旅行・観光業界ランキング2021【将来性・年収・売上・社員評価】

業界ランキング

この記事は、旅行・観光業界への転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、旅行・観光業界の企業一覧をランキング形式で紹介します。
旅行・観光業界について調べる人

「業界大手の全日本空輸の平均年収は853.6万円か〜。。旅行・観光業界の将来性ってどうなんだろう?」

ANA社員の年収を3割超削減、労組が受け入れ

全日本空輸(ANA)は25日、来年1月から当面の間、一般社員の月額給与を削減することで労働組合と合意した。すでに夏のボーナスを半減し、冬のボーナスをゼロとすることで労使合意しており、社員の年収を3割超削減するとした経営側の提案を労組が受け入れた形だ。

ANAを傘下に持つANAホールディングスは新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅客数が激減し、2021年3月期連結決算の最終利益を過去最悪となる5100億円の赤字と見込んでいる。

人件費の圧縮が急務となっており、記録が残る1962年以降では初めて、冬のボーナスをゼロとしていた。

出典:@niftyニュース 

 
本記事では、コロナ禍で各社の経営状態が急激に悪化している旅行・観光業界について分析します。
 

本記事の内容

旅行・観光業界の将来性

旅行・観光業界の将来性

旅行・観光業界の市場規模を調べる人


「コロナ前まで、旅行・観光業界は堅調でした。市場規模は拡大から一転し、現在は急激に悪化しています。」

 本調査では、既存線区を活用し、観光客誘致などを目的に運行される観光列車を対象として、基本的な料金(乗車券、指定席券、旅行商品など)をベースに、観光列車の市場規模を推計した。2018年度の国内の観光列車市場規模(事業者売上高ベース)は157億円となった。

なお、当市場規模には、列車内外でのお土産や飲食等の追加購入費用は含まれていないため、列車乗車中及び乗車前後でのそれらの消費金額を含めれば、市場規模(波及効果)は更に大きくなる。観光列車の列車内外で提供されるサービスや物販は、それぞれの地域らしさを活かしたサービスや地元企業の商品であることが多く、なかには宿泊とセットになった乗車プランを提供している例もあり、観光列車は地方の魅力発信や地域経済の活性化にも寄与しているといえる。

 また、年々新しい観光列車が運行を開始しており、2019年度も新しくデビューした列車が複数本ある。さらに、観光列車を運行する鉄道会社各社は、観光列車の魅力向上や収益性の向上を図り、豪華な料理を列車内で提供したり、車内を豪華な内装にするなど、観光列車の付加価値を高める取組みを行っており、2019年度の観光列車市場を前年度比4.4%増の163億9千万円になると予測する。

旅行・観光業界の市場規模 推移

出典:矢野経済研究所

 

旅行・観光業界の市場規模を調べる人


「中長期で見れば旅行・観光業界の市場規模は回復して持ち直す公算が高いですが、今後数年は劣悪な環境が続きます。どうしても旅行・観光業界で働きたい!という方でないかぎり、オススメできないですね。」

旅行・観光業界 企業ランキング2021

旅行・観光業界 企業ランキング2021

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で旅行・観光業界の企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。

日本企業は年功序列のため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がります。参考のため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

旅行・観光業界企業の安定性ランキング

  1. 東日本旅客鉄道29466.4億円 (71812 人)
  2. 東海旅客鉄道18446.5億円 (29603 人)
  3. 全日本空輸17911.9億円 (36273 人)
  4. 西日本旅客鉄道15082億円 (48323 人)
  5. 東武鉄道6538.74億円 (20112 人)
  6. 名古屋鉄道6229.16億円 (29576 人)
  7. オリエンタルランド4644.5億円 (8034 人)
  8. KNT-CTホールディングス3853.62億円 (6968 人)
  9. リゾートトラスト1591.45億円 (7937 人)
  10. 東京ドーム915.57億円 (2045 人)
  11. 藤田観光689.6億円 (1700 人)
  12. ヒマラヤ577.21億円 (–)
  13. 帝国ホテル545.58億円 (1960 人)
  14. 富士急行522.91億円 (1913 人)
  15. 寿スピリッツ451.81億円 (1520 人)
  16. 神姫バス450.76億円 (3293 人)
  17. クレスコ393.38億円 (2111 人)
  18. ロイヤルホテル376.01億円 (2036 人)
  19. 常磐興産259.93億円 (713 人)
  20. よみうりランド222.38億円 (223 人)
  21. リソルホールディングス206.11億円 (330 人)
  22. 新潟交通186.59億円 (1449 人)
  23. 極楽湯ホールディングス145.98億円 (509 人)
  24. じげん131.99億円 (465 人)
  25. ネクスグループ96.7億円 (280 人)
  26. 京都ホテル96.26億円 (505 人)
  27. タカチホ90.92億円 (269 人)
  28. 昭文社ホールディングス80.58億円 (317 人)
  29. 一休66.19億円 (140 人)
  30. ユーラシア旅行社57.28億円 (90 人)
  31. オープンドア49.37億円 (179 人)
  32. ベルトラ43.51億円 (259 人)
  33. ニッコウトラベル43.28億円 (64 人)
  34. 鴨川グランドホテル37.33億円 (176 人)
  35. 駅探28.65億円 (75 人)
  36. ベストワンドットコム11.12億円 (–)

旅行・観光業界社員の平均年収

  1. 全日本空輸853.6 万円 (48.4 歳)
  2. 東海旅客鉄道736.3 万円 (36.7 歳)
  3. よみうりランド723.2 万円 (43.6 歳)
  4. 東日本旅客鉄道719.1 万円 (38.8 歳)
  5. 東武鉄道714.1 万円 (46.7 歳)
  6. オリエンタルランド708.8 万円 (39.9 歳)
  7. 極楽湯ホールディングス697.2 万円 (42.4 歳)
  8. 寿スピリッツ677.2 万円 (44.5 歳)
  9. 西日本旅客鉄道662.2 万円 (39.0 歳)
  10. KNT-CTホールディングス632.4 万円 (48.8 歳)
  11. クレスコ620.9 万円 (37.6 歳)
  12. 名古屋鉄道607.7 万円 (44.0 歳)
  13. リソルホールディングス598.5 万円 (39.9 歳)
  14. 東京ドーム590.5 万円 (39.6 歳)
  15. ネクスグループ587.6 万円 (46.1 歳)
  16. ユーラシア旅行社586.1 万円 (38.7 歳)
  17. 一休573.8 万円 (32.1 歳)
  18. 駅探568.3 万円 (39.9 歳)
  19. 富士急行568.1 万円 (39.9 歳)
  20. 帝国ホテル566.6 万円 (39.2 歳)
  21. 昭文社ホールディングス565.4 万円 (43.6 歳)
  22. 藤田観光562.4 万円 (40.7 歳)
  23. ベルトラ558.7 万円 (35.0 歳)
  24. リゾートトラスト533.1 万円 (35.1 歳)
  25. オープンドア528.2 万円 (35.7 歳)
  26. 神姫バス486.6 万円 (47.1 歳)
  27. タカチホ432.0 万円 (44.9 歳)
  28. じげん424.0 万円 (34.3 歳)
  29. 京都ホテル404.9 万円 (36.2 歳)
  30. 鴨川グランドホテル401.7 万円 (43.7 歳)
  31. 新潟交通401.5 万円 (46.4 歳)
  32. ロイヤルホテル388.0 万円 (41.2 歳)
  33. 常磐興産387.9 万円 (39.6 歳)

旅行・観光業界社員による自社評価

社員による自社評価

  1. ベルトラ3.79
  2. じげん3.69
  3. 東京ドーム3.60
  4. 全日本空輸3.55
  5. オリエンタルランド3.51
  6. クレスコ3.46
  7. 一休3.36
  8. スカイマーク3.30
  9. 帝国ホテル3.23
  10. よみうりランド3.23
  11. リゾートトラスト3.22
  12. 東海旅客鉄道3.17
  13. ロイヤルホテル3.13
  14. 東日本旅客鉄道3.12
  15. KNT-CTホールディングス3.09
  16. 常磐興産3.07
  17. 西日本旅客鉄道3.06
  18. リソルホールディングス3.05
  19. ユーラシア旅行社3.02
  20. 東武鉄道3.01
  21. 藤田観光2.98
  22. 京都ホテル2.97
  23. 鴨川グランドホテル2.97
  24. 新潟交通2.94
  25. ベストワンドットコム2.93
  26. 駅探2.93
  27. オープンドア2.92
  28. ネクスグループ2.91
  29. H.I.S.ホテルホールディングス2.90
  30. タカチホ2.89
  31. 寿スピリッツ2.89
  32. エアトリインターナショナル2.82
  33. ヒマラヤ2.79
  34. 神姫バス2.78
  35. 富士急行2.61
  36. 名古屋鉄道2.56

旅行・観光業界ランキングまとめ

旅行・観光業界について調べる人

「業界売上トップ企業は東日本旅客鉄道、平均年収のトップは全日本空輸で853.6万円、社員の評判が最も高いのはベルトラだね。就活の参考にしよう!」

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

人気記事エンジニアに強いおすすめの転職サイト・転職エージェント3選