流通業界 企業ランキング2020【売上・年収・社員評価】

業界ランキング 社会

この記事は、流通業界への転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、流通業界の企業一覧をランキング形式で紹介します。

本記事の内容

流通業界の特徴

流通業界の特徴

流通業界は、一般消費者向けの商品を扱うスーパや100均、ショッピングモール、デパートなど街にあるお店の総称です。我々の生活に最も身近な業界の一つとも言えます。

販売員は身近な仕事だが将来性に乏しい

私たちの生活に最も身近な職業といえば、スーパーなどの販売員です。しかし若くしてこれから就職する方が、対面販売員を目指すのはオススメできません

[対面販売員の将来性が低い3つの理由]

  • そもそも給料水準が低い
  • アマゾンや楽天のようなEコマースに仕事が代替されやすい
  • 今後新たな付加価値を創造しにくい

これまでも年々対面販売からネット販売にシェアが移行しており、新型コロナの問題もあってさらにネットはシェアを伸ばす見込みです。

また対面販売で行う仕事は単純作業が多くなってしまう結果、付加価値をつけるのが困難なため、一般に給与水準が低くなりがちです。

就職してしばらくは販売員の仕事でも現場の業務を理解するための良い経験になると思いますが、将来は別の職種を目指した方が良いです。

流通業界において将来性の高い仕事とは

流通業界において将来性の高く、今後も付加価値を創造しやすい職種を3つ挙げて解説します。

[流通業界で十分食べていける付加価値の高い仕事の例]

  • 流通データの分析担当
  • オンラインサイトの企画担当
  • ショッピングモールの企画担当

流通データの分析担当

コンピュータの進歩とデジタル化によって、対面販売であっても仕事内容は全てデジタル化されました。例えばある商品が、いつどこで何歳くらいの人に売れたかといった一つ一つのデータは残り、企業に蓄えられています。

こうしたデータを分析すれば、商品開発や商品の陳列、季節ごとの商品の入れ替えなど様々なマーケティングに利用することができ、店舗の売上を最適化することができます。

チェーン店では、一つのお店の成功体験をこうしたデータによって他店舗に展開することができ、大変付加価値の高い業務といえます。

オンラインサイトの企画担当

スーパーやドラッグストアもネット販売するようになった現代では、オンラインサイトの企画担当は将来性の高い仕事の一つです。

Eコマースの市場規模は年々大きく成長していますし、流通業界において最も付加価値の高い業務の一つです。

ショッピングモールの企画担当

ビジネスにおいて規模は大変重要な要素です。

郊外の大規模なショッピングモールは日本中どこにでもありますが、大体同じ作りをしており、地域ごとの特製を加味して少しだけ味付けがされています。

ショッピングモールの企画担当者は、その経験と知識によって全国のショッピングモールの売上を左右する付加価値の高い仕事です。

流通業界 企業ランキング2020

流通業界 企業ランキング2020

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で流通業界の企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。
特に日本企業は年功序列の傾向があるため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がることが一般的なため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

流通業界企業の安定性ランキング

  1. イオン86042.1億円 (–)
  2. セブン&アイ・ホールディングス66443.6億円 (–)
  3. ファーストリテイリング22905.5億円 (56523人)
  4. ヤマダ電機16005.8億円 (18853人)
  5. 三越伊勢丹ホールディングス11968億円 (13211人)
  6. ユニーグループ・ホールディングス10387.3億円 (8993人)
  7. エイチ・ツー・オーリテイリング9268.72億円 (8793人)
  8. 高島屋9190.94億円 (–)
  9. ビックカメラ8940.21億円 (8742人)
  10. ウエルシアホールディングス8682.8億円 (–)
  11. ツルハホールディングス7824.47億円 (8834人)
  12. イズミ7443.48億円 (–)
  13. ローソン7302.36億円 (–)
  14. エディオン7186.38億円 (8761人)
  15. ライフコーポレーション7146.83億円 (–)
  16. ケーズホールディングス6891.25億円 (6599人)
  17. ニトリホールディングス6422.73億円 (–)
  18. コスモス薬品6111.37億円 (4240人)
  19. ゼンショーホールディングス6076.79億円 (12521人)
  20. サンドラッグ5880.69億円 (4984人)
  21. マツモトキヨシホールディングス5759.91億円 (6431人)
  22. マックスバリュ西日本5429.89億円 (–)
  23. スギホールディングス5419.64億円 (–)
  24. しまむら5228.94億円 (–)
  25. アークス5192.18億円 (–)
  26. ファミリーマート5170.6億円 (13955人)
  27. ノジマ5130.57億円 (7235人)
  28. J.フロントリテイリング4806.21億円 (6579人)
  29. ATグループ4495.22億円 (6517人)
  30. 良品計画4387.12億円 (–)
  31. DCMホールディングス4373.71億円 (–)
  32. ヤオコー4350.84億円 (3453人)
  33. 平和堂4336.41億円 (–)
  34. スギ薬局4148.85億円 (4474人)
  35. 上新電機4038.32億円 (3876人)
  36. ココカラファイン4005.59億円 (6277人)
  37. アスクル3874.7億円 (3477人)
  38. コーナン商事3746.43億円 (–)
  39. コメリ3468.62億円 (4646人)
  40. フジ3134.63億円 (–)
  41. 神戸物産2996.16億円 (2147人)
  42. ゲオホールディングス2925.6億円 (4390人)
  43. クリエイトSDホールディングス2862.99億円 (3468人)
  44. 近鉄百貨店2834.66億円 (–)
  45. 日本マクドナルドホールディングス2817.63億円 (2085人)
  46. エービーシー・マート2723.61億円 (–)
  47. オークワ2653.98億円 (–)
  48. カワチ薬品2649.26億円 (2553人)
  49. 丸井グループ2514.15億円 (5326人)
  50. アクシアルリテイリング2353.47億円 (2510人)
  51. 吉野家ホールディングス2162.01億円 (–)
  52. サーラコーポレーション2138.1億円 (4037人)
  53. パルコ899.69億円 (2208人)
  54. 千趣会891.5億円 (1424人)
  55. リンガーハット472.79億円 (–)
  56. オーエムツーネットワーク299.62億円 (–)
  57. フェリシモ286.07億円 (–)

流通業界社員の平均年収

  1. クリエイトSDホールディングス1117.3万円 (51.0歳)
  2. ファーストリテイリング900.4万円 (38.3歳)
  3. エイチ・ツー・オーリテイリング858.2万円 (46.3歳)
  4. 三越伊勢丹ホールディングス830.8万円 (46.5歳)
  5. アクシアルリテイリング821.4万円 (55.6歳)
  6. ATグループ782.3万円 (47.5歳)
  7. パルコ737.2万円 (43.0歳)
  8. マツモトキヨシホールディングス719.1万円 (45.6歳)
  9. サーラコーポレーション686.0万円 (41.3歳)
  10. アスクル672.6万円 (40.4歳)
  11. ユニーグループ・ホールディングス647.6万円 (51.3歳)
  12. スギ薬局645.9万円 (39.2歳)
  13. 丸井グループ640.8万円 (39.9歳)
  14. ココカラファイン626.5万円 (45.9歳)
  15. ゼンショーホールディングス610.0万円 (37.4歳)
  16. 千趣会589.8万円 (39.0歳)
  17. ヤオコー585.8万円 (38.6歳)
  18. 上新電機583.8万円 (42.8歳)
  19. ゲオホールディングス575.3万円 (41.6歳)
  20. ツルハホールディングス552.1万円 (44.3歳)
  21. カワチ薬品548.7万円 (34.6歳)
  22. サンドラッグ535.0万円 (33.8歳)
  23. エディオン520.5万円 (41.2歳)
  24. ケーズホールディングス505.5万円 (39.6歳)
  25. 神戸物産474.4万円 (38.6歳)
  26. ビックカメラ466.1万円 (34.2歳)
  27. ヤマダ電機443.5万円 (38.7歳)
  28. ノジマ436.7万円 (29.9歳)
  29. コメリ429.0万円 (37.0歳)
  30. コスモス薬品413.7万円 (29.3歳)

流通業界社員による自社評価

社員による自社評価

  1. パルコ4.06
  2. ファーストリテイリング3.71
  3. ケーズホールディングス3.58
  4. ニトリホールディングス3.57
  5. 日本マクドナルドホールディングス3.55
  6. 丸井グループ3.44
  7. ニトリ3.42
  8. アクシアルリテイリング3.41
  9. 日本マクドナルド3.39
  10. 良品計画3.38
  11. イズミ3.36
  12. イオン3.34
  13. コスモス薬品3.34
  14. リンガーハットジャパン3.30
  15. サーラコーポレーション3.27
  16. 三越伊勢丹ホールディングス3.18
  17. ノジマ3.18
  18. ウエルシアホールディングス3.16
  19. マツモトキヨシ3.16
  20. 吉野家3.16
  21. 上新電機3.16
  22. 千趣会3.16
  23. 三越伊勢丹3.14
  24. ドン・キホーテ3.12
  25. オークワ3.09
  26. フェリシモ3.09
  27. 高島屋3.07
  28. ホームセンターバロー3.06
  29. しまむら3.05
  30. アスクル3.05
  31. ローソン3.05
  32. アークス3.03
  33. DCMホールディングス3.02
  34. ビックカメラ3.01
  35. 吉野家ホールディングス2.99
  36. J.フロント-リテイリング2.99
  37. ヤオコー2.98
  38. ツルハホールディングス2.98
  39. アイン2.96
  40. ココカラファイン2.95
  41. ATグループ2.94
  42. マツモトキヨシホールディングス2.93
  43. イオントップバリュ2.92
  44. セブン&アイ・ホールディングス2.92
  45. エイチ・ツー・オー-リテイリング2.90
  46. ウエルシア薬局2.88
  47. ゼンショーホールディングス2.86
  48. マックスバリュ西日本2.85
  49. 神戸物産2.85
  50. エービーシー・マート2.85
  51. クリエイトSDホールディングス2.84
  52. スギ薬局2.84
  53. 平和堂2.83
  54. ファミリーマート2.81
  55. エディオン2.80
  56. スギホールディングス2.78
  57. すき家2.76
  58. 近鉄百貨店2.75
  59. ツルハ2.73
  60. ライフコーポレーション2.73
  61. コーナン商事2.73
  62. リンガーハット2.72
  63. コメリ2.71
  64. セブン&アイ・フードシステムズ2.70
  65. フジ2.69
  66. ゲオアセット2.69
  67. バロー2.68
  68. ゲオホールディングス2.68
  69. カワチ薬品2.65
  70. サンドラッグ2.63
  71. ヤマダ電機2.58
  72. ローソンストア1002.45

業界研究 企業ランキング

食品商社ランキング
 専門商社
 半導体商社
 半導体製造装置メーカー
 半導体素材メーカー
 食品商社
 食品業界

工業ランキング
 IT業界(SIer/WEB系)
 自動車部品メーカー
 工作機械業界
 広告代理店
 流通業界
 宇宙開発企業
 サイバーセキュリティ会社
 電力業界
 スポーツクラブ
 eスポーツ企業
 アニメ会社
 ゼネコン
 医療機器メーカー
 産業用ロボットメーカー
 ドローンメーカー
 化学メーカー
 人材業界

今回は以上です。