機器間通信(M2M)メーカーランキング2021|将来性・年収・売上

業界ランキング

この記事は、機器間通信(M2M)メーカーへの転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、機器間通信(M2M)メーカーの企業一覧をランキング形式で紹介します。
機器間通信(M2M)メーカーについて調べる人

「業界大手の日立製作所の平均年収は902.7万円か〜。。機器間通信(M2M)メーカーの将来性ってどうなんだろう?」

本記事の内容

機器間通信(M2M)メーカーの将来性

機器間通信(M2M)メーカーの将来性

機器間通信(M2M)メーカーの市場規模を調べる人


「M2Mは新しいデバイスで、市場規模は成長し続けているな。今後も様々な業界で利用されるだろうから、将来性の高い分野と言えそうだ。就職先で働く分野としては悪くないな。」

 2018年度の国内M2M市場(事業者売上高ベース)は2,010億円で、前年度比7.5%増となった。同年度では、LTE(Long Term Evolution)対応の通信モジュールを中心として、主要3通信キャリア及びMVNOのサービスがともに堅調さを維持している。前年度2桁伸長での反動はあったものの、依然としてマーケットは拡大基調にある。

2019年度はLTE対応の通信モジュール導入が一巡したことや、MVNO関連需要もやや鈍化傾向にあり、全体としても伸びが低下したことで、前年度比6.0%増(120億円増)の2,130億円を見込む。

機器間通信(M2M)メーカーの市場規模 推移

出典:矢野経済研究所

 

機器間通信(M2M)メーカー 企業ランキング2021

機器間通信(M2M)メーカー 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で機器間通信(M2M)メーカーの企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

機器間通信(M2M)メーカー企業の安定性ランキング

  1. 日立製作所87672.6億円 (301056 人)
  2. 伊藤忠テクノソリューションズ4870.18億円 (8808 人)
  3. コア209.97億円 (1393 人)
  4. サイバーコム139.68億円 (1032 人)
  5. 朝日ネット102.65億円 (193 人)
  6. 東海ソフト67.31億円 (509 人)
  7. ニーズウェル55.18億円 (538 人)
  8. アプリックス8.44億円 (39 人)

機器間通信(M2M)メーカー社員の平均年収

  1. 日立製作所902.7 万円 (42.3 歳)
  2. 伊藤忠テクノソリューションズ896.6 万円 (40.6 歳)
  3. アプリックス657.5 万円 (45.1 歳)
  4. コア592.3 万円 (40.0 歳)
  5. 東海ソフト586.2 万円 (35.3 歳)
  6. 朝日ネット518.2 万円 (38.8 歳)
  7. サイバーコム506.8 万円 (35.8 歳)
  8. ニーズウェル491.8 万円 (35.2 歳)

機器間通信(M2M)メーカー社員による自社評価

社員による自社評価

  1. 伊藤忠テクノソリューションズ3.50
  2. 日立製作所3.48
  3. 朝日ネット2.96
  4. 東海ソフト2.94
  5. アプリックス2.79
  6. サイバーコム2.75
  7. ニーズウェル2.75
  8. コア2.74

機器間通信(M2M)メーカーランキングまとめ

機器間通信(M2M)メーカーについて調べる人

「売上と平均年収のトップは日立製作所で902.7万円、社員の評判が最も高いのは伊藤忠テクノソリューションズだね。就活の参考にしよう!」

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

人気記事エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選