着物(呉服)業界ランキング2021|将来性・年収・売上・評価

業界ランキング

この記事は、着物(呉服)業界への転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、着物(呉服)業界の企業一覧をランキング形式で紹介します。
着物(呉服)業界について調べる人

「業界大手のツカモトコーポレーションの平均年収は548.9万円か〜。。着物(呉服)業界の将来性ってどうなんだろう?」

本記事の内容

着物(呉服)業界の将来性

着物(呉服)業界の将来性

着物(呉服)業界の市場規模を調べる人


「外国人を中心に着物は人気だけれど、市場規模は縮小し続けているのは意外だね。海外輸出や、旅行・イベントなどの機会に着てもらう需要を掘り起こせるかがポイントになってくるね。」

2019年の呉服小売市場規模は前年比97.2%の2,605億円と推計した。

着物に対する外国人からの関心は高く、訪日外国人客を中心にレンタル着物を着用した体験型観光やイベントなどが人気を集めているが、日本人の着物離れは加速している。着物の主要顧客であるシニア層の高齢化に加え、依然として着物の着用やその機会に対する心理的なハードルから若年層を取り込めていないのが実状である。

​一方で、近年は従来の様式に囚われない画期的な着物がデザインされることも増えてきた。「非日常の特別な衣装」としての着物から「非日常を楽しめる衣装」へと変化し、SNSを中心に情報発信されることで、国内外の人々に受け入れられるようになってきている。カジュアルに楽しく着物を着こなす人が増えることで、一般消費者の関心につながるものとみており、こうした連鎖は再び日本人の着物への関心を想起させ、慶弔用の着物や普段使いの和装の着用機会拡大につながるものと期待される。

着物(呉服)業界の市場規模 推移

出典:矢野経済研究所

 

着物(呉服)業界 企業ランキング2021

着物(呉服)業界 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で着物(呉服)業界の企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

着物(呉服)業界企業の安定性ランキング

  1. 一蔵182.48億円 (789 人)
  2. ツカモトコーポレーション177.97億円 (252 人)
  3. さが美グループホールディングス159.56億円 (386 人)
  4. 京都きもの友禅105.14億円 (575 人)
  5. 日本和装ホールディングス55.11億円 (156 人)
  6. 和心30.34億円 (89 人)
  7. はかた匠工芸12.96億円 (–)

着物(呉服)業界社員の平均年収

  1. ツカモトコーポレーション548.9 万円 (44.1 歳)
  2. 日本和装ホールディングス509.0 万円 (44.9 歳)
  3. さが美グループホールディングス501.0 万円 (46.2 歳)
  4. 一蔵427.1 万円 (37.0 歳)
  5. 和心399.0 万円 (30.9 歳)
  6. 京都きもの友禅398.7 万円 (44.5 歳)

着物(呉服)業界社員による自社評価

社員による自社評価

  1. 一蔵2.77
  2. ツカモトコーポレーション2.70
  3. 京都きもの友禅2.69
  4. 和心2.60
  5. 日本和装ホールディングス2.56

着物(呉服)業界ランキングまとめ

着物(呉服)業界について調べる人

「業界売上トップで社員の評判が最も高い企業は一蔵、平均年収の最も高い企業はツカモトコーポレーションで548.9万円だね。就活の参考にしよう!」

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。