WEB系IT企業ランキング2020|【新卒&転職】就活に役立つ情報

IT企業ランキング 転職

IT業界について知りたい人「WEB系のIT企業がたくさんあって探し方も難しく、情報の整理がつきません。ランキング形式でWEB系のIT企業を評価してもらえませんか?」

こんな悩みを解決します。

本記事では、WEB系IT企業をランキング形式で評価します。

本記事の内容

【WEB業界とは】WEB系企業とはどんな企業?

今回テーマとするのは、IT業界の中でも俗にWEB系と言われる企業グループです。
IT業界地図における今回のテーマ

WEB系企業とは、IT業界の中でも新しい業態で、近年のインターネットやスマホの普及によって、急速に市場規模を拡大してきている点が特徴と言えます。代表的な日本企業と比較してみましょう。

歴史ある日本の代表的なIT企業

企業 設立年 社員数
日立製作所 1920年(大正9年) 34,925名
日本ユニシス 1958年(昭和33年) 4,190名
野村総合研究所(NRI) 1965年(昭和40年) 6,130名
新日鉄住金ソリューションズ 1980年(昭和55年) 3,031名
NTTデータ 1988年(昭和63年) 11,263名

↑のような昔から日本にあるIT企業と比べると、WEB系企業は1990年代後半から設立が相次いだため社史が浅く、会社の規模に比べて社員数が少ない点が特徴です。

代表的なWEB系企業

企業 設立年 社員数
Amazonジャパン 2000年(平成12年) 非公開
(グループで約61万人)
google合同会社 1998年(平成10年) 1,300名
楽天 1997年(平成9年) 5,831名
Yahoo!JAPAN 1996年(平成8年) 6,611名
サイバーエージェント 1998年(平成10年) 1,540名

また、こうした日本を代表するような大手企業だけでなく、WEB系企業には多くのベンチャー企業が次々と生まれている点もWEB業界の特徴といえます。

IT業界全体とWEB系企業の立ち位置はこちらで解説しています

3つの視点でWEB系企業を評価します

本記事では以下の3つで評価し、ランキング形式で企業をみていきます。

  • 1.サービスのブランド力
  • 2.WEBサービスの発展性
  • 3.各WEB企業の平均年収

サービスのブランド力

WEBサービスは拡散力やブランドイメージが資源です。

WEB系企業を就職先として選ぶなら、サービスが持つブランド力をチェックしておきましょう。

企業そのものやWEBサービスのブランド力をランキング形式で確認します。

WEBサービスの発展性

求人数をベースに、その企業が発展しているかをみていきます。

WEB系企業はGAFAなどのグローバル企業と競合することも多いため、事業継続性を注視する必要があるためです。

各WEB企業の平均年収

上記2つのランキングにランクインした企業を対象に、その企業の平均年収をチェックします。

当然給料が高いに越したことはないですし、人材にお金を投資する企業の方が良い仕事ができるのが一般的だからです。

1.WEBサービスのブランド力ランキング

WEBサービスのブランド力ランキング

[日経BP社Webブランド調査TOP50にランクインしたブランドのうち、
ネット専業企業のWEBサービスを抜粋]

  •  1位: 楽天
  •  2位: Yahoo!Japan(Zホールディングス)
  •  3位: Amazon Japan
    ※ 無料登録して詳しい転職条件をGET
  •  4位: Google Japan
  •  6位: Youtube(Google)
  •  8位: クックパッド
  •  9位: 楽天カード(楽天)
  • 16位: 価格.com(価格コム)
  • 22位: 楽天トラベル(楽天)
  • 24位: 楽天銀行(楽天)
  • 46位: 食べログ(価格コム)

※カッコ内はWEBサービスを提供している企業名

WEBサービスのブランド力は消費行動に結びつきやすいため、WEBサービスにとって最も重要な資産と言えます。

本ランキングは、国内主要500サイトをネットユーザー3万人以上が評価した結果のランキングです。

サイトの利用状況や使い勝手、満足度などの項目をインターネットアンケートで回答を得た結果を集計した結果です。

出典:日経BP社 – Webブランド調査2019-秋冬 

2.WEBサービスの発展性ランキング

WEBサービスの発展性ランキング

  •  1位: PayPay
  •  2位: SHIFT
  •  3位: 楽天
    ※ 無料登録して詳しい転職条件をGET
  •  5位: リクルートライフスタイル
  •  6位: トランスコスモス
  •  7位: IDOM
  •  8位: あしたのチーム
  •  9位: ぐるなび
  • 10位: 楽天モバイル
  • 11位: エキサイト
  • 12位: スタジアム
  • 14位: div
  • 15位: リクルート住まいカンパニー
  • 16位: メドレー
  • 17位: ラクス
  • 18位: Sansan
  • 19位: メンバーズエッジ
  • 20位: freee

出典:Web・インターネット業界の企業一覧 

WEBサービスの発展性ランキングは、企業の将来性を見る指標となります。

また求人数をベースにしていることから、就職のしやすさに直結するデータでもあります。

各企業のWEBサービスに対する攻め具合がわかるランキングとなっています。

3.WEB系企業の平均年収ランキング

企業の平均年収ランキング

WEBサービスのブランド力・発展性それぞれのランキングにエントリーした個別企業に対して平均年収を調査し、年収の高い順にランキングを作成しました。

上場企業はYahooファイナンス(有価証券報告書に準拠)より取得しています。

また非上場企業についてはカイシャの評判などのネットの情報がベースとなりますのであくまで参考程度にしてください。

  •  1位: Google Japan1,476万円(推定)[非上場]
  •  2位: Amazon Japan999万円(推定)[非上場]
  •  3位: クックパッド772万円
    ※ 無料登録して詳しい転職条件をGET
  •  4位: yahoo(Zホールディングス)765万円
  •  5位: 楽天721万円
  •  6位: 価格コム685万円
  •  7位: sansan601万円
  •  8位: エキサイト584万円(推定)[非上場]
  •  9位: ラクス583万円
  • 10位: リクルートライフスタイル562万円(推定)[非上場]
  • 11位: ぐるなび561万円
  • 12位: SHIFT546万円
  • 13位: リクルート住まいカンパニー535万円(推定)[非上場]
  • 14位: freee525万円(推定>[非上場]
  • 15位: あしたのチーム486万円(推定)[非上場]
  • 16位: トランスコスモス462万円
  • 17位: メドレー462万円
  • 18位: メンバーズエッジ450万円(推定)[非上場]
  • 19位: IDOM434万円
  • 20位: div425万円(推定)[非上場]
  • 21位: Paypay350万円(推定)[非上場]

就職&転職なら、年収は最も気になるポイントの一つです。

平均年収では、やはり大手WEB企業が強い傾向にあります。

就職・転職の参考にしていただければ幸いです。

当ランキング利用上の注意点

当サイトは、TechClipsレバテックキャリアを利用しています。より詳細な個別企業の情報、転職条件を確認するには、リンクから無料登録をおすすめします。

[TechClips]

当ランキングを転職情報として利用する際の注意点①
 

[レバテックキャリア]

当ランキングを転職情報として利用する際の注意点②

インターネット業界についてさらに詳しく知りたい方はこちら

サクサク開発したいなら、学ぶべきはPython3です

しかもAmazon Unlimitedは30日間の無料期間だけ利用して退会OK!

WEB系企業の年収は格差が大きい点に注意

日本の一般的な企業と比べて、WEB系企業は年功序列の制度が緩く、社内での年収格差が大きい傾向になります。

そのため、平均年収はあくまで企業選びの参考としてお考えください。

ランキングに表れない重要なこと

このランキングでは企業を年収で語ってきましたが、自分が将来何をやりたいかはより重要な課題です。

急速なテクノロジーの進化も、若い人たちの将来を見えずらくしています。

ランキングに表現しがたいですが、社会の未来像と自分の将来像をしっかりと持つことが大切です。

もちろん世の中は自分の思った通りにならないものですから、ビジョンを持ちつつ常に軌道修正していくイメージを持つと良いでしょう。

例:プログラマーになりたい
 なぜプログラマ?どんなプログラマ?
 AIが進化してもその仕事で食っていけるだけのビジョンはある?
 自分は本質的になにがしたいのか?どんな社会人を目指すのか?

社会の未来像と自分の将来像を考えるならこちら

就職に向けてどのプログラミング言語を習得すべきか悩む人へ

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

人気記事ITエンジニア転職サイト・転職エージェントランキング2020