メガネ業界ランキング2021【将来性・年収・売上・社員評価】

業界ランキング

この記事は、メガネ業界への転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、メガネ業界の企業一覧をランキング形式で紹介します。
メガネ業界について調べる人

「業界大手の三井化学の平均年収は847.6万円か〜。。メガネ業界の将来性ってどうなんだろう?」

本記事の内容

メガネ業界の将来性

メガネ業界の将来性

メガネ業界の市場規模を調べる人

「メガネ業界の市場規模は減少傾向。次世代型の付加価値の高い製品を出せるかが、企業にとっては生き残りの明暗を分けそうだね。」

2019年の国内アイウエア小売市場規模は前年比99.6%の5,040億円の微減と推計した。老眼鏡やキッズ用アイウエアは引き続き好調であったが、ここ数年、健康や美容(紫外線対策商品等)で訴求した機能性アイウエアの需要に一服感がみられた。

2019年は働き方改革によるテレワーク導入企業が増えたことで、ビジネスマン向けの疲れ目サポートレンズや、過度に感じる眩しさを解消するシニア向けアシストレンズなどが好調な売れ行きを示した。レンズは機能性を求める傾向が強いことからオプションレンズとしての利用が増えている。こうした機能性レンズが好調だった要因として、近年、各社が注力しているコンサルティング接客やアイケアサービスのアプローチによりレンズの重要性がユーザーに浸透してきたことが挙げられる。

その他、幅広い世代に好評のワンタッチでレンズが交換できる商品が好調なこと、頭部に固定できるスポーツ用グラスがヒットしたこと、団塊ジュニアが老眼市場にエントリー(初期老眼)してきたこと、EC販売が拡大していること、などで好調となった。ただし、ここ数年来、市場をけん引してきた紫外線対策商品の需要の一服感により全体としては微減に推移した。

s/メガネ業界/の市場規模 推移

出典:矢野経済研究所

 

メガネ業界 企業ランキング2021

メガネ業界 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点でメガネ業界の企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

メガネ業界企業の安定性ランキング

  1. 三井化学13389.9億円 (17979 人)
  2. HOYA5765.46億円 (36795 人)
  3. ジンズホールディングス602.58億円 (–)
  4. 三城ホールディングス483.07億円 (2874 人)
  5. ビジョナリーホールディングス273.38億円 (1593 人)
  6. VHリテールサービス178.92億円 (–)
  7. 愛眼154.29億円 (761 人)

メガネ業界社員の平均年収

  1. 三井化学847.6 万円 (40.9 歳)
  2. HOYA845.1 万円 (46.3 歳)
  3. 三城ホールディングス532.3 万円 (48.0 歳)
  4. 愛眼415.0 万円 (45.0 歳)
  5. ビジョナリーホールディングス255.3 万円 (31.0 歳)

メガネ業界社員による自社評価

社員による自社評価

  1. 三井化学3.31
  2. ジンズホールディングス3.00
  3. 三城ホールディングス2.91
  4. ビジョナリーホールディングス2.90
  5. VHリテールサービス2.80
  6. 愛眼2.78
  7. HOYA2.78

メガネ業界ランキングまとめ

メガネ業界について調べる人

「次世代型のメガネを開発する三井化学が3冠だね。就活の参考にしよう!」

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

人気記事エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選