Amazon Kindle本 SALE会場

WEB系言語ランキング2020|WEB系エンジニアを目指す人に

プログラミング 転職

この記事は、WEB系エンジニアになりたい人向けに、WEB系企業で活躍するエンジニアに必要なプログラミング言語をランキング形式で紹介します。参考になりましたら幸いです。

本記事の内容

WEB系トップ企業が使う言語一覧

WEB系TOP企業が使っている言語を調査しました

今回指標として使ったのは、日経BP社のWebブランド調査。TOPのうち一般企業(5位サントリー、10位TDL)を除いた8ブランドについて、開発で使われているプログラミング言語を調査しました。

[対象とするWEB系企業]

出典:日経BP Webブランド調査 

 

WEBブランド調査上位(≒WEB系上位)企業とその使用言語

[日経BP Webブランド調査TOP10にランクインした企業と使用言語の一覧]

  •  1位: 楽天
        JavaScript、Kotlin、Swift、Ruby、PHP、Java、Node.js
  •  2位: Yahoo!Japan(Zホールディングス)
        JavaScript、Kotlin、Swift、Node.js、Java、PHP
  •  3位: Amazon Japan
        JavaScript、Java、Perl、C++
  •  4位: Google Japan
        TypeScript、JavaScript、Go、Python、Java、C/C++
  •  6位: Youtube(Google)
        TypeScript、JavaScript、Go、Python、Java、C/C++
  •  7位: Wikipedia
        JavaScript、PHP
  •  8位: クックパッド
        JavaScript、Rust、Java、Go、Python、Ruby
  •  9位: 楽天カード(楽天)
        JavaScript、Kotlin、Swift、Ruby、PHP、Java、Node.js

どの企業も、それほど代わり映えのしないラインナップですので、まとめて整理してみましょう!

まとめ:WEB系TOP企業で使われる主な言語一覧(イメージ)

WEB系TOP企業で使われている主な言語は以下の通りでした。

以上でWEB系TOP企業で使われる主な言語はまとまりましたので、これを前提にランキングを作成しましょう。

WEB系言語ランキング2020(いま習得すべき言語)

WEB系言語ランキング2020

ここからは、これらの言語のうち、どれを優先して習得すべきかランキング形式で整理してみたいと思います。

[WEB系言語ランキング2020]

  • 1位:Python
    2位:JavaScript
     どちらもすぐに学ぶべき
  • 3位:Kotlin
    4位:Swift
     スマホの開発をしたい人は両方学ぶべき
  • 5位:GO
    6位:TypeScript
    7位:Node.js
     新しいサービスを作りたい人は1つ習得すべき
  • 8位:Java
    9位:PHP
    10位:Ruby
     保守案件をこなしたい人はどれか1つは習得すべき

理由は順に解説します。

まず最初に学ぶべきPython&JavaScript

プログラミング言語初心者なら、まずはPythonとJavaScriptの習得をオススメします。

WEB系の開発に携わるのであればどのようなタイプのエンジニアであれJavaScriptの知識は前提として絶対必要ですし、Pythonは言語設計が良いうえに汎用的で利用者も多いため、プログラミング学習にも実践にも使える最もバランスの良い言語だからです。

スマホアプリの開発に携わりたいならKotlin&Swift

もしスマホアプリの開発に携わりたいと思っているのなら、Kotlin&Swiftの習得をオススメします。

現状、iOS向けアプリの開発ならSwift一択です。
一方でAndroidアプリの開発はKotlinかJavaを選択可能ですが、これからWEB系企業でスマホアプリの開発に携わりたいのであればKotlinを習得しておくべきです。

尖った仕事をしたいならGO、TypeScript、Node.js

GO、TypeScript、Node.jsは流行り廃りの激しいWEB業界の中でも尖った言語です。

TypeScriptはmicrosoft、GOはGoogleが開発している言語で、各社社内だけでなくグローバルに人気のある言語でもあります。

保守案件よりもバリバリ新しいプロダクトを開発したいという人にオススメです。

一方でGoogleやMicrosoftが推しているからといって必ずしも10年後にも使われ続ける言語とは限りません。

どの言語を選んでも、アジャイル開発やプロダクトを作るために他者と連携して業務を円滑に進めていく能力は本質的なものです。
万が一廃れてしまった場合のことも考え、業務では言語そのものに囚われるのではなく、開発業務の本質を捉えるよう意識して働くと良いです。

現行の求人数から言語を選ぶなら、Java、PHP、Ruby

ここでは、IT人材紹介会社のレバテックによるプログラミング言語別求人ランキングの結果(下表)を紹介しておきたいと思います。WEB系言語の中でも歴史ある言語がTOP3にランクインしています。

[レバテックキャリア プログラミング言語別求人ランキング2019]

  • 1位:Java
  • 2位:PHP
  • 3位:Ruby

※データが古いため、直近のランキングを独自調査しました(後述)。直近でRubyは順位を落としています。

これら3言語は、求人数が多い反面、面白みのない保守案件が相当数を占めますが、習得しておけば当面食いっぱぐれのない言語と言えます。

また、Javaの求人案件には、かなりの数のSIer案件(非WEB系会社)が含まれている点も留意してください。

WEB系の仕事を選ぶなら、C/C++は捨ててよい

GoogleやAmazonでも未だにC/C++のプロダクトが残っているようですね。例えばGoogleはブラウザやOSの開発、検索エンジンに使う独自の分散ファイルシステムなど、通常のWEB系企業が手掛けないような低レベルのテクノロジーを扱っており、いずれはGOに置き換えたいのではないかと推察されます。
このように、WEB系を目指すなら、あえてC/C++の習得に力を入れる必要はないでしょう。
もしC言語系のプログラミングスキルを持っていてそのスキルを生かしたいのであれば、C#への移行をオススメします。
sansanやルナルナなどのWEB系企業では、C#をメインの言語として利用しているようです。

WEB系言語ランキング2020(求人数順)

ネット上に最新の求人数ランキングが無かったため、直近(2020年5月9日)の正社員求人から独自調査して求人数のランキングを作成しました。

[プログラミング言語別求人数ランキング2020]

  •  1位:Java1,858件
  •  2位:PHP762件
  •  3位:JavaScript541件
  •  4位:Python497件
  •  5位:Ruby320件
  •  6位:Swift140件
  •  7位:Kotlin89件
  •  8位:TypeScript80件
  •  9位:GO64件
  •  10位:Node.js 67件

やはりJavaが強いですね。言語仕様が古くつまらない案件が多い反面、やはり食いっぱぐれの無い言語です。JavaScriptやPythonも上位ですので、これらの言語の習得を優先することをオススメします。

合わせて参考にしていただければ幸いです。

【分野別】IT業界 企業ランキング

最後にIT業界の他の分野のランキングを紹介します。就職・転職などの際の参考になれば幸いです。

ビジネス

IT就職&転職 企業ランキング:ビジネス編


 IT企業ランキング
 WEB系企業ランキング
 ECサイト運営会社ランキング
 インターネット関連企業ランキング
 WEBデザイン企業/WEB制作会社ランキング
 インターネット広告代理店ランキング
 ゲーム会社ランキング

テクノロジー

IT就職&転職 企業ランキング:テクノロジー編


 MaaS関連企業ランキング
 半導体企業ランキング
 ネットワーク&通信関連企業ランキング
 ハードウェア企業ランキング
 IoT関連企業ランキング
 ビックデータ分析企業ランキング
 クラウド関連企業ランキング
 Fintech企業ランキング
 VR/AR関連企業ランキング
 人工知能(AI)関連企業ランキング

システム構築&システム保守

IT就職&転職 企業ランキング:システム構築&システム保守編


 独立系SIer企業ランキング
 ユーザー系SIer企業ランキング
 ソフトウェア開発会社ランキング
 ITコンサル企業ランキング

求人&その他

IT就職&転職 企業ランキング:その他の企業編


 インフラエンジニア求人企業ランキング
 WebAPI開発者求人企業ランキング
 COBOLエンジニア求人企業ランキング
 pythonエンジニア求人企業ランキング
 ゲームプログラマ求人企業ランキング
 ベンチャー企業ランキング
 IT就職偏差値ランキング
 理系就職先企業ランキング
 スマート農業ランキング
 金融業界ランキング

参考:IT業界の全体概略図

IT業界研究のためのIT業界地図

今回は以上です。

エンジニア向けの記事


 

《ながら読書に最適》 本の朗読サービスAmazon audibleは30日間だけ無料で使えます


人気記事フリーランス|独立に失敗したらどうなるか不安…不安を解消するには?

人気記事【就活】インターネット関連企業ランキング【就職・転職をサポート】