スポーツクラブランキング2020【売上・年収・社員評価】

業界ランキング 転職

スポーツクラブ業界のまとめ記事です、スポーツクラブへの就職・転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、スポーツクラブの企業一覧をランキング形式で紹介します。

本記事の内容

スポーツクラブへの就職・転職

スポーツクラブの特徴

健康維持・増進に対する関心の高まり、在宅ワークによる運動不足などを背景に、スポーツクラブ業界は右肩上がりに成長しています。

また、顧客となるのは社会人だけでなく、キッズやシニアにも市場が拡大しています。

短期は新型コロナの影響が甚大

新型コロナの影響により、スポーツクラブは6月までの間、2ヶ月以上も営業できない状態が続きました。

新型コロナの問題に限らず、スポーツクラブでは今後も引き続き感染症対策が必要になると考えられます。

健康志向はブームではなく、揺るぎないトレンドです

一方で新型コロナによる自粛中も、ジムに行きたいという人が多くいました。人々の健康志向の高まりによって、スポーツクラブ需要は確かなものになっています。

今後は既存のフィットネス事業に加えて、キッズなどを中心としたスポーツ・スクール事業をいかに拡大できるかが、スポーツクラブ業界の各企業の成長の鍵となっています。

事務や企画担当だけでなく、トレーナーも正社員として働ける

上場会社の正社員というと、オフスワークの総合職・一般職というイメージがありますが、上場企業の中でもスポーツクラブではトレーナーも正社員として働けます。

顧客を惹きつける肉体とコミュニケーション能力が必須となりますので、専門の営業職という感じですね。顧客がトレーナーに支払う費用はかなり高額になるため、トレーナー社員は必然的に高いレベルを求められるでしょう。

身体を鍛えながら働くことができる

トレーナーの場合、自分の肉体が鍛えられていないと顧客からの信頼が得られません。そのため、就職後はジム使い放題というケースが多いようです。またこの特典はトレーナーだけでなく、社員であれば受けられる企業が多いようです。

働きながら身体を鍛えられるベストな環境があるため、スポーツクラブへの就職に魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

スポーツクラブ 企業ランキング2020

スポーツクラブ 企業ランキング2020

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点でスポーツクラブの企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。
特に日本企業は年功序列の傾向があるため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がることが一般的なため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

スポーツクラブ企業の安定性ランキング

  1. RIZAPグループ2225億円 (7640 人)
  2. セントラルスポーツ542.58億円 (1117 人)
  3. ルネサンス460.7億円 (1423 人)
  4. カーブスホールディングス280.36億円 (486 人)

スポーツクラブ社員の平均年収

  1. RIZAPグループ621.9 万円 (37.4 歳)
  2. セントラルスポーツ588.4 万円 (38.7 歳)
  3. ルネサンス512.8 万円 (35.9 歳)
  4. カーブスホールディングス512.0 万円 (37.0 歳)

スポーツクラブ社員による自社評価

社員による自社評価

  1. ルネサンス3.78
  2. カーブスジャパン3.42
  3. ティップネス3.30
  4. RIZAP3.25
  5. コナミスポーツ2.70
  6. セントラルスポーツ2.56

業界研究 企業ランキング

食品商社ランキング
 専門商社
 半導体商社
 半導体製造装置メーカー
 半導体素材メーカー
 食品商社
 食品業界

工業ランキング
 IT業界(SIer/WEB系)
 自動車部品メーカー
 工作機械業界
 広告代理店
 流通業界
 宇宙開発企業
 サイバーセキュリティ会社
 電力業界
 スポーツクラブ
 eスポーツ企業
 アニメ会社
 ゼネコン
 医療機器メーカー
 産業用ロボットメーカー
 ドローンメーカー
 化学メーカー
 人材業界

今回は以上です。