SIerとは?【業界歴12年のエンジニアが解説】

IT業界(SIer)

SIerに興味のある人
「IT業界に興味があり、調べています。SIerってどんな事業を行なっている会社のことを言うのでしょうか?同じIT業界の中でも、Yahoo!や楽天のようなWEB系の企業とはどんな所が違うのでしょう。また変化の激しいIT業界で、SIerに将来性はあるのでしょうか?」

こんな悩みを解決します。

SIerとはどのような企業か解説します

SIerとはどのような企業か解説します

SIerとは、顧客企業の要望するシステムの構築やその運用を受託するビジネス(SI/システムインテグレーション)を行う、個別企業の事です。SIerは和製英語で、海外ではシステムインテグレータ(System Integrator)と言わなければ意味が通りません。

SIerによるシステム開発業務は大規模なものが多く、上流工程から下流工程まで分業化されており、その開発は頻繁に建築業に例えられることもあります。市場規模が大きいため、IT業界でも重要な位置を占めています。

本記事の内容

  • SIerが手がける事業の例
  • IT業界におけるSIerの立ち位置
  • SIerとWEB系では企業文化が大きく異なる
  • SIerの将来性
  • SIerの職種と仕事内容

この記事を書いている私は、SIer歴12年、年収1,000万円ちょっとのアプリケーションエンジニアです。

新卒でSIerに就職したのですが、当時はSIerってどんな仕事をしているのか理解できないまま就職した経験があります。SIerがどのような仕事をしているのか興味のある方の参考になればと思い、記事にしました。

SIerが手がける事業の例

SIerはどのような事業を行なっているのでしょうか。いくつか例示したいと思います。

  • 例1:銀行の決済業務を行うシステム
  • 例2:製鉄業で鉄鋼の品質管理を行うシステム
  • 例3:NTTドコモなどの通信事業者の大規模ネットワークの構築

いずれも日本において国の維持を裏から支える仕事です。

IT業界におけるSIerの立ち位置

IT業界地図

SIのほか、パッケージソフトの販売やアウトソーシングなどの関連事業は総称として情報サービス産業と呼ばれています。SIerは、この情報サービス産業の中心的存在です。

IT業界におけるSIerの立ち位置(イメージ)

IT業界    情報サービス業    SI業界     SIer(個別企業)

IT業界におけるSIerの立ち位置と個別企業について以下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

SIerとWEB系では企業文化が大きく異なる

SIerとよく比較されるのがWEB系企業です。同じエンジニアでも、SIerのエンジニアとWEB系企業のエンジニアでは業務内容が全く異なります。また、それぞれの立ち位置は以下のようになります。

IT業界におけるSIerの立ち位置(再掲)

IT業界    情報サービス業    SI業界     SIer(個別企業)

IT業界におけるWEB系企業の立ち位置

IT業界    ネット関連業     WEB系企業

SIerとWEB系企業の違い

業種 業界平均年収 企業の特徴
SIer 約600万円 コンピュータが家庭向けに普及する前から存在し、ITの発展とともに事業規模を拡大、IT技術の変化に適応してきた企業。システムを導入したい企業が顧客となる。
WEB系企業 約500万円 インターネットの発展とともに比較的新しく誕生した、WEBサービスを提供する企業。個人・法人それぞれを顧客とする企業がある。

代表的なSIer

企業 設立年 社員数
日立製作所 1920年(大正9年) 34,925名
日本ユニシス 1958年(昭和33年) 4,190名
野村総合研究所(NRI) 1965年(昭和40年) 6,130名
新日鉄住金ソリューションズ 1980年(昭和55年) 3,031名
NTTデータ 1988年(昭和63年) 11,263名

1990年代後半から設立が相次ぐWEB系企業との違いは顕著です。

代表的なWEB系企業

企業 設立年 社員数
Amazonジャパン 2000年(平成12年) 非公開
(グループで約61万人)
google合同会社 1998年(平成10年) 1,300名
楽天 1997年(平成9年) 5,831名
Yahoo!JAPAN 1996年(平成8年) 6,611名
サイバーエージェント 1998年(平成10年) 1,540名

SIerの将来性

SIerの将来性

SIerの将来性を見極めるためには、前述の「顧客企業の要望するシステムの構築・運用」と言うニーズが今後も継続するのか?というのがポイントです。結論からいうと、継続します。

確かにGAFA(Google,Apple,Facebook,Amazon)のうち3社はWEB系ですから、googleをはじめとするWEB系企業の方がSIerとは比較にならない程伸び代が大きいというのが近年における歴史的な事実です。

しかしGAFAに就職するのならば良いのですが、中小のWEB系企業はGAFAに飲み込まれ続けており、GAFAのサービスが拡充するたび、周辺事業を行なっているWEB系企業は経営が成り立たなくなってしまいます。

一方で、私の務める会社(SIer)では毎年開発規模が過去最高を更新しています。もちろん今後、短期的には銀行などの大規模システムの構築案件が落ち着いて需要も減る局面はあると思います。

しかし、システム構築の需要は時代とともに変化しながら継続するため、かつて数十年に渡って変化し続けてきた大手を中心としたSIerは環境の変化にはとても強く、十分な将来性があります。

SIerを中心としたIT業界の将来性については、以下の記事をご覧ください。

SIerの職種と仕事内容

SIerの職種と仕事内容

SIerでは開発やシステム保守の仕事を行なっています。SIerに就職すると、以下のような職種に就くことになります。

  • 1.アプリケーションエンジニア
  • 2.インフラエンジニア
  • 3.運用・保守エンジニア
  • 4.テクニカルスペシャリスト

それぞれの詳しい仕事内容については、以下の記事をご覧ください。

SIerとはどのような事業のことか解説しました

今回は以上です。SIerは日本企業の基幹業務を支えるシステムを作っているため、WEB系企業(GAFAを除く)に比べて事業規模が大きく、安定成長するという特徴があります。業界地図や将来性など、関連記事もお読みいただけると幸いです。