プログラミングの勉強は何から?今すぐプログラミングを始めよう

プログラミング

プログラミング言語の学習について悩む人

プログラミング言語の学習について悩む人
「プログラミングを勉強したいですが何から始めればいいでしょう?プログラミング言語はたくさんあるし、難しそうです。何から始めたらいいでしょうか。」

こんな悩みに回答します。

本記事の内容

  • ①習得に必要な物
       パソコンだけでOKです
  • ②学習方法
       独学でも習得できます
  • ③習得する言語
       pythonがオススメです
  • ④すぐプログラミング学習をはじめよう
  • ⑤学習に必要なのはトライアンドエラー

①学習に必要なものはパソコンだけです

学習に必要なものはパソコンだけです

プログラミングの学習はパソコン1つあれば無料ですぐに始められます。

私がプログラミングを始めた頃、プログラミング言語は有料でしたし、学習には書籍を購入する必要がありました。しかし今はパソコンとネットがあればOKです。

②独学でも習得できます

独学でも習得できます

プログラミングは専門学校やプログラミングスクール、大学などの教育機関で学習することができますが、2020年度からは小学校でプログラミングが必修化します。

小学校で習うくらいですから、プログラミングは独学でも十分習得できます。

また、実施に自分でプログラミングをして動くものができると、次はここを改善しようとか、今度はこうしてみようとか、プログラミングが面白くなってきてワクワクしてきます。

学校だとついやらされている感じになってしまうので、独学で習得するのがオススメです。

ただし、挫折を防止したい方はプログラミングスクールに行きましょう。メンターがあなたのモチベーションを管理をしてくれます。

③初心者ならpythonがオススメです

初心者ならpythonがオススメです

プログラミングはどの言語を選択すればよいでしょうか。ポイントは次の3つです。

  • わかりやすくシンプルで癖がない言語
  • 使っている人が多く、これからも使われ続ける言語
  • 学習教材の多い言語

これらの条件を満たす言語のうち、オススメは今最も人気のある言語の一つであるpythonです。シンプルでパワフルな言語であるうえ、AIの開発にも使われています。

  • pythonはシンプルで初心者にやさしい
  • pythonはパワフルだからずっと使える
  • AIの開発にも使われている

④今すぐプログラミングをはじめよう

今すぐプログラミングをはじめよう

まずはお手軽に動かしてみましょう。paiza.ioやProgateなどのWEBサービスを使えば、すぐにpythonを動かすことができます。

Webで学習教材を使ってpythonを動かせるProgate

Progateの無料講座(レッスンI)は教材に沿ってWEBでpythonを動かしながら学習でき、初心者にオススメです。

Progateならpythonのほか、Java,Linuxシェル,GO,JavaScriptt,git,HTML,CSSなどメニューが豊富にありますので、pythonの無料講座をやりきったら他の言語や技術を無料講座で習得するのも良いです。

paiza.io 

paiza.io

pythonをパソコンにインストールして使う

pythonでのプログラミングを続けたいなら、パソコンにpythonをインストールしましょう。

pythonは無料で利用することができます。

pythonのインストール(Windowsの場合)

Windowsの場合、以下からpython3をダウンロードします(pythonにはバージョン2とバージョン3がありますがバージョン3を選択してください)
https://www.python.org/downloads/windows/

pythonのインストール(Macの場合)

Macもpythonのバージョン3を選択してください。
https://www.python.jp/install/macos/index.html

pythonのインストール(Linuxの場合)

Linuxの場合、以下からお使いのディストリビューションを選び、インストールしてください。
https://www.python.jp/install/install.html

まずは見よう見まねとトライアンドエラーでOKです。

⑤【挫折禁止】プログラミング学習を継続に必要なのはトライアンドエラー

【挫折禁止】プログラミング学習を継続に必要なのはトライアンドエラー

プログラミング学習に必要なのは、新しい構文や関数を少しずつ試して行くこと。実際に手を動かし続けることが大切です。本を読んで覚えるより、実際にコードを書いてみましょう。

最初は学習教材の通りにコーディングをしてみるのが効率的ですが、楽しさ重視なら実際に作りたい物を決めて作ってみましょう。

英語と同じで、ボキャブラリが少なく使える道具が少なくても、知っている物を駆使したり使いたい機能を調べならがら、意外と作りたいものが作れてしまいます。

挫折しない小さいプログラムを作ろう

ゲームなどの大きなプログラムを作ろうとすると挫折します。ポイントは小さいプログラムで1週間くらいで作れる物が良いと思います。

プログラミングで挫折しないコツは自由な発想で、好きなものを好きなだけ作ってみるのが良いです。もし飽きたらまた別のプログラムを作り始めたり、Go言語やScalaなど他の言語を触ってみるのもいいと思います。

今回は以上です。お役に立ちましたら幸いです。

こちらの記事も参考になります


 

《ながら読書に最適》 本の朗読サービスAmazon audibleは30日間だけ無料で使えます


人気記事SI系とWeb系の違いをまとめてみる【SIer加筆版】

人気記事【就活】インターネット関連企業ランキング【就職・転職をサポート】