【Linux】/dev/nullをエンジニアが使う2つの目的

Linux シェル/bash

/dev/nullについて調べる人

/dev/nullについて調べる人
「/dev/nullについて調べています。特殊なファイルみたいですけど、これは何ですか?また、/dev/nullはどんな時に何の目的で使うのでしょうか?例を示しながら、わかりやすく教えてください。」

こんな悩みを解決します。

この記事を書いている私はIT業界歴12年、うちサーバエンジニア歴6年、年収1,000万円ちょっとの金融系エンジニアです。IRIXやSolarisなどのUnixやmac、Linuxなど様々なUNIX系環境を扱ってきました。

これまでの経験を踏まえ、コマンドの解説に留まらず実務視点で利用方法を記事にしました。お役にたちましたら幸いです。

本記事ではLinux/Macの環境を前提にしています

本記事では、LinuxまたはMac環境を前提にしています。それ以外のUNIX環境では一部の動作が異なることがあります。

本記事の内容

/dev/nullとは

/dev/nullはLinuxにおいて特別なファイルです。/dev/nullとは何か、以下Wikipediaより引用します。

/dev/null(nullデバイスとも呼ばれる)は、UNIXやUnix系オペレーティングシステム (OS) におけるスペシャルファイルの1つで、そこに書き込まれたデータを全て捨て(writeシステムコールは成功する)、読み出してもどんなプロセスに対してもデータを返さない(EOFを返す)。DOSやWindowsではこれとほぼ同等な機能を提供するNULデバイスがある。

/dev/nullを実機で確認

まずはスペシャルファイルである/dev/nullに対して、lsコマンドとmvコマンドを試します。

lsで属性を確認すると先頭にcが付いています。cはスペシャルファイルを示し、デバイスファイルには基本的にcが付きます。また、mvでファイルを移動することはできません。

/dev/nullの使用例

/dev/nullはゴミ箱に例える人もいますが、強いて言えばブラックホールのようなイメージで、なんでも吸い込んで「無」にしてしまいます。

例1:標準出力の抑止

echoした"Hello"の文字は/dev/nullに渡されると、何もどこにも出力しません。

例2:標準エラー出力の抑止

標準エラー出力(2>)を渡した場合も同様に、エラーメッセージがどこにも出力されません。

/dev/nullを使う目的①
不要なメッセージ出力を抑止したい

ここからエンジニアが実務で/dev/nullを使う目的について解説します。

まず、例1,2に示したように標準出力/標準エラー出力を抑止する目的で使います。大量に見る価値のないエラー文言が出力される場合、特にリターンコードだけを確認すれば済むようなケースには有用です。また、膨大なメッセージ出力によってI/O負荷がかかる場合にも有用です。

このように、一時的にメッセージ抑止したい場合のテクニックとして使われます。

/dev/nullを使う目的②
ファイルの中身を強制的に空にしたい

ファイルの中身を強制的に空にする場合にも/dev/nullは使われます。

もしくは、次のように記述することもできます。

いずれの方法でもファイルの内容を強制的に空に置き換えることができます(=★ファイルサイズが0バイトになっている)。

おわりに

今回は以上です。大きく2点、(1)/dev/nullとは何か、(2)エンジニアが/dev/nullを使う目的について解説しました。/dev/nullについての理解の一助になりましたら幸いです。