CUIとGUIの違い・特徴について解説します【初心者向け】

用語解説

GUIとCUIについて調べる人
「GUIとCUIって何のことでしょうか?WindowsでもMacでもスマホでもグラフィックがあるのが当たり前。CUIって昔のパソコン画面のことでしょうか?いまだに使われていますか?」

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

この記事を書いている私はIT業界歴12年、年収1,000万円ちょっとの金融系ITエンジニアです。

業務ではWordやExcelなどGUIを前提とするアプリケーションを使いつつ、プログラムの開発やログ調査、サーバメンテナンスではCUIも扱っています。

業務経験から、GUIとCUIの特徴の違いや実務上の使い分けなどを解説したいと思います。何でCUIなんてまだあるの?といった疑問を感じている方の参考になりますと幸いです。

GUI(Graphical User Interface)とは

GUI(Graphical User Interface)とは、グラフィカルなデザインを用いたパソコン操作画面のことです。

WindowsやMac、スマホもこれに該当します。直感的にわかりやすく、人間がコンピュータを操作する上で非常に便利です。

GUIの例
GUI

CUI(Character User Interface)とは

CUI(Character User Interface)とは、画像やアイコンが無く、無い文字だけでコンピュータを操作する画面のことです。直感的とは言い難いですが、操作性が非常にシンプルなのが特徴です。

その歴史は古く、初期のコンピュータはCUIしかありませんでした。「コマンドライン」と呼ばれる、入力待ちの行にコマンドを打ち込んでコンピュータを操作します。

今では誰しもがGUIの使いやすさに慣れているため、利用機会ははるかに少なくなっています。しかし、CUIは、エンジニアを始めとする高度なユーザにとって、オペレーティングシステムの機能をより包括的に制御できるため、依然としてGUIよりも優れています。

CUIの例
CUI

GUIとCUIの違い

GUIとCUIの違い

一見するとGUIの方が使い勝手が良さそうですが、未だにCUIが使われている理由を解説します。簡単にポイントをまとめます。

  • GUIは誰にでも使いやすい
  • CUIはエンジニアが使うとメリットがある

開発系のITエンジニアにとってはCUIが基本

ITエンジニアはコンピュータのプロですから、直感的で誰でも使いやすい事よりも仕事の生産性が高いか、安定性が高いかといった観点の方が重要です。

GUIはグラフィカルな分だけ機能が複雑で、デザインも含めて開発しなくてはならないので大変です。一方でCUIはシンプルな分だけ開発量もおさえられ、動作も安定します。

CUIで実現可能な機能はCUIで済ませた方が良いのです。作った機能をエンジニア以外の人にも使って欲しいとか、テキストだけではわかりにくい時にGUIでの開発を行います。

サーバ保守を行うITエンジニアにとってもCUIが基本

サーバのログを解析したり、操作を行うITエンジニアにとってもCUIでの操作が基本です。ただし保守担当者にとっては、わかりやすさも重要。

ですから今までCUIベースだった操作をWEB化するなど、GUIで操作する事が多くなってきています。

使い分けが重要ですね。
GUI

GUIとCUIの特徴の違い

インターフェース 直感的なわかりやすさ 自動化のしやすさ 開発の容易さ
GUI × ×
CUI ×

こうした特徴の違いから、顧客の操作する画面などGUIが必要な機能の開発を行うエンジニアをフロントエンジニア、画面開発が不要で主にCUIで機能を提供するエンジニアをバックエンジニアと呼びます。

CUIをマスターするには?

CUIならほぼLinux一択です

CUIをマスターするならLinuxを使いましょう

UnixやLinux、古くはメインフレーム(ホストコンピュータ)やMS-DOSなど様々なCUIベースのOSがありますが、現在ではCUI操作ならほぼLinux一択と思ってOKです。

Linuxの操作方法(コマンド)はLinux OS以外でも広く用いられており、MacやWindows、Chromium OSなどほとんどのOSでLinux系のコマンドを使う事ができます。ですから、現在ではLinux=CUIくらいに思っておいても問題ないです。

Linuxに興味のある方は、こちらの記事も合わせて参考にしてください。

GUIからCUIに接続して操作するのが一般的

GUIからCUIを操作するのが一般的

現代ではCUIだけのコンピュータを直接扱う機会は少ないでしょう。多くの場合はWindowsやMacなどのパソコンからCUIベースのLinuxにリモート接続して使います。

サーバやネットワーク機器のメンテナンスを行うエンジニアであれば、サーバに直接ノートパソコンを接続して、Linuxに接続することもあります。

今回は以上です。GUIとCUIについて解説してみました。CUIは古くからありますがシンプルで今後も将来性が高いインターフェースで、GUIはCUIをラッピングしてグラフィカルに見せているにすぎません。

もしコンピュータについて学習している方、またはエンジニアを目指している方であれば、LinuxなどでCUIを操作してみることをお勧めします。将来にわたって役に立つと思います。