半導体メーカーランキング2020【転職&就活 企業まとめ】

IT企業ランキング 転職

この記事は、半導体メーカーへの就職・転職を希望する方に向けて、ランキング形式で企業一覧を紹介します。グローバル市場おいてどのような国内企業が参画しているのか解説しますので、参考になりましたら幸いです。

本記事の内容

半導体業界とは

半導体業界とは

半導体とは、電子機器にとっての細胞のようなもので、あらゆるデバイスのあらゆる機能は半導体の組み合わせによって構成されています。

そのため、家電、PC、スマホやIoT製品など、身の回りにデバイスが増えるたびに半導体のマーケット規模は大きくなってきました。

[世界の半導体の出荷台数の推移]

半導体の
出典: IC Insights

Intelやサムスンは有名な半導体メーカーですが、それ以外のTSMCやASMLのような大手メーカーは知名度がとても低いです。

それは、半導体業界では製品の種類が多いうえに分業化が進んでおり、各企業が何をしているのかわかりにくいですし、デバイス内に組み込まれているため生活の中にあふれているのに意識しないためです。

以下では、就職や転職で半導体メーカーを志望する方に向けて、半導体業界の世界トレンドと国内企業の立ち位置がわかるよう解説していきます。

【グローバル市場】半導体業界|売上高ランキング

【グローバル市場】半導体業界|売上高ランキング

1位.サムスン 売上高:777億ドル

近年、半導体業界の売上はサムスンとインテルがTOPを争っています。
スマホなどのデバイスだけでなく、テレビなど家電製品にもサムスン製の半導体が多く使われています。いずれも韓国国内だけではなくグローバルに流通しており、シェア拡大の大きな要因となっています。

2位. インテル 売上高:698億ドル

インテルは1968年に設立された最も歴史ある半導体メーカーです。CPU、ネットワークカード、SSDなどの設計・製造を行っています。

以前は半導体企業TOP企業として他社にない規模を誇りましたが、近年ではサムスンやAMDなど他社との間で激しい競争に直面しています。

ブルームバーグによると、アップルはマック製品全てに使われているCPUをインテル製から自社製品に切り替えようとしているそうです。このように、かつての王者インテルは今後もシェアを落としていく可能性が高いです。

3位. TSMC 売上高:342億ドル

TSMCは、世界最大の半導体製造メーカーです。TSMCは製造に特化した企業で、半導体の設計機能はありません。例えばARMのような設計専門の企業や、中国企業からの依頼を受けて半導体を製造します。
台湾の比較的安い物価を背景に世界の工場として頭角を表した企業です。

4位. SKハイニックス 売上高:362億ドル

SKハイニックスは韓国で石油精製業や通信事業を軸とする韓国の財閥:SKグループ傘下の半導体製造メーカーです。サムスンの競合企業ですが、メモリ、SSDなどの汎用的な製品に強みを持ちます。半導体需要低迷の影響を受けやすく、2019年度後半は営業益が95%減るなど減益傾向が顕著となっています。

5位. マイクロンテクノロジー 売上高:309億ドル

米国のマイクロンテクノロジーは、グローバル市場で半導体製品を販売しています。製品はPC、通信機器、サーバーのほか家電、自動車など広く使われており、半導体の中でもメモリ関連製品を多く扱っています。

6位. ブロードコム 売上高:165億ドル

ブロードコムは、競合企業のアバゴが2015年に買収した通信用半導体メーカーです。あらゆるネットワーク製品を扱いますが、設計・開発のみで製造は行っていません。

7位. クアルコム 売上高:164億ドル

クアルコムも通信用半導体メーカーで、ブロードコムの競合企業です。GooglePixel4などの高性能Androidスマホやタブレットに搭載されているチップ(SoC)、Snapdragonシリーズでも有名な企業です。

8位. テキサス・インスツルメンツ 売上高:139億ドル

テキサス・インスツルメンツは、グローバル市場で半導体の設計・製造をしています。同社は、集積回路(IC)を発明した企業としても知られる歴史ある企業です。また、同社は扱う製品のバラエティが非常に多いのも特徴です。

9位. 東芝 売上高:123億ドル

東芝はテレビ、PCなどの消費者向け半導体だけでなく、鉄道や放送局、エレベータなど様々な電子機器向けのハードウェアを製造しています。近年はサムスンなどの海外勢の台頭に加え、経営再建のためメモリ事業を日米韓の企業に売却したことでシェアを大きく減らしています。

10位. Nvidia 売上高:116億ドル

Nvidiaは主にグラフィックボードに使われる半導体を製造しています。ゲームや仮想通貨のマイニング、AIの強化学習などに使われており、近年急成長しています。

半導体と米中対立

台湾TSMCは、米国政府からの要請を受け中国大手通信機器メーカー ファーウェイからの新規受託を中止する一方、アリゾナに120億ドルかけて新たな工場を設立する計画を発表しました。

TSMCは世界最大にして最先端の半導体製造技術を持つメーカーです。半導体の性能は、あらゆるテクノロジーの根幹となるため、米中対立による覇権争いの影響を色濃く受けていることが伺えます。

【残念】日本は半導体製造で勝てない話

今後も日本の半導体メーカーが世界市場でシェアを拡大する状況にはありません。

一番の原因は、製造単価の問題だと思います。日本の物価では、中国・台湾・韓国にはコストでは勝てないのです。

インテルやNVIDIAなどのアメリカの牙城を崩すビジョンとテクノロジーも欠けているのではないでしょうか。

製造を捨てて設計に絞れば、日本の半導体メーカーにも勝算があります。英ARMのように、秀でた設計でデファクトスタンダードとなるような半導体設計メーカーが日本からも誕生して欲しいですね。

半導体業界なら、メーカーよりこちらがおすすめです

【国内企業】半導体業界 企業ランキング2020

【国内企業】半導体業界 企業ランキング2020

日本で半導体業界への就職・転職を希望する方に向けて半導体関連企業をランキング形式で紹介したいと思います。以下、当ランキングについて説明します。

ランキング対象企業の選定

  • 国内上場企業のうち、半導体関連銘柄を対象とする
  • スタートアップ企業などの未上場企業は採用が少ない・もしくは募集していないため対象外とする

3つの観点で半導体関連企業を評価します

3つの観点で半導体関連企業を評価します

本記事では以下の3つの視点で3つの観点で半導体関連企業を評価し、ランキング形式で分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の規模
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の規模

半導体関連企業の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。
特に日本企業は年功序列の傾向があるため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がることが一般的なため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価をみていきます。
実際に働いている人の統計的な評価であるため、非常に有効な指標になると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

会社の規模

会社の規模

  • : ソニー86656.9億円 (114400人)
    ※ 転職サイト・転職エージェントはこちら
  •  2位: 三菱電機45199.2億円 (145817人)
  •  3位: 東芝36935.4億円 (128697人)
  •  4位: キヤノン35933億円 (187041人)
  •  5位: 京セラ16237.1億円 (76863人)
  •  6位: 信越化学工業15940.4億円 (21735人)
  •  7位: AGC15180.4億円 (55598人)
  •  8位: 東京エレクトロン12782.4億円 (12742人)
  •  9位: セイコーエプソン10896.8億円 (76647人)
  • 10位: 富士電機9149.15億円 (27416人)
  • 11位: ミネベアミツミ8847.23億円 (77957人)
  • 12位: オムロン8594.82億円 (35090人)
  • 13位: ルネサスエレクトロニクス7182.43億円 (18958人)
  • 14位: ニコン7086.6億円 (20917人)
  • 15位: HOYA5658.1億円 (37412人)
  • 16位: 日清紡ホールディングス5096.6億円 (22889人)
  • 17位: JSR4967.46億円 (8748人)
  • 18位: ヤマハ4374.16億円 (20375人)
  • 19位: ローム3989.89億円 (22899人)
  • 20位: SCREENホールディングス3642.34億円 (6099人)
  • 21位: SUMCO2994.6億円 (8142人)
  • 22位: イビデン2911.25億円 (14718人)
  • 23位: アドバンテスト2824.56億円 (4630人)
  • 24位: THK2745.99億円 (13260人)
  • 25位: セイコーホールディングス2472.93億円 (12020人)
  • 26位: アルバック2207.21億円 (6424人)
  • 27位: サンケン電気1736.5億円 (9481人)
  • 28位: ウシオ電機1651.38億円 (5703人)
  • 29位: ディスコ(産業用電気機器)1475億円 (3619人)
  • 30位: 浜松ホトニクス1459.12億円 (5035人)

社員の平均年収

社員の平均年収

  • : 東京エレクトロン1272.0万円 (44.3歳)
    ※ 転職サイト・転職エージェントはこちら
  •  2位: レーザーテック1137.6万円 (42.7歳)
  •  3位: ソニー1051.0万円 (42.4歳)
  •  4位: アドバンテスト1020.3万円 (45.8歳)
  •  5位: ディスコ(産業用電気機器)991.5万円 (38.4歳)
  •  6位: アクセル(半導体)985.2万円 (44.4歳)
  •  7位: ヤマハ934.9万円 (44.2歳)
  •  8位: 東芝915.1万円 (45.0歳)
  •  9位: SCREENホールディングス896.2万円 (43.3歳)
  • 10位: 信越化学工業855.9万円 (42.1歳)
  • 11位: ハーモニック・ドライブ・システムズ854.1万円 (41.0歳)
  • 12位: ニコン831.0万円 (44.2歳)
  • 13位: メガチップス824.7万円 (42.9歳)
  • 14位: オムロン821.6万円 (44.2歳)
  • 15位: アルバック817.3万円 (42.3歳)
  • 16位: 三菱電機816.9万円 (40.4歳)
  • 17位: AGC808.8万円 (43.0歳)
  • 18位: OBARAGROUP805.9万円 (52.4歳)
  • 19位: IMAGICAGROUP804.8万円 (45.2歳)
  • 20位: セイコーホールディングス799.8万円 (45.2歳)
  • 21位: 新電元工業795.9万円 (42.6歳)
  • 22位: HOYA787.1万円 (45.3歳)
  • 23位: 東京応化工業787.1万円 (43.0歳)
  • 24位: ルネサスエレクトロニクス773.4万円 (46.0歳)
  • 25位: セイコーエプソン771.6万円 (43.6歳)
  • 26位: 富士電機765.2万円 (44.9歳)
  • 27位: キヤノン760.6万円 (44.0歳)
  • 28位: エスペック758.8万円 (43.7歳)
  • 29位: 東京精密758.2万円 (40.4歳)
  • 30位: JSR755.1万円 (38.8歳)

社員による自社評価

半導体企業社員による評価ランキング

  • : ソニー4.03
    ※ 転職サイト・転職エージェントはこちら
  •  2位: ディスコ3.91
  •  3位: 東京エレクトロン3.77
  •  4位: AGC3.74
  •  5位: 浜松ホトニクス3.69
  •  6位: エスペック3.67
  •  7位: レーザーテック3.57
  •  8位: ヤマハ3.56
  •  9位: テラプローブ3.55
  • 10位: ザインエレクトロニクス3.51
  • 11位: JSR3.42
  • 12位: オムロン3.41
  • 13位: アルバック3.35
  • 14位: SCREENホールディングス3.32
  • 15位: PALTEK3.30
  • 16位: ウシオ電機3.30
  • 17位: アドバンテスト3.24
  • 18位: 新光電気工業3.20
  • 19位: 富士電機3.20
  • 20位: セイコーホールディングス3.18
  • 21位: 東芝3.16
  • 22位: セイコーエプソン3.15
  • 23位: 有機合成薬品工業3.15
  • 24位: IMAGICA GROUP3.14
  • 25位: RS Technologies3.12
  • 26位: ミナトホールディングス3.12
  • 27位: 三菱電機3.11
  • 28位: ヴィスコ・テクノロジーズ3.10
  • 29位: 京セラ3.10
  • 30位: SUMCO3.08

参考文献

The World’s 10 Top Semiconductor Companies
Kabutan:半導体関連銘柄

半導体業界の関連記事

業界研究 企業ランキング

食品商社ランキング
 専門商社
 半導体商社
 半導体製造装置メーカー
 半導体素材メーカー
 食品商社
 食品業界

工業ランキング
 IT業界(SIer/WEB系)
 自動車部品メーカー
 工作機械業界
 広告代理店
 流通業界
 宇宙開発企業
 サイバーセキュリティ会社
 電力業界
 スポーツクラブ
 eスポーツ企業
 アニメ会社
 ゼネコン
 医療機器メーカー
 産業用ロボットメーカー
 ドローンメーカー
 化学メーカー
 人材業界

【分野別】IT業界 企業ランキング

IT業界 企業ランキング

最後にIT業界の他の分野のランキングを紹介します。就職・転職の参考になれば幸いです。

ビジネス

IT就職&転職 企業ランキング:ビジネス編


 IT企業ランキング
 WEB系企業ランキング
 ECサイト運営会社ランキング
 インターネット関連企業ランキング
 WEBデザイン企業/WEB制作会社ランキング
 インターネット広告代理店ランキング
 ゲーム会社ランキング

テクノロジー

IT就職&転職 企業ランキング:テクノロジー編


 MaaS関連企業ランキング
 半導体企業ランキング
 ネットワーク&通信関連企業ランキング
 ハードウェア企業ランキング
 IoT関連企業ランキング
 ビックデータ分析企業ランキング
 クラウド関連企業ランキング
 Fintech企業ランキング
 VR/AR関連企業ランキング
 人工知能(AI)関連企業ランキング

システム構築&システム保守

IT就職&転職 企業ランキング:システム構築&システム保守編


 SIer総合ランキング
 独立系SIer企業ランキング
 メーカー系SIer企業ランキング
 ユーザー系SIer企業ランキング
 ソフトウェア開発会社ランキング
 ITコンサル企業ランキング

求人&その他

IT就職&転職 企業ランキング:その他の企業編


 インフラエンジニア求人企業ランキング
 COBOLエンジニア求人企業ランキング
 pythonエンジニア求人企業ランキング
 ゲームプログラマ求人企業ランキング
 WebAPI開発者求人企業ランキング
 理系就職先企業ランキング
 ベンチャー企業ランキング
 IT就職偏差値ランキング
 スマート農業ランキング
 金融業界ランキング

参考:IT業界の全体概略図

IT業界研究のためのIT業界地図

半導体業界ニュース

Wi-Fi 6のSEP候補、QualcommとHuaweiの存在が際立つ

2020-10-02 06:30:00
NGB(日本技術貿易)は2020年9月24日、Wi-Fiの最新規格であるWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)の標準必須特許(SEP:Standard Essential Patent)候補に関する調査を行ったレポートを発表した。

積水ポリマテック、オランダ新工場で放熱材料量産

2020-10-02 05:00:00
積水ポリマテックは2020年10月より、オランダの新工場でEV(電気自動車)など環境対応車に向けた放熱材料の量産を始めた。

リモートワークでPC市場に変化の兆し

2020-10-02 02:30:00
PCのメモリ需要は、再び拡大しているのだろうか。5G(第5世代移動通信)対応スマートフォンは、リモートワーカーにとって頼りになるデバイスになるのだろうか。

実装設備が対応すべき部品と搭載精度のロードマップ

2020-10-02 01:30:00
今回から、第6章「実装設備」の第4節「実装技術動向」を説明する。まずはチップ部品の技術ロードマップを取り上げる。

マクセル、コイン形全固体電池の生産設備を導入

2020-10-02 00:30:00
マクセルは、硫化物系固体電解質を用いたコイン形全固体電池の生産設備を小野事業所(兵庫県小野市)に導入し、2021年より量産を始める。

SPCインタフェースを備えた3Dホールポジションセンサー

2020-10-01 06:30:00
TDKは2020年9月30日、同社のグループ会社であるTDKミクロナスの製品として、SPC(Short PWM Code)インタフェースを備えた3D(3次元)ホールポジションセンサー「HAL 3970」を発表した。外乱磁場に強いという特長を持つ「HAL 39xy」ファミリーの最新品種で、産業機器や自動車、特に自動車のパワーステアリングを主な用途とし、ASIL-Bに対応している。

来場目標「20万人超」、CEATECの来場登録開始

2020-10-01 05:08:00
CEATEC実施協議会は2020年10月1日、初のオンライン開催となる「CEATEC 2020 ONLINE」(会期2020年10月20~23日)の来場者事前登録を開始した。会期中の来場者数目標として、「20万人超」を掲げている。出展企業/団体数は300以上となる見込みだという。

自動車では「視線検知/制御」に注目すべき

2020-10-01 02:30:00
現在、自動運転車に対する熱狂が高まる中で、車載用の視線検出やDMS(ドライバーモニタリングシステム)の果たす役割が忘れ去られてしまっていないだろうか。視線検出や視線制御の分野では、技術開発や協業が進んでいる。

EtherCATの機能安全対応版ソフトウェアを発売

2020-10-01 01:30:00
ルネサス エレクトロニクスは、産業イーサネット通信規格「EtherCAT」の機能安全対応版ソフトウェア「FSoE(Functional Safety over EtherCAT)アプリケーションソフトウェアキット」を発売する。

東京大、光で窒化シリコン薄膜の熱伝導率を倍増

2020-10-01 00:30:00
東京大学生産技術研究所は、表面フォノンポラリトンを用い、窒化シリコン薄膜の熱伝導率を倍増することに成功した。先端半導体デバイスなどにおける新たな放熱機構として注目される。

コイン電池1個で10年動作、Bluetooth 5.2対応モジュール

2020-09-30 08:15:00
米Silicon Laboratories(Silicon Labs)は2020年9月9日(米国時間)、Bluetooth 5.2に対応する無線通信モジュール「BGM220S」「BGM220P」を発表した。

同一チップを“できばえ”で別シリーズに、MediaTekの開発力

2020-09-30 02:30:00
「5G普及」が2年目に突入し、5G端末向けのプラットフォームが出そろってきた。2020年には、モデムチップ大手のMediaTekとUnisocも本格的に参戦している。今回は、MediTekの「Dimensity」シリーズを紹介する。

京セラ、未来のクルマ「Moeye(モアイ)」を開発

2020-09-30 01:30:00
京セラは2020年9月29日、光学迷彩技術などを活用した未来のクルマ「Moeye(モアイ)」を開発した。京セラが考えるコンセプトカーの第2弾で、独自デザインの車両を用い、新たなコックピットのイメージなどを提案する。

TDKが大容量の車載用MLCCを発表、従来比2倍

2020-09-30 00:30:00
TDKは2020年9月29日、車載用積層セラミックコンデンサー(MLCC)「CGA」シリーズの新製品として、2012サイズ(2.0×1.25×1.25mm)で22μF/定格6.3V、3216サイズ(3.2×1.6×1.6mm)で47μF/定格4Vという大容量を実現した2品種を発表した。いずれも既に量産を開始している。ECU(電子制御ユニット)の電源ラインの平滑およびデカップリングの用途に向ける。

2020年度上半期を振り返る ~新型コロナからNVIDIAのArm買収まで

2020-09-29 22:40:00
2020年4月から9月上旬までのエレクトロニクス業界の主な動向を、EE Times Japanに掲載した記事とともに振り返る。

東芝D&S、システムLSI関連で700人の人員対策に着手

2020-09-29 07:30:00
東芝は2020年9月29日、東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S、以下TDSC)においてシステムLSI事業の構造改革を実施すると発表した。TDSCのシステムLSI事業については、車載および既存顧客のサポートを除くロジックLSIから撤退することが既に発表されていた。

京セラ、小型の光学式流量計測用モジュール開発

2020-09-29 04:30:00
京セラは、レーザードップラー方式を用いた「光学式流量計測用モジュール」を開発した。2020年10月よりサンプル出荷を始める。「非接触」「非接液」での計測が可能なため、医療機器用途などでの汚染リスクを低減できる。

ひねくれボッチのエンジニアも感動で震えた「量子コンピュータ至高の技術」

2020-09-29 03:30:00
いよいよ最終回を迎えた「量子コンピュータ」シリーズ。フィナーレを飾るテーマは「量子テレポーテーション」「量子暗号」、そして、ひねくれボッチのエンジニアの私さえも感動で震えた「2次元クラスター状態の量子もつれ」です。量子コンピュータを調べるほどに「この技術の未来は暗いのではないか」と憂うようになっていた私にとって、2次元クラスター状態の量子もつれは、一筋の光明をもたらすものでもありました。

ベアチップ/フリップチップを高い精度で装着

2020-09-29 02:30:00
実装設備に要求する項目のアンケート結果を紹介するシリーズ。今回は「ベアチップ/フリップチップボンダ」に対する要求を説明する。

米政府がSMICへの輸出を制限か

2020-09-29 01:30:00
ロイター通信などの報道によると、米国政府は中国のファウンドリーであるSMIC(Semiconductor Manufacturing International Corp.)に対し、同社に供給された機器が軍事目的で使用される危険性があるとの結論に達したとして、輸出を制限したという。

エンジニア向けの記事