金融業界ランキング2020【売上・年収・社員評価】

IT企業ランキング 転職

こんにちは。

リバー』という言葉を知っていますか?

利子のことです。

嫌われ者がリッチである理由

嫌われ者がリッチである理由

イスラム世界では、リバー(利子)が禁止されています。

実はイスラム教だけはありません。
かつてはユダヤ教やキリスト教も、利子の徴収は原則禁止でした。

ただし例外はありました。ユダヤ教では、異教徒から利子を徴収することは禁じられていませんでした。

当時のユダヤ人はヨーロッパ各国で弾圧を受けていたため仕事に就けず、忌み嫌われる職業である金貸しになる人がたくさんいました。

ユダヤ人は自分たちの国を持つ代わりに、世界中に離散したユダヤ人同士のネットワークを持っていました。

そしてユダヤ人は原始的な金貸しから貿易の決済、保険、証券、銀行と金融を発達させ、現代の金融システムの基礎を築きました

ドイツ ユダヤ人隔離居住区の出身で、銀行家として成功を収めたマイアー・アムシェル・ロートシルトのロスチャイルド家はその代表例です。

ただし、これはユダヤ系の人々に限られた物語ではありません。金貸しはいつのどこの世界でも嫌われやすく、リッチです。

本記事の内容

【就活のためのざっくり理解】金融業界とは

続いて、現代日本の金融業界の話です。

金融業界は主に銀行、証券、保険の3分野からなる業界です。

近年の特徴として、技術革新と規制緩和が続いていることが挙げられます。

  • 3分野の融合
  • 価格の自由化
  • 技術革新による変化

3分野の融合

以前は明確に分かれていた銀行・証券・保険の3分野は、規制緩和により融合・統合が進んでいます。また異業種からの参入が相次いでいるのも特徴です。

  • [銀行&証券] SMBC(三井住友銀行)傘下のSMBC日興証券
  • [証券&銀行] 野村證券傘下の野村信託銀行
  • [異業種]    スーパーから参入したイオン銀行、コンビニからのセブン銀行

価格の自由化

金利や手数料が自由化され、価格競争が進んでいます。対面での業務がネットに置き換わることで、大幅に手数料を抑えることができるため、ネット銀行・ネット証券を中心に価格競争が激化しています。

金融機関による価格の自由化の例

金融機関による価格の自由化の例1
金融機関による価格の自由化の例2

技術革新による変化

これまでの20年〜30年の間、会社を裏で支えるシステムの技術革新が続いてきました。近年はFintechと呼ばれる技術革新によって様々なWEBサービスが生まれ、技術革新が会社の存亡を欠けた経営課題になってきています。

技術革新による変化

出典:FinTechカオスマップ 

 

【就職&転職に】3つの視点で金融業界に属する会社を評価します

3つの視点で金融業界に属する会社を評価します

本記事では以下の3つの観点で評価し、ランキング形式で金融業界を見ていきたいと思います。

  • 1. 会社の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

会社の安定性

金融業界は動かせるお金の規模のビジネスと言えます。地銀再編でも顕著になっているように、会社の安定性はその資金力によって見ることができます。

売上規模をベースに、会社の安定性をランキングにします。

社員の平均年収

金融業界に限らず、働くとして次に気になるのは給料、すなわち社員の平均年収ではないでしょうか。

当然給料が高いに越したことはないですし、人材にお金を投資する企業の方が価値のある仕事ができるのが一般的だからです。

シンプルに社員の平均年収をランキングにします。

社員による評価

最後にOpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。

実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

1.会社の安定性

会社の安定性

[直近決算での黒字を条件に、売上規模でランキング。カッコ内は社員数]

  • : 日本郵政127750億円 (245922人)
  •  2位: ソフトバンクグループ96022.4億円 (76866人)
  •  3位: ソニー86656.9億円 (114400人)
  •  4位: 第一生命ホールディングス71840.9億円 (62938人)
  •  5位: 三菱UFJフィナンシャル・グループ66974億円 (119390人)
  •  6位: 三井住友フィナンシャルグループ57353.1億円 (86659人)
  •  7位: MS&ADインシュアランスグループホールディングス55004.4億円 (41467人)
  •  8位: 東京海上ホールディングス54767.2億円 (40848人)
  •  9位: みずほフィナンシャルグループ39256.5億円 (59132人)
  • 10位: SOMPOホールディングス36430.4億円 (49387人)
  • 11位: オリックス24348.6億円 (32411人)
  • 12位: ゆうちょ銀行18454.1億円 (12821人)
  • 13位: 野村ホールディングス18351.2億円 (27864人)
  • 14位: 三井住友トラスト・ホールディングス14679.2億円 (21498人)
  • 15位: 東京センチュリー10676.1億円 (7016人)
  • 16位: 三菱UFJリース8642.24億円 (3217人)
  • 17位: りそなホールディングス8607.06億円 (21600人)
  • 18位: 芙蓉総合リース6181.19億円 (1960人)
  • 19位: みずほリース(旧:興銀リース)3848.93億円 (1627人)
  • 20位: 新生銀行3722.43億円 (5179人)
  • 21位: クレディセゾン3718.42億円 (5584人)
  • 22位: アコム2770.69億円 (6623人)
  • 23位: オリエントコーポレーション2333.69億円 (4685人)
  • 24位: NECキャピタルソリューション2041.31億円 (767人)
  • 25位: あおぞら銀行1601.36億円 (2193人)
  • 26位: セブン銀行1472.88億円 (657人)

2.社員の平均年収

社員の平均年収

[平均年収は社員の平均年齢に大きく影響を受けるためカッコ内に平均年齢を記載しています]

  • : 野村ホールディングス1384.0万円 (43.8歳)
  •  2位: 東京海上ホールディングス1338.4万円 (43.5歳)
  •  3位: 三井住友トラスト・ホールディングス1303.7万円 (50.1歳)
  •  4位: ソフトバンクグループ1253.4万円 (41.5歳)
  •  5位: 三井住友フィナンシャルグループ1155.1万円 (39.3歳)
  •  6位: SOMPOホールディングス1152.7万円 (43.4歳)
  •  7位: 三菱UFJフィナンシャル・グループ1067.5万円 (42.1歳)
  •  8位: MS&ADインシュアランスグループホールディングス1053.4万円 (47.5歳)
  •  9位: ソニー1051.0万円 (42.4歳)
  • 10位: 第一生命ホールディングス950.8万円 (41.9歳)
  • 11位: みずほフィナンシャルグループ911.1万円 (41.1歳)
  • 12位: りそなホールディングス891.7万円 (45.9歳)
  • 13位: オリックス880.0万円 (42.4歳)
  • 14位: 芙蓉総合リース867.0万円 (41.0歳)
  • 15位: 東京センチュリー836.3万円 (43.0歳)
  • 16位: あおぞら銀行803.7万円 (42.8歳)
  • 17位: 三菱UFJリース786.2万円 (37.0歳)
  • 18位: NECキャピタルソリューション781.8万円 (42.0歳)
  • 19位: 日本郵政780.5万円 (43.9歳)
  • 20位: 新生銀行767.7万円 (42.0歳)
  • 21位: みずほリース(旧:興銀リース)751.2万円 (43.0歳)
  • 22位: セブン銀行678.8万円 (42.9歳)
  • 23位: ゆうちょ銀行669.9万円 (42.8歳)
  • 24位: アコム602.3万円 (40.4歳)
  • 25位: オリエントコーポレーション596.5万円 (41.4歳)
  • 26位: クレディセゾン518.5万円 (39.5歳)

3.社員による自社評価

社員による自社評価

[OpenWorkに投稿された社員による評価の統計値]

  • : 東京海上日動火災保険4.13
  •  2位: ソニー4.01
  •  3位: オリックス3.86
  •  4位: 野村證券3.85
  •  5位: ソフトバンク3.80
  •  6位: 大和証券3.76
  •  7位: 三井住友銀行3.65
  •  8位: 野村ホールディングス3.51
  •  9位: 損害保険ジャパン日本興亜3.34
  • 10位: 三菱UFJ銀行3.34
  • 11位: アコム3.33
  • 12位: 三井住友フィナンシャルグループ3.30
  • 13位: 第一生命保険3.29
  • 14位: みずほ信託銀行3.26
  • 15位: NECキャピタルソリューション3.25
  • 16位: 第一生命ホールディングス3.25
  • 17位: 芙蓉総合リース3.24
  • 18位: りそなホールディングス3.24
  • 19位: 三菱UFJリース3.23
  • 20位: クレディセゾン3.23
  • 21位: 三菱UFJフィナンシャル・グループ3.22
  • 22位: 新生銀行3.21
  • 23位: みずほフィナンシャルグループ3.18
  • 24位: みずほ銀行3.17
  • 25位: 三井住友海上火災保険3.17
  • 26位: みずほリース3.13
  • 27位: 東京海上ホールディングス3.09
  • 28位: あおぞら銀行3.09
  • 29位: SOMPOホールディングス3.07
  • 30位: 三井住友トラスト・ホールディングス3.00
  • 31位: オリエントコーポレーション2.95
  • 32位: 東京センチュリー2.90
  • 33位: 日本郵政2.86
  • 34位: ゆうちょ銀行2.85
  • 35位: セブン銀行2.85

個別企業の解説

東京海上日動火災保険

以前より根強い人気を誇り、インターンシップにも定評がある東京海上日動火災保険。自由な雰囲気で働きやすく、給料水準も非常に高いのが特徴です。

マイナス金利などの影響もある中、直近でも良い業績を残しています。

三井住友銀行

メガバンクの一角として日本を代表する銀行です。直近の業績はメガバンクの中でも頭1つ良いです。

一方、低金利や技術革新などの時代背景から、社内改革の真っ最中でもあります。

具体的にはAI(人工知能)やブロックチェーンなどの新たなテクノロジーの活用だけでなく、テクノロジーによって金融業の壁を乗り越えようとさえしているようです。

金融機関が大きな変革が求められる中、どのような舵取りが行われるのか。メガバンクの行末は不透明感も強いですが、大きなお金が動かせるため非常に魅力的な会社でもあります。

ソフトバンク

ソフトバンクグループ傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンドは、10兆円という超大型の投資ファンドです。

携帯電話事業が本業のソフトバンクですが、その実は投資会社と言って良いでしょう。

投資業務に興味のある方ならば魅力的な就職先の一つではないでしょうか。

日本郵政

日本郵便・ゆうちょ銀行・かんぽ生命を傘下に持つ国内最大の金融機関です。

ゆうちょ銀行・かんぽ生命に利益を依存している一方で、郵便局と局員のコスト削減が急務となっています。

金融業界ニュース

金融機関の“脱本業”の現実味を左右するもの

2020-08-06 00:00:00
2019年度の金融業界(メガバンク、地域銀行(地銀)、生命保険会社(生保)、損害保険会社(損保)、証券会社)の決算説明会および中期経営計画の資料を概観すると、現状のビジネスモデルに対する厳しい表現が増えている。

コロナ禍の欧州におけるマスク事情2

2020-08-05 00:00:00
欧州では、5月以降、新型コロナウイルスの新規感染者数や死者数の減少を受けて、各国がロックダウンの段階的な緩和を進め、外出制限の解除や経済活動の再開に動いてきた。各国によってロックダウンの程度が異なったように、緩和のプロセスも各国の実情に応じて千差万別である。

理想的な定年と定年延長

2020-08-03 00:00:00
定年延長待ったなしである。その設計に頭を悩ませている人も多いだろう。ここで理論的な原点に返ることも重要なことだと思われる。E.P.ラジアという米国の経済学者によるそのものずばり「定年とはなぜあるのか」という論文がある。

バズワード

2020-07-29 23:00:00
意味を厳密に定義することなく、曖昧かつ広く使われる言葉。バズワード(Buzz Word)。近年この「バズワード」が隆盛を極めている。日常会話のみならず、ビジネスの場面でも、さらには活字メディアでもブンブン飛び回っている。

改めて問う。なぜ、社外取締役なのか?

2020-07-29 00:00:00
2015年にコーポレートガバナンス・コード(CGコード)が制定され、独立社外取締役を少なくとも2名以上選任すべきことが盛り込まれた。これを受けて2019年には、東京証券取引所(市場一部)上場会社の93.4%が、複数の独立社外取締役を選任している。

「Go To キャンペーン」に見る需要喚起策の迷走

2020-07-28 00:00:00
2020年7月22日、政府は「Go To キャンペーン」事業を開始した。国内旅行を対象に代金の半額相当分を補助することが柱で、予算額は約1.7兆円と異例の規模で観光需要が喚起される。

いよいよ試される、寝ぼけたジョー・バイデン氏の「大統領力」

2020-07-27 00:00:00
11月の大統領選挙まで残り約3ヵ月となった。世論調査を見ると、6月半ば以降、民主党の大統領候補であるバイデン氏の支持率は、共和党の大統領候補である現職のトランプ氏に対して、10%前後リードしている。

アベノマスクに見るコロナ対策の混乱

2020-07-22 00:00:00
何のことかと訝しがられるかもしれないが、政府の各省庁が作成した予算の説明書を御紹介したい。一人10万円の特別定額給付金やアベノマスクの予算計上で有名になった、4月の第1次補正予算に関するものだ。題材は、アベノマスクである。

新型コロナという壮大な社会実験

2020-07-21 00:00:00
2020年5月25日に緊急事態宣言は解除されたものの、足元、都市圏を中心に再び新型コロナの感染者が増えている。長期間にわたり経済・社会活動を止めることのデメリットは大きく、宣言解除後もその影響は日本全体に大きな爪痕を残している。

フォワードルッキングな引当の導入は広がるのか

2020-07-20 00:00:00
金融検査マニュアルが2019年12月に廃止された。このマニュアルは、金融庁が金融機関を検査する際に用いる手引書であり、金融機関にとっての業務の指針でもあった。しかし、一律のチェックリストの形をとっていたため、金融機関の目利き力が低下する、過去の実績のみに依拠する、といった問題が指摘され、廃止に至った。

今月のグラフ(2020年8月)雇用の悪化をどこまで抑えられるか

2014-11-23 06:30:00
今後の経済を展望する上での重要な鍵は雇用の悪化がどこまで進むかということだろう。4-6月期の実質GDPは前期比で年率30%近い大幅な落ち込みとなった見込みであるが、その一方、6月までの雇用関連の指標をみてみると、悪化はしているがまだ何とか踏ん張っている状況にある。 6月の失業率は2.8%と、コロナ前水準よりは高いものの、5月の2.9%からは僅かに低下した。失業者の数も6月時点で194万人と、3月か...]]>

グラフで見る東海経済(2020年7月)

2014-11-23 06:30:00
【今月の景気判断】 新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況にあるが、一部に下げ止まりの動きもみられる 【今月のポイント】 ●新型コロナウイルス感染症の影響で、足下の指標は総じて厳しい水準にあるが、一部に下げ止まりの動きもみられる。 ●生産、輸出は輸送機械の落ち込みが大きく、同業種の比重が高い東海は全国より大きく落ち込んでいる。先行きは、自動車生産の回復とともに持ち直しが見込まれる。 ●個人消費...]]>

グラフで見る関西経済(2020年7月)

2014-11-23 06:30:00
【今月の景気判断】 新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況にあるが、一部に下げ止まりの動きもみられる 【今月のポイント】 ●新型コロナウイルス感染症の影響で、足下の指標は総じて厳しい水準にあるが、社会・経済活動再開もあり一部に下げ止まりの動きもみられる。 ●生産は減少が続くが、関西は輸送用機械の比重が小さいことから、全国に比べ落ち込み幅は小さい。輸出は大幅な前年割れが続くが、前月比で小幅増加。...]]>

グラフで見る景気予報(2020年8月)

2014-11-23 06:30:00
【今月の景気判断】 緊急事態宣言の解除後、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮しつつ、経済活動の再開が徐々に進められており、景気は一部に持ち直しの動きがみられる。輸出は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が悪化する中で急減し、インバウンド需要は消失しているが、足元では下げ止まりの動きがみられる。内需においても、緊急事態宣言の解除を受けて、個人消費に持ち直しの動きがみられる。企業部門では、業績...]]>

2020年4~6月期のGDP(1次速報)予測 ~新型コロナウイルスの感染拡大で過去最悪の落ち込み~

2014-11-23 06:30:00
8月17日に内閣府から公表される2020年4~6月期の実質GDP成長率は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて内外需要が急速に冷え込んでおり、前期比-7.5%(年率換算-26.9%)とリーマンショック時のマイナス幅を大きく上回り、過去最大の落ち込み幅を更新する見込みである。新型コロナウイルスの感染拡大が経済に及ぼした影響の深さを改めて確認することになりそうだ。 最大のシェアを占める個人消費は...]]>

ようやく合意に達したEUの「復興基金」

2014-11-23 06:30:00
○欧州連合(EU)27ヶ国は7月17日から臨時の首脳会議を開催し、コロナ禍が深刻な加盟国に対して財政支援を行う総額7500億ユーロの復興基金(recovery fund)の創設に関し、合意に達した。 ○今回の基金創設の議論に際し、財政協調に関わる従来の南北対立に、新たに意思決定を主導しようとする大国とそれに反発する小国の対立が加わり、政策の運営方針をめぐるEUの内紛はより複雑化した。 ○今後のポイ...]]>

コロナ禍で落ち込んだ日本の輸出を牽引する中国向け輸出~今後持ち直す公算が高いが、下振れリスクも控える~

2014-11-23 06:30:00
○新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に直面し、世界各国では流行拡大を抑えるための対策が採られ、経済活動が停滞している。各国で需要が急減していることから、日本の輸出も足元で大きく減少している。その中で、中国向け輸出はすでに回復の兆しがみられる。日本の輸出全体において重要な位置を占める中国向け輸出が今後も順調に回復していくかが、今後の日本の輸出全体の動向を左右するだろう。 ○日本の中国向け輸出は、...]]>

米国の新型コロナウイルス感染第2波について~経済的影響は限定的もリスクシナリオに注意~

2014-11-23 06:30:00
○米国では、新型コロナウイルスの1日当たりの感染者数が連日で過去最多となり、再開させた経済活動をまた止めるなど見直す動きが広がっている。特に、フロリダ、テキサス、カリフォルニアの各州で感染者が急増している。 ○感染の拡大状況を示す指標をみると、第一に、検査における陽性率が上昇し、市中感染の広がりを示唆するものの、3~4月のニューヨーク州の陽性率と比べ、現時点では相対的に低い水準にとどまる。 ○第二...]]>

新型コロナで独自路線を貫くスウェーデンの経済動向

2014-11-23 06:30:00
○新型コロナ対応で緩やかな感染拡大抑制策を採用した結果、スウェーデン景気の悪化は今までのところ他のEU諸国に比べ限定されている。 ○特に内需依存度が高い非製造業の活動水準は、スウェーデン政府が都市封鎖(ロックダウン)を敷かなかったことから横ばい圏での推移となっており、景気を下支えしている。 ○コロナ禍が現在進行形である以上、スウェーデンの独自路線に対する最終的な評価は時期尚早であるが、今後の感染拡...]]>

コモディティ・レポート(2020年4~6月)

2014-11-23 06:30:00
Ⅰ.コモディティ市況全般:原油・銅は持ち直し、金は高値追い ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、2020年4月21日には現行の指数で遡及できる1994年以降で最低を記録した後、上昇に転じて、7月9日には4カ月ぶりの高値をつけた。足元では、感染再拡大などを受けて相場の上値が重くなっているが、基本的には、経済活動の再開を進める動きは維持され、世界景気回復ととも...]]>

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。