、Excelでグラフを作成する場合、決まった一定の間隔(時間)で取得されたデータを使わないと、折れ線グラフなどが正しく描けない。だが現実には、同じ時間で計測したデータばかりが集まるわけではない。そのような場合には「散布図」を使うのが便利だ。

セキュリティ製品/サービスを「Microsoft Defender」ブランドに統一

2020-10-01 20:00:00
Microsoftは2020年9月に開催した仮想カンファレンス「Ignite 2020」で、Microsoft AzureとMicrosoft 365(旧称、Office 365)の“Threat Protection”や“Advanced Threat Protection(ATP)”として知られる一連のサービスの名称変更を発表しました。以前の名称から大きく変更されることになるため、今後、順次行われることになるであろう管理UIへの反映や、オンラインまたはオフラインのドキュメントの参照の際には注意してください。

企業が社内に設置するクラウド推進組織「CCOE」は、ベンダー中立を目指せ

2020-10-01 20:00:00
企業がクラウド推進組織として社内に設置する「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)。どのような活動をすべきなのか。Gartnerでクラウドを担当するアナリストで、ディスティングイッシュト バイスプレジデントのリディア・レオン(Lydia Leong)氏が解説する。

Google、「Google Cloud」でのWindows Server VM管理を容易に

2020-10-01 07:00:00
Googleは「Google Cloud」でWindows Serverワークロードの管理を容易にする新機能を発表した。起動画面診断やWindows Serverの自動アップグレード、新しい診断ツール、改良されたライセンスレポートなどがある。

AIで指名手配被疑者の今の姿を予測 ヤフーなど3社がプロジェクト「TEHAI」を始動

2020-09-30 23:00:00
ヤフーなど3社は、AIを活用して過去の写真から指名手配被疑者の今の姿を予測するプロジェクト「TEHAI」を始動した。指名手配被疑者の情報提供の促進が目的。指名手配被疑者の検挙に結び付く有力な情報を提供した人には報奨金が送られる。

エクスプローラーのキーボードショートカット全リスト

2020-09-30 20:00:00
エクスプローラーをキーボードで操作すれば、マウスを使わずにフォルダを開いたり、ファイルを操作したりできる。幾つかのキーボードショートカットを覚えておくだけでも、作業効率が大幅にアップするはずだ。エクスプローラーで使える主なキーボードショートカットを紹介しよう。

壊れたノートPCの中に眠っていたWindows 8.1を仮想マシンで呼び覚ます

2020-09-30 20:00:00
今回は、筆者のテスト環境で行った「物理-仮想(Physical To Virtual、P2V)変換」の事例を紹介します。起動しなくなってしまった、古いノートPCで動いていた「Windows 8.1」を、Hyper-Vの仮想マシンに変換する事例です。少しばかり環境が特異ですが、どなたかの参考になるかもしれません。

得意なものを見つけること、そしてそれを好きになること――人に誇れる仕事こそが原動力

2020-09-30 20:00:00
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。コンピュータの可能性に魅了され、やがて人間の認知にまで好奇心を広げたYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏。同氏が開発したデバイスは人類にどんな未来を見せるのか。

Oracle、「Java 15」をリリース

2020-09-30 06:30:00
Oracleは、「Java 15」の一般提供を開始した。新機能の「エドワーズ曲線デジタル署名アルゴリズム」(EdDSA)と隠しクラスの追加など、14の主要な機能強化/変更が特徴だ。

VMwareがNVIDIAと、AIおよびSmartNICで統合ソリューションを開発

2020-09-30 00:00:00
VMwareとNVIDIAがVMworld 2020で、AIおよびSmartNICに関する提携を発表した。両社は統合ソリューションを開発し、推進する。最終的な目的は、開発者がインフラを自由に使える環境を作ることだという。

AIと対話しながらモデルを構築する手法を慶應義塾大学と東京自働機械製作所が共同開発

2020-09-29 23:00:00
慶應義塾大学理工学部の桂誠一郎研究室と東京自働機械製作所は、AIによる演算結果を随時確認しながら対話的にモデルを生成できる「バイラテラルAI」の基盤技術を開発した。

「Google日本語入力」を統合する「Gboard」で単語をユーザー登録する方法

2020-09-29 20:00:00
スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEの辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Gboard」で単語を登録する手順を解説。

Code for Japan 関氏が語る「自治体、企業がオープンソースに取り組むべき理由」

2020-09-29 20:00:00
オープンソースソフトウェアを利用したサービスやソフトウェアの開発が珍しくなくなった中、新型コロナをきっかけにオープンソースで公開された東京都の感染症対策サイトが大きな注目を集めた。立ち上げの中心となったCode for Japanの関氏に話を聞いた。

セブン銀行がコロナ禍の1週間でリモートの内製開発を開始――焦りや孤独感と戦いながらもゼロトラストな開発環境を実現できた要因とは

2020-09-29 20:00:00
アイティメディアは2020年9月7日にオンラインで「ITmedia Security Week 秋」を開催した。本稿では、セブン銀行と開発パートナー企業の情報戦略テクノロジーによる特別講演「タイムリミットは1週間 コロナ禍でリモートになったセブン銀行の内製開発チームがゼロトラストに移行するまで」を要約してお伝えする。

機械には世界がどう見える? イスラエルの少年はゲームより「認識」がお好き

2020-09-29 20:00:00
人間ならすぐできるのにコンピュータには難しい、そこが面白い――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はOrCam TechnologiesのYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏にお話を伺う。コンピュータで遊ぶより、コンピュータが持つ可能性に心引かれた同氏が「OrCam MyEye」を開発した理由とは。

VMwareがSaltStackを買収、マルチクラウドではKubernetes、マーケットプレイス、統合管理に注力

2020-09-29 16:00:00
VMwareはVMworld 2020でSaltStackの買収、Kubernetes製品群の展開、統合管理サービス、統合マーケットプレイスなど、マルチクラウドに関するさまざまな発表を行った。VMwareにおけるマルチクラウドは、サーバ仮想化基盤だけの話ではなくなっている。

VMwareがデータセンター用EDR、SASE、ゼロトラストなどセキュリティで多数の発表、Menlo SecurityやZscalerと提携

2020-09-29 16:00:00
VMwareが年次イベント「VMworld 2020」で、データセンターアプリケーション用EDR、ゼロトラストネットワークアクセス、SASEなど、セキュリティ関連の製品やソリューションを多数発表した。Menlo SecurityやZscalerとの提携も注目される。

VMware、ESXi(の一部)をSmartNICに載せる「Project Monterey」を発表

2020-09-29 16:00:00
VMwareが、同社のサーバ仮想化技術ESXiで、「SmartNIC」と呼ばれるネットワークアダプタとの統合を進めるプロジェクトを、SmartNICやサーバのベンダーと開始したと発表した、I/O高速化を超えた機能を実現する。

「攻撃者はコロナ禍に付け入って新しい戦術を展開している」 ガートナーが“進化する脅威”の対応方法を解説

2020-09-28 23:00:00
ガートナー ジャパンは、進化する脅威が情報セキュリティ部門に影響を及ぼす最大の推進要因になることを明らかにした。リモートワーク環境が緊急的に導入される中、攻撃者がこの状況に付け入って新しい戦術を展開したと分析している。

ナビタイムはコストを半減、「スポットインスタンスを制する者はAWSのコスト最適化を制する」

2020-09-28 20:00:00
「Amazon EC2」の購入オプションは複雑ですが、うまく使えばコストを大きく引き下げられるとされるのがスポットインスタンスです。ナビタイムジャパンは、これを使ってEC2のコストを半減できたといいます。

コロナ禍で1日4万件の電話を9割減らしたサービスを1週間で内製――神戸市に入庁した元エンジニアが、書けるコードをあえて書かなかった理由

2020-09-28 20:00:00
コロナ禍の神戸市が情報公開を中心とした新しいサービスを次々と内製、リリースした。いずれのサービスも開発期間は約1週間。担当したのは、情報化戦略部の職員である元エンジニアだが、あえてコードを書かずに開発したという。その理由は何なのか――ローコード開発の利点と課題、生かし方などについて聞いた。

コロナ禍でプライバシーマークとISMSが注目される? JIPDECとITRが「企業IT利活用動向追跡調査2020」の結果を発表

2020-09-27 23:00:00
JIPDECとITRが実施した「企業IT利活用動向追跡調査2020」によると、テレワークや在宅勤務制度を整備した企業の割合が、2020年1月に実施した調査よりも約15ポイント増加した。電子契約を採用済みの企業は、2020年1月時点と変わらず約4割だった。