IT企業ランキング2020【優良企業に就職・転職したい人向け】

IT企業ランキング 転職

この記事は、IT企業への就職・転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、ランキング形式でIT企業を紹介します。参考になりましたら幸いです。

本記事の内容

あなたは広大なIT業界のどこに潜り込む?

広大なIT業界とIT市場のどこに潜り込む?

急速なスピードで成長し続けるIT市場で、自分にぴったりな企業を探すのは大変です。

そのためIT業界への就職・転職で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そこでIT業界を構成する3つの要素にわけ、解説したいと思います。IT業界の構造は、おおよそ以下のようなイメージで捉えることができます。

IT業界地図

以下のリンク先は全てIT企業ランキングです

「1.テクノロジー」、「2.システム構築&保守」、「3.ビジネス」の3つの観点で企業を分類し、IT分野ごとの企業ランキング(各リンク先参照)で解説していきます。

[3つの構成要素でIT企業を整理します]

  1. テクノロジー
  2. システム構築&保守
  3. ビジネス

テクノロジーに興味のある人向けのIT企業

テクノロジーは、IT業界の中でも最も成長の早い要素で、IT市場の急速な成長を支える原動力です。

[注目すべきテクノロジー一覧]

システム構築&保守に興味のある人向けのIT企業

日本のIT業界の中で最も歴史の長い企業が、システム構築と保守を行う企業グループです。

[システム構築&保守を行う企業]

ビジネスに興味のある人向けのIT企業

ITを活用してビジネスを展開する一般事業者やWEB系企業です。

[IT・WEBビジネス]

【総合版】IT企業ランキング2020

【総合版】IT企業ランキング2020

それでは、優良IT企業をランキング形式で紹介します。気になる企業をランキング上位から優先して研究すれば、効率的に就職・転職活動を進められるようになっています。

学生が投票する人気ランキングよりも確かな企業情報を

本記事で扱う企業ランキングは就活生による人気投票ランキングではありません。理由は、定量的なデータ(売上や平均年収)と実際に働いている人間の自社評価の方が優良企業を選び抜くうえで信頼性が高いと考えるからです。

3つの観点でIT企業を評価します

3つの観点でIT企業を評価します

本記事では以下の3つの視点でIT企業を評価し、ランキング形式で分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. IT企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

IT企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。
特に日本企業は年功序列の傾向があるため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がることが一般的なため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

IT企業の安定性

  • : 日本電信電話(NTT)118798億円 (303351人)
  •  2位: ソフトバンクグループ96022.4億円 (76866人)
  •  3位: 日立製作所94806.2億円 (295941人)
  •  4位: ソニー86656.9億円 (114400人)
  •  5位: パナソニック80027.3億円 (271869人)
  •  6位: デンソー53627.7億円 (171992人)
  •  7位: KDDI50803.5億円 (41996人)
  •  8位: NTTドコモ48408.5億円 (26564人)
  •  9位: 三菱電機45199.2億円 (145817人)
  • 10位: 富士通39524.4億円 (132138人)
  • 11位: キヤノン39519.4億円 (195056人)
  • 12位: ソフトバンク37463.1億円 (23059人)
  • 13位: 東芝36935.4億円 (128697人)
  • 14位: 日本電気(NEC)29134.5億円 (110595人)
  • 15位: シャープ24000.7億円 (54156人)
  • 16位: エヌ・ティ・ティ・データ21636.2億円 (123884人)
  • 17位: リコー20132.3億円 (92663人)
  • 18位: 京セラ16237.1億円 (76863人)
  • 19位: 日本電産15183.2億円 (108906人)
  • 20位: 大日本印刷14015億円 (38051人)
  • 21位: 東京エレクトロン12782.4億円 (12742人)
  • 22位: 任天堂12005.6億円 (5944人)
  • 23位: 楽天11014.8億円 (17214人)
  • 24位: コニカミノルタ10591.2億円 (44360人)
  • 25位: オムロン8594.82億円 (35090人)
  • 26位: アルプスアルパイン8513.32億円 (41840人)
  • 27位: オリンパス7938.62億円 (35124人)
  • 28位: ルネサスエレクトロニクス7565.03億円 (19546人)
  • 29位: ブラザー工業6839.72億円 (37769人)
  • 30位: ジャパンディスプレイ6366.61億円 (10085人)
  • 31位: 野村総合研究所5012.43億円 (12578人)
  • 32位: サイバーエージェント4536.11億円 (5139人)
  • 33位: 伊藤忠テクノソリューションズ4519.57億円 (8359人)
  • 34位: 沖電気工業4414.52億円 (17930人)
  • 35位: 三谷商事4178.27億円 (2233人)
  • 36位: 横河電機4037.11億円 (17848人)
  • 37位: ローム3989.89億円 (22899人)
  • 38位: SCSK3586.54億円 (12365人)
  • 39位: 日鉄ソリューションズ2652.78億円 (6434人)
  • 40位: アズビル2620.54億円 (9607人)
  • 41位: マクニカ2559.67億円 (1827人)
  • 42位: LINE2352.81億円 (6488人)
  • 43位: トッパン・フォームズ2258.1億円 (10586人)
  • 44位: KADOKAWA2086.05億円 (4546人)
  • 45位: D.A.コンソーシアムホールディングス2083.42億円 (2585人)
  • 46位: 日本オラクル2023.89億円 (2622人)
  • 47位: インターネットイニシアティブ1924.3億円 (3353人)
  • 48位: GMOインターネット1851.77億円 (4975人)
  • 49位: USEN-NEXTHOLDINGS1757.69億円 (4876人)
  • 50位: トレンドマイクロ1604.1億円 (6562人)

社員の平均年収

  • : 東京エレクトロン1272.0万円 (44.0歳)
  •  2位: ソフトバンクグループ1253.4万円 (41.5歳)
  •  3位: 野村総合研究所1221.7万円 (40.0歳)
  •  4位: シグマクシス1167.3万円 (37.0歳)
  •  5位: ドリームインキュベータ1150.7万円 (34.3歳)
  •  6位: ソニー1051.0万円 (42.4歳)
  •  7位: 日本オラクル1046.6万円 (43.1歳)
  •  8位: ジャストシステム970.9万円 (40.0歳)
  •  9位: KDDI952.8万円 (43.0歳)
  • 10位: ベイカレント・コンサルティング933.1万円 (32.0歳)
  • 11位: 東芝915.1万円 (45.0歳)
  • 12位: 任天堂912.6万円 (39.3歳)
  • 13位: 日本電信電話(NTT)911.4万円 (41.0歳)
  • 14位: 電通国際情報サービス896.0万円 (41.0歳)
  • 15位: 日立製作所894.3万円 (42.0歳)
  • 16位: トレンドマイクロ882.4万円 (39.7歳)
  • 17位: NTTドコモ872.0万円 (40.0歳)
  • 18位: 伊藤忠テクノソリューションズ871.1万円 (41.0歳)
  • 19位: オリンパス866.9万円 (42.0歳)
  • 20位: 横河電機863.1万円 (45.0歳)
  • 21位: ビジネスエンジニアリング836.3万円 (41.0歳)
  • 22位: 日鉄ソリューションズ835.9万円 (40.0歳)
  • 23位: エヌ・ティ・ティ・データ828.0万円 (39.0歳)
  • 24位: コンテック822.7万円 (44.0歳)
  • 25位: オムロン821.6万円 (44.0歳)
  • 26位: リコー818.1万円 (45.0歳)
  • 27位: 三菱電機816.9万円 (40.0歳)
  • 28位: デンソー816.8万円 (43.0歳)
  • 29位: D.A.コンソーシアムホールディングス804.3万円 (37.9歳)
  • 30位: ルネサスエレクトロニクス804.1万円 (45.9歳)
  • 31位: 日本電気(NEC)798.9万円 (43.0歳)
  • 32位: 富士通798.5万円 (43.0歳)
  • 33位: 三谷商事798.1万円 (42.0歳)
  • 34位: KADOKAWA791.1万円 (43.0歳)
  • 35位: マクニカ788.8万円 (37.0歳)
  • 36位: キヤノン778.7万円 (43.8歳)
  • 37位: パナソニック774.5万円 (46.0歳)
  • 38位: クックパッド772.3万円 (32.9歳)
  • 39位: ブラザー工業770.0万円 (42.0歳)
  • 40位: サイバネットシステム768.9万円 (42.3歳)
  • 41位: ディー・エヌ・エー(DeNA)767.5万円 (35.0歳)
  • 42位: アズビル764.0万円 (45.0歳)
  • 43位: グリー759.8万円 (35.0歳)
  • 44位: シャープ759.2万円 (45.0歳)
  • 45位: コニカミノルタ750.4万円 (45.0歳)
  • 46位: ソースネクスト744.1万円 (36.0歳)
  • 47位: ソフトバンク733.1万円 (39.0歳)
  • 48位: 大日本印刷726.1万円 (42.0歳)
  • 49位: SCSK725.7万円 (43.0歳)
  • 50位: ローム725.2万円 (40.0歳)

社員による自社評価

  • : ユーザベース4.72
  •  2位: グーグル合同会社4.72
  •  3位: ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ4.65
  •  4位: セールスフォース・ドットコム4.65
  •  5位: Vmware4.41
  •  6位: ドリームインキュベータ4.37
  •  7位: VOYAGE GROUP4.35
  •  8位: Facebook Japan4.34
  •  9位: リクルートライフスタイル4.32
  • 10位: grooves4.28
  • 11位: ネットプロテクションズ4.24
  • 12位: Sansan4.23
  • 13位: freee4.20
  • 14位: カラフルカンパニー4.19
  • 15位: Twitter Japan4.19
  • 16位: イトクロ4.19
  • 17位: ギャプライズ4.16
  • 18位: 電通国際情報サービス4.16
  • 19位: ビーボ4.15
  • 20位: アクセンチュア4.15
  • 21位: サイボウズ4.14
  • 22位: 野村総合研究所4.14
  • 23位: エイチーム4.13
  • 24位: ジオコード4.07
  • 25位: メディックス4.05
  • 26位: アビームコンサルティング4.05
  • 27位: Fringe814.04
  • 28位: デロイトトーマツコンサルティング4.04
  • 29位: ネクスウェイ4.03
  • 30位: レバレジーズ4.02
  • 31位: リクルートテクノロジーズ4.02
  • 32位: マイクロソフト4.02
  • 33位: マクニカ4.02
  • 34位: アカマイ4.01
  • 35位: Speee4.01
  • 36位: ウィルゲート3.98
  • 37位: ナイル3.97
  • 38位: エル・ティー・エス3.97
  • 39位: ジュニパーネットワークス3.97
  • 40位: LIFULL3.97
  • 41位: セプテーニ・ホールディングス3.94
  • 42位: ディー・エヌ・エー(DeNA)3.94
  • 43位: EBA3.93
  • 44位: アドフレックス・コミュニケーションズ3.93
  • 45位: サイバーエージェント3.93
  • 46位: フィードフォース3.92
  • 47位: ロフトワーク3.92
  • 48位: Apple Japan合同会社3.89
  • 49位: シグマクシス3.88
  • 50位: ビズリーチ3.88

ランキングは以上です。

ここまで調査されている方はIT業界の中でも優秀な人だということは判っているのですが、ちょっとレベルを落としてみたいと思います。

どうか他人事と思わず、ご覧ください ーー

IT転職で、怠け者がリッチになる話

IT転職で、怠け者がリッチになる話

ほとんどの人は日々の暮らしに精一杯で、ライフスタイルを変えるような転職について、真剣に考えていません。

昔は一日、十八時間働いていました。さらに勉強のため、土日はずっとプログラミングをしていました。がんばってはいましたが、当時の私は仕事のできないコミュ障でダメな若手エンジニアでした。

でも今は残業なし、在宅ワーク、仕事に必要な学習さえ、就業時間内に済ませることができています

自分が変わった以上に、時代が変わり、会社はそれ以上に変わりました。

今の時代は怠け者の時代です。残業して働いても良いことなどありません。身体を壊すほど残業したところで、社内の評価も下がってしまうだけです。

残業しない人が出世して、リッチになります。

もしあなたが昔の私ほどでないにしても、残業前提で働いているのなら真剣に転職活動をして、他のIT企業の情報を集めた方がいいですよ。

今はもう、そういう時代ではないです。

無料登録して、すぐに情報収集する

無料登録して、すぐに情報収集する

マイナビなどの調査で、内定率は10%強であることが統計的に判っています。つまり非公開求人の中から10社、行きたいと思えるIT企業を見つけられた人は、内定が出る可能性が高いです。

求人全体のうち公開されているものは2割にすぎません。すぐに転職エージェントに無料で登録して、非公開求人にアクセスしてみてはどうでしょう。

実際にエージェントが提示するIT企業がどんな働き方をしている企業なのか、行きたいと思える企業が10社あるのか、確認してみると良いと思います。

おすすめの転職エージェント

  • AXIS ※ITコンサルや最上位SIerなど上流工程に強みのあるエージェント
  • doda ※取り扱い求人数が多く、担当エージェントの質が高い
  • レバテックキャリア ※SIだけでなくWEB系企業への転職も一緒に検討したい人向け

今回は以上です。

人気記事ITエンジニア転職サイト・転職エージェントランキング2020