SIerはやめとけ|その真偽をSI歴14年のエンジニアが解説

IT業界(SIer) 転職

SIerはやめとけと言われてそう思っている人

SIerはヤバいと思う人「SIerはやめとけって皆いいます。大手企業が多くて給料も高いのに、SIerって入るとヤバイのでしょうか?」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いているのは、SIer歴14年の金融系エンジニア。他社さんとの付き合いも多く、長らくSI業界の動向を働きながらみてきました。

SIerは年収が低いという人もいますが、そんなことはないですよ。WEB系より平均で100万円ほど年収が高いのは統計で示されていますし、私の年収も約1,000万円はあります。

このようにSIerの真贋疑わしい情報もネットに溢れてますので、現場の意見を参考にして欲しいと思い、記事にしました。

【例外あり】こんなタイプの人はSIerに就職するのはやめておけ

プログラミングしたいなら、SIerはやめとけ

ひと昔前は残業地獄だったSIer。しかし今の大手SIerは、どこもホワイト企業です。それでも「やめとけ」となるのは、適性がない場合です。

こんな人はやめとけ

[SIer就職] 3種類の「やめとけ」

  • プログラミングしたいなら、SIerはやめとけ
  • 考えるより先に手を動かしたいなら、SIerはやめとけ
  • 優秀なサラリーマンに憧れないなら、SIerはやめとけ

プログラミングしたいなら、SIerはやめとけ

SIerに就職するとプログラミングするような仕事はほとんどありません。

新人時代は多少プログラミングするのですが、これはユニクロ社員が店頭で研修するのと同じで、業務を理解するためであって本来の目的ではありません。

しいていえば、プログラミングをする人たちが働きやすいように環境を整えるのが、SIer社員の一つの重要なお仕事ですね。

考えるより先に手を動かしたいなら、SIerはやめとけ

SIerの仕事は「計画」や「設計」が命です。実際に物づくりをするのは、海外だったりと自分の手を動かして進めるわけではないからです。

大規模だと100人・200人分の仕事の計画とかを立てますから、とても自分だけではできませんね。

私の経験ですけど、学生時代は情報系でJavaとかCとか適当にコーディングしてコンパイルエラー→修正みたいなことを繰り返していました。

私のようにトライアンドエラーで仕事を進める癖がついていると、SIerでは苦労します。

優秀なサラリーマンに憧れないなら、SIerはやめとけ

SIerで身に付くスキルは、技術ではなくマネジメント系のスキルばかりです。

例えば、スケジュール管理、品質管理、メンバーの管理、関係者との合意形成などですね。

大規模なプロジェクトほど管理が難しいため、大きなプロジェクトをこなしているうちに課長→部長と昇進していくイメージですね。

ドラマなどに登場するデキる部長や会社役員になるために必要なスキルを学びたいなら、SIerで働くのは良い選択肢になります。確かに大変ですけど、「なりたい自分」と仕事内容がリンクしていれば頑張れますからね。

【例外の話】SIerは変革のときだから、原則通りではない

SIerは変革のときだから、原則通りではない

逆のことを言ってすみません、プログラミングしたい人がSIerに入っても良い場合もあります。何故なら、今SIerは変革のときだからです。

これまでのSIerはプログラミングはしない、計画第一、優秀なマネージャを目指せ!という世界でしたが、今後は個々のSIerによってはこうした状況が変わってくるかもしれません。

何より仕事の本質を考えるべき

WEB系であれSIerであれ他のITや研究職であれ、仕事の本質的な意義とは、価値のあるアウトプットを出すことなんですよね。

ですからSIerに就職しても、プログラミングをして、会社なり社会に貢献できればOKです。

自分のしたい事を通すには、課長や部長にしっかりと説明しなくてはなりません。プログラミング プレゼン能力、またはプログラミング 合意形成能力といった掛け算で仕事を進めていけば、SIerでもかなり柔軟にやりたいことができます。これをやらない人が多すぎます。

ただし能力といっても、若手のうちはやる気と情熱があればOKです。自分のやれる範囲でやりたいことをしっかり伝えられる人なら、あなたはSIerできっとうまくやっていけるでしょう!

結論:就職先はどんな社会人を目指すのかイメージを持って決めるべき

就職先はどんな社会人を目指すのかイメージを持って決めるべき

仕事の仕方はSIer/WEBに限らず業界によって違うのは当たり前ですから、自己分析をしっかりとして将来の方向性を定めることをお勧めします。

唯一の正解はありません

  • プログラミングできれば幸せ→WEB系へどうぞ
  • 大きなシステムを作りたい→SIerへどうぞ

また、どんな仕事に就いてもミスマッチはつきもの。私も実際に働いてみて、適性がなく苦しんだ経験があります。

仕事が合わないと思ったら、努力して克服するのか、転職して新しいスタートを切るのか、自分の道筋を立てると良いでしょう。

同じミスを繰り返さなければ、やり直してもOK

  • 思ったより管理だけする仕事はつまらない。自分でサービスを作りたい
    →WEB系へ転職
  • もっと大きなシステムを作りたくなった
    →SIerへ転職

キャリアは一本道ではありません。上手く行かない時でも、やれること・やり直せることは必ずありますので絶望は不要です。

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。