我が逃走

ライフ

かつて、ニーチェは師を創造して神を殺した。しかし、神に代わるモノは神でなくてはならない。遠くの方から段々と、人々は凍えはじめてしまったが、神なき世界を永遠に生きよ、とニーチェはありのままの現実世界を語り続けた。

いまここで、キャンプファイヤーの残り火にあたる。凍りついた母艦の船首だけが、にわかに動く。フネの舵を取られてはならない。どうすればいいんだ。ずぶ濡れになっていた私は、何とか血路を開きたいという一心で、ゆっくり慎重に辺りを見渡す。

カーツワイルがそっと、温かい口調で語りかけてくれる。いま、シンギュラリティ前夜なのだと言う。私の無意識は異物に侵され、ポカポカしてくる。OKOK!未来は明るいと思う。
・・・しかし、それならば、最初に神に至るモノは何か。ファシズム、西洋、FAANG、P2Pは有力な候補だが、どれも私達にとって親しみのあるモノとは言い難い。そもそも世界は存在しない。私達は進歩的なモノや他の可能性を、ろくに理解できない。単に受入れるのも吐き気がする。だから、他のモノが神に至る道のりを止めることはできない。誰しもが寒空の下で、父や祖母の世代と変わらない保守的な暮らしを続けている。

やがて巨大な引力が、不可解に、全ての項を書き換えるだろう。私はカオスに飲まれ、独り凍え死ぬ末人か?修羅の道を永劫回帰するか?あるいは真言を唱え、ホモデウスになるとでもいうのか。残酷なことに、運命は神に委ねられている。私は曇ってしまった師を目指すことしかできない。ニーチェは今夜もなお、一見冷酷に、誰よりも力強く生きているのだ。次の師が雄弁に、早口で私に語りかける。

私は天を仰ぎ、次第に頭を垂れ、師に請い、耳を澄まして、雨音の先から世界の理を紐解く。

永く永く追い求めてきた自由は存在しない。実存する自由はみな内気で歪だけれども、私は今日もワクワクするのだ。ありのまま、感じるままの自由に。まるで、重なり合ってどこまでもどこまでも続く虹の上を独り進んでいくように。ずぶ濡れになって、独りどこまでも、どこまでも。