5G関連ビジネスランキング2021【将来性・年収・売上・社員評価】

業界ランキング

この記事は、5G関連ビジネスへの転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、5G関連ビジネスの企業一覧をランキング形式で紹介します。
5G関連ビジネスについて調べる人

「住友商事の平均年収は1437.0万円か〜。。住友商事は工場の業務改善やテレワークでの5G活用を積極的に推進しているけど。5G関連ビジネスの将来性ってどうなんだろう?」

本記事の内容

5G関連ビジネスの将来性

5G関連ビジネスの将来性

5G関連ビジネスの市場規模を調べる人


「5G関連の市場規模は拡大しているな。でもビジネスでの活用はまだ始まったばかりだから、この流れは6Gに向けて加速していくだろうな。先行きが見えない分、どんな関連サービスが生まれるのか楽しみな分野だな。」

一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)によると、2019年12月期における国内携帯電話サービスの契約数は1億8,000万契約を超え、社会インフラとして広く普及している。2010年代には、第4世代移動体通信サービス(4G)が基幹技術としてアップデートを重ねながら足元を支えてきた。特に高速化による恩恵は計り知れず、サービスの質的な向上には目を見張るものがあった。この間、携帯電話サービス全体では、端末のスマートフォンへの移行が進み、スマートフォンを利用したEコマースやSNS(Social networking service)、サブスクリプションサービスの利用拡大など、消費者の利用スタイルは多様化が進んでいる。

国内大手の移動体通信事業者(MNO:Mobile Network Operator)によるサービスに加え、大手事業者のサブブランドや仮想移動体通信事業者(MVNO:Mobile Virtual Network Operator)による「格安スマホ」は導入から数年が経過しており、消費者の選択肢の幅が広がっている。2020年3月には、4Gの後継規格である第5世代移動体通信システム(5G)の商用サービスがMNO3社によって開始された。5G導入に合わせて、2007年以来となる新規参入事業者の登場も話題となっている。

5G関連ビジネスの市場規模 推移

出典:矢野経済研究所

 

5G関連ビジネス 企業ランキング2021

5G関連ビジネス 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で5G関連ビジネスの企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

5G関連ビジネス企業の安定性ランキング

  1. 日本電信電話118994億円 (319039 人)
  2. 住友商事52998.1億円 (72642 人)
  3. 富士通38578億円 (129071 人)
  4. 日本電気30952.3億円 (112638 人)
  5. 京セラ15990.5億円 (75505 人)
  6. ミライト・ホールディングス4411.66億円 (12580 人)
  7. 日鉄ソリューションズ2748.43億円 (6639 人)
  8. アンリツ1070.23億円 (3881 人)
  9. 東陽テクニカ255.48億円 (523 人)
  10. ネクストジェン38.79億円 (166 人)
  11. 日本通信35.11億円 (99 人)

5G関連ビジネス社員の平均年収

  1. 住友商事1437.0 万円 (42.5 歳)
  2. 日本電信電話922.2 万円 (41.1 歳)
  3. 日鉄ソリューションズ844.9 万円 (39.6 歳)
  4. アンリツ820.4 万円 (43.9 歳)
  5. 日本電気814.8 万円 (43.7 歳)
  6. 富士通803.7 万円 (43.6 歳)
  7. 東陽テクニカ743.4 万円 (40.9 歳)
  8. 京セラ715.9 万円 (41.4 歳)
  9. ネクストジェン714.2 万円 (44.5 歳)
  10. 日本通信700.8 万円 (40.1 歳)
  11. ミライト・ホールディングス669.2 万円 (41.2 歳)

5G関連ビジネス社員による自社評価

社員による自社評価

  1. 住友商事3.96
  2. 日鉄ソリューションズ3.88
  3. 日本電信電話3.67
  4. アンリツ3.43
  5. 日本電気3.25
  6. 富士通3.14
  7. 京セラ3.13
  8. 東陽テクニカ3.10
  9. ミライト・ホールディングス2.96
  10. ネクストジェン2.92
  11. 日本通信2.53

5G関連ビジネスランキングまとめ

5G関連ビジネスについて調べる人

「業界売上トップ企業は日本電信電話、平均年収のトップは住友商事で1437.0万円、社員の評判が最も高いのも住友商事だね。就活の参考にしよう!」

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

人気記事エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選