Amazon Kindle本 SALE会場

プログラミング学習に最適なOSは? 【Windows/Mac/Linux】

プログラミング

どのOSを使うか悩む人
「これからプログラミング学習を始めようと思います。プログラミングをするのに最適なOSはなんでしょうか?
出来れば、プログラミングするためのPC環境のセットアップも誰かにやってほしいなぁ・・・」

こんな悩みに答えます。

この記事を書いた私は、金融業界でアプリケーションエンジニアとして年収1,000万円ちょっと稼いでいます。これまでのキャリアは、
 ・大学では情報学科、大学院ではコンピュータサイエンスを専攻
 ・就職してIT業界に13年間従事

高校生の頃から約20年間、C/C++,Java,Cobol,SML,Ocamlなど様々なプログラミング言語を扱ってきました。

これまでのプログラミング経験・業務経験を踏まえ、これからプログラミング学習を始める人に向けてプログラミングに最適なOSとは何か解説します。

本記事の内容

  • 1.プログラムコードはOSに依存しなくなった。
  • 2.プログラミングがOSに依存しないから、どのOSを選択してもOK!
  • 3.OSごとの特徴や細かい違いを解説

それでは順に解説していきます。

1.プログラムコードはOSに依存しなくなった。

私が初めてプログラミングを始めたころ、C言語を使っていました。C言語は古い言語で、プログラムが動くOSごとの違いを吸収できません。
Windowsのプログラムを作るならWindowsでプログラミングし、Macのプログラムを作るならMacでプログラミングする必要がありました。

OSに依存しないJavaとHTML

その後1995年ごろにJavaという言語がリリースされて以来、プログラミング言語はOSごとの違いを吸収し、OSには依存しないのが一般的になりました。

最も身近な例がWEBサイトです。YahooやGoogleやこのブログもWEBサイトはみなHTMLというスクリプト言語(プログラミング言語の一種)で書かれています。

HTMLはWindowsでもMacでもLinuxでも動く仕組みになっています。それはコードを読むのがOSではなくブラウザだからです。

OSと直接会話せず間にブラウザを介することで、OSに依存せずOS共通のコードを書くことができるようになったのです。

今後プログラミング学習をする方は、あえてC言語のような古い言語を選択しない限り、OSを意識する必要はありません。

2.プログラミングがOSに依存しないから、
どのOSを選択してもOK!

OSを意識する必要はないので、WindowsでもMacでもLinuxでも好きな環境でプログラミングすればOKです。

どのOSを選んでも、多くの言語ではそのOS用のプログラミング環境が提供されています。

普段使い慣れているOSを選択するのが一番良いです。

Windowsを使っている人がプログラミングをするために無理にMacに変える必要はないと思います。
※ただし、iPhoneやiPadなどのiOSのアプリケーションを作りたい場合はMac推奨です

3.OSごとの特徴や細かい違いを解説

  • Windowsでプログラミングする
  • Macでプログラミングする
  • Linuxでプログラミングする
  • おすすめのプログラミング環境

順に解説していきます。

Windowsでプログラミングする

Windowsでプログラミングをするメリットは情報量とアプリケーションの多さです。

特に初心者はWindowsでプログラミングを始めることが多いため、初心者向けの情報が最も多いのもWindowsでプログラミングを始めるメリットです。

自宅にWindows PCがあるなら、迷わずそのWindows PCでプログラミングを始めましょう!

Macでプログラミングする

Macでプログラミングをする最も大きなメリットは、前述のようにiPhoneやiPadなどのiOS向けの開発環境が充実していること。

Apple社が公式にサポートしている開発環境のため、iOS用のアプリケーションを作る目的でプログラミングをするなら、ほぼMac一択です。

また、Macにはエンジニア向けの機能がOS標準の機能として提供されています。

例えば、「ターミナル」というLinuxとほぼ同じ操作ができる標準機能があり、プログラムコードからプログラムを生成(コンパイル)したり、定期的な操作をするのに便利です。

少しわかりにくいかもしれませんが、Macの良さは、製品のコンセプトにあります。

エンジニア向けの機能がシンプルかつパワフルに提供されていて、エンジニアにとって美しく快適なのです。

いるため、将来エンジニアを目指す人ならMacを選択した方が長く気持ちよく使い続けられると思います。

Linuxでプログラミングする

Linuxでプログラミングするメリットは、正直あまりないと思います。

企業でもプログラミング環境はWindowsかMacが一般的で、Linuxに入ってプログラミングすることは稀だと思います。

私も大学の頃はLinux上でemacsを使ってプログラミングをしていましたが、就職して以来一度もそのようなことはしていません。

確かにプログラムをLinuxで動かすことはあるのですが、最初に述べたように今時プログラムはどのOSでも動きますから、

Linuxでプログラムを動かす場合でもWindowsやMacでプログラミングするのが一般的だと思います。

Linux環境に慣れている場合やLinuxの勉強したいといった理由がない限り、Linuxでプログラミングをする必要はないでしょう。

おすすめのプログラミング環境は

個人的にオススメなプログラミング環境はMac Bookです。OS標準でかなり環境が充実しており、シンプルかつパワフルです。

Macなら、買ってからあれこれプログラミング用のソフトをインストールする煩雑な作業を極力少なくできます。

ただし、既にPCをお持ちの方はわざわざ新しいPCを購入する必要はないと思います。ご参考程度に考えてください。

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

こちらの記事も参考になります

 

《ながら読書に最適》 本の朗読サービスAmazon audibleは30日間だけ無料で使えます


人気記事フリーランス|独立に失敗したらどうなるか不安…不安を解消するには?

人気記事【就活】インターネット関連企業ランキング【就職・転職をサポート】