飲料業界 企業ランキング2021【飲料メーカーの売上・年収・将来性】

業界ランキング

この記事は、飲料業界への転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、飲料業界の企業一覧をランキング形式で紹介します。

本記事の内容

飲料業界の特徴

飲料業界の市場規模は近年ずっと横ばい。少子化や人々の健康志向によって、ジュースの売上が減少しているためです。

出典:飲料市場に関する調査を実施(2020年) 

 
飲料業界の主要プレイヤーは、米コカコーラや日本を代表する企業であるサントリーなど。また商品は大きく、清涼飲料と酒類に分けられます。
 

出典:【3分解説】ついに迫る「再編」の足音。飲料業界の未来を占う 

 

飲料メーカーの将来性

飲料メーカーの将来性

停滞気味の飲料業界ですが、成長余地は海外にあります。

飲料業界の国際的なM&Aは大きなトレンド

国内の飲料市場は今後の成長が望めない中、海外の飲料メーカーの買収が大きなトレンドとなっています。

アサヒグループホールディングスは19日、豪州ビール大手、カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズ(CUB)を買収すると発表した。親会社で、ビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ、本社ベルギー)と合意に達した。買収金額は160億豪ドル(約1兆2096億円)。2020年第1四半期(1~3月)中の買収完了を見込む。日本企業による酒類事業の買収として、2014年にサントリーホールディングスが米ウイスキー大手のビームを約1兆6000億円で傘下に収めたのに次ぐ規模となる。

出典:アサヒグループホールディングス<2502>、ABインベブ傘下の豪ビール大手CUBを1.2兆円で買収へ 

キリンホールディングス(HD)はオーストラリアの乳飲料事業の売却を中止した。2019年秋、豪国内で乳製品や飲料を手がけるライオン飲料を中国蒙牛(もうぎゅう)乳業に6億豪ドル(約460億円)で売却する契約を結んだが、豪政府が売却に反対したため実現しなかった。豪フライデンバーグ財務相は蒙牛乳業に対し、「提案された買収は国益に反する」と伝えていたことを明らかにした。

出典:キリン、負の遺産・豪大手飲料の売却頓挫…海外「1兆円」M&Aの“世紀の大失敗” 

M&A関連業務には大きな成長機会あり

M&Aは今後の飲料メーカーの中期経営計画に大きな影響を与えます。海外企業を調査し、交渉して買収するM&A関連業務に携わることは、現在の飲料メーカーでは花形の仕事と言えます。

また飲料メーカーに限らず、あらゆる産業で日本の国内市場が縮小し世界の市場が拡大していくというのが今後長く続くトレンドですので、M&A関連業務経験があれば、転職などその後の様々なキャリアに繋がると考えられます。

飲料メーカー業界 企業ランキング2021

飲料メーカー業界 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で飲料メーカー業界の企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

飲料メーカー業界企業の安定性ランキング

  1. サントリーホールディングス24552.5億円 (37613 人)
  2. アサヒグループホールディングス20890.5億円 (29327 人)
  3. キリンホールディングス19413億円 (31040 人)
  4. 大塚ホールディングス13962.4億円 (32992 人)
  5. コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス9147.83億円 (16959 人)
  6. サッポロホールディングス4918.96億円 (7736 人)
  7. 伊藤園4833.6億円 (8338 人)
  8. ヤクルト本社4060.04億円 (28395 人)
  9. カゴメ1808.49億円 (2599 人)
  10. ダイドーグループホールディングス1682.56億円 (4160 人)

飲料メーカー業界社員の平均年収

  1. アサヒグループホールディングス1250.4 万円 (45.7 歳)
  2. サントリーホールディングス1032.7 万円 (42.9 歳)
  3. 大塚ホールディングス1032.3 万円 (43.8 歳)
  4. キリンホールディングス895.7 万円 (42.9 歳)
  5. ダイドーグループホールディングス830.5 万円 (41.2 歳)
  6. ヤクルト本社780.4 万円 (42.1 歳)
  7. カゴメ767.2 万円 (41.2 歳)
  8. サッポロホールディングス760.2 万円 (46.4 歳)
  9. 伊藤園590.1 万円 (38.8 歳)

飲料メーカー業界社員による自社評価

社員による自社評価

  1. サントリーホールディングス4.58
  2. キリンホールディングス3.68
  3. カゴメ3.59
  4. アサヒグループホールディングス3.26
  5. ダイドーグループホールディングス3.21
  6. 大塚ホールディングス3.03
  7. ヤクルト本社3.01
  8. サッポロホールディングス2.99
  9. コカ・コーラ-ボトラーズジャパンホールディングス2.91
  10. 伊藤園2.64

今回は以上です。

業界ランキング

養殖アートビール不動産デベロッパー飲料外食産業ファミレスフードデリバリーサービス林業・木材・建材FX楽器ガス大手ゼネコン地熱発電5Gアフィリエイト学童保育関連サービス会社AI医療診断機器AI医療スマートスピーカーアミューズメント機器&施設アパレル無人搬送・運搬ロボットバッグバイオバイオマスバイオプラスチックブロックチェーンブライダルビル管理C2CCAD・CAM・CAEコールセンターカー用品自動運転&組込みソフトカーボンナノチューブダンボールカーナビカーシェアリングセルロースナノファイバーキャラクタービジネス化学マンション管理会社化粧品クレジットカード会社注文住宅デジタルロジスティクス(物流 x IT)歯科医療&歯科機器糖尿病医療サービスデジタルコンテンツデジタルマーケティングデジタルサイネージ産直ビジネス会社調剤薬局流通小売DXERP外壁材&断熱材古着&ファッションリユースフィルム指紋認証機能性食品葬儀会社ガーデニング・家庭菜園ジェネリック医薬品メガネゴルフヘアケア&育毛玩具ホームセンター住宅設備機器&温水器水素エネルギーICタグインポートブランドインバウンドジュエリー着物臨床検査会社英語&語学LEDレジャー位置情報サービス機器間通信(M2M)空調設備関連事業者地図&マップデータ医療機器スマホゲーム次世代モビリティ保育園・託児所介護食・高齢者食・治療食介護ロボット中古車流通オーガニック食品オタクアウトドアブランドパチンコ機器文房具遺伝子&個別化医療サービス医薬品卸植物工場プラスチック容器POSレジ印刷プリンタ出版量子コンピューター不動産テック会社住宅リフォーム再生医療賃貸マンション・アパート米食&米加工屋根&屋根材RPA給食自動運転車シニアシェアリングエコノミー惣菜小型モーターモバイル決済スマートシティお菓子IT x 社会インフラスポーツ用品ランニング&スポーツシューズレンタル収納・コンテナ収納・トランクルームサブスクリプション監視カメラ害虫駆除・シロアリ駆除・燻蒸サービス人材育成&研修旅行・観光自動販売機ワイヤレス充電・給電ウォーターサーバサービスホテル&リゾート関連家具・インテリア鉄鋼地銀貴金属&純金積立新聞OA機器石油元売り大手パチンコパソコン人材海運(商船)総合商社ソーラー発電スタートアップ文具戦コン大手スーパーお茶飲料時計健康食品ワイン輸入会社

人気記事エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選