適切な目標設定方法と進捗管理方法について解説します

仕事術



混乱ぎみの社会人「毎日会社に行って普通に働いてるだけでも大変なのに、昇格のために会社からの評価を今より上げて、資格を取らないと会社に居場所がなくなっちゃいます。プライベートでは運動や食事についても見直してしっかりと健康管理しないと。身体を壊したら意味がありませんからね。やる事がたくさんあって、人生って無理ゲーですね。。。」

こんな悩みに答えます。

本記事の内容

  • 目標管理シートがおすすめできない理由
  • 目標設定を行う理由を考える
  • 目標設定方法
  • 進捗管理方法

この記事を書いている私は社会人歴12年の金融系エンジニアです。社内で達成すべき目標設定といえば、数年に一回ある昇格でして、これまで何とか全て突破した結果、現在の年収は1,000万円を超えました。

こうした社会人経験を踏まえ、毎日の仕事が忙しい社会人が仕事以外に資格取得、昇格、健康管理など色々ありすぎて人生「無理ゲー」と感じている状態から「達成可能なゲーム」に変えるための目標管理術について記事にしました。

【はじめに】目標管理シートやテンプレートに依存するのはおすすめできません

目標管理と目標達成にはコツがあります。きちんと目的を理解する事がポイントなのですが、そのプロセスを省いていきなりテンプレートをダウンロードして埋めて行く作業に入ると、思考停止状態に陥って意味や目的が薄い目標になってしまいます。

挫折する事なく目標を達成するためにも、本記事では目標設定と達成方法について解説します。目標管理シートやテンプレートを利用する場合は上記の点を気をつけて使用してください。

目標設定を行う理由


目標設定は、誘惑が多くて仕事がなかなか進まない人だけでなく、バリバリ仕事をこなしている人こそきめ細かく行うべきです。

【罠あり】仕事が忙しいのと「会社からの評価」や「成長」は別

忙しい人は、仕事をした「気」になってしまうという罠があります。

  • 残業で対応したり、毎日やらなくてはいけない仕事量が多い
  • トラブル対応などで、目先の仕事に振り回されることが多い

私も20代の頃、トラブル対応などで毎日遅くまで残業していましたが、きちんとした目標設定をしていませんでした。

周りもそんな感じで働いていて、社内の最重要プロジェクトをずっと担当していたのに、自分も含めたチームメンバーが会社から大した評価をされていないことに気がつきました。

そして自分自身も何となく仕事を通じて成長していた気になっていましたが、30代半ばに転職活動のために自己評価してみたときに初めて、自分が周りに比べて必要なスキルが積み上がっていないことに気がつきました。

「忙しい」ことと「会社から評価される」ことや「成長する」ことは全く別です。目標を明確にすることで、忙しさで自分を見失なうのを防ぎ、「会社から評価される」ことや「成長する」ことを目標に、日々の働き方を改善していくことができるのです。

目標設定することで、毎日やみくもに働くのではなく、「会社からの評価」や「成長」に繋がる働き方に改善してきましょう

目標設定の方法


目標は実現可能で意味のあるものに設定しなくてはなりません。具体的には以下の3つのルールがあります。

  • ルール①:なぜその目標を達成すべきかを明確にすること
  • ルール②:目標が具体的であること
  • ルール③:達成の期限が明確であること

目標設定のルール①:なぜなぜその目標を達成すべきかを明確にすること

例えば「資格取得」したい人にその理由を尋ねると、「昇格のために資格が必要」という事かもしれません。その場合は「昇格」を目標にしないと、資格取得はできたけど昇格できなかった、という事も起こり得ます。なぜその目標を設定するのか、なぜその目標を達成したいのか、よく考えて設定する必要があります。

目標設定のルール②:目標が具体的であること

例えばダイエットを目標にした場合、1キロ痩せたいのか、5キロ痩せたいのかで目標達成までの道のりが大きく変わってきます。また何キロ痩せるのか具体的にしておかないと、1キロ痩せたからまぁ成功、なんて風になぁなぁにして終わってしまう事はよくある事です。

目標設定のルール③:達成の期限が明確であること

人生は時間が限られています。ですから時間の際限なく、いつまでもダラダラと目標に向かって走り続けるのはやめましょう。期限内に目標達成できなかった場合には一旦リセット。原因分析し、問題点を克服した上で新たな目標を新たな期限で設定し直す方が良いです。

カメはウサギでなくゴールを真摯に目指し続けた – ライバルとの勝ち負けにこだわらない

目標はあくまで定量的な事柄に設定し、ライバルを作って目標とするのはやめましょう。ウサギとカメの寓話で、カメは決してウサギの足の速さや余裕満々の行動にとらわれることなく、ただひたすらにゴールを目指し続けたから最後はウサギに勝つことができました。相手にとらわれ、自分はなんて出来が悪いんだと妬むよりも、自分の目標とその道のりをしっかりと見据え、自分の道を歩む方が成果に繋がるのです。

進捗管理方法


目標を設定したら、それを達成するための努力を毎日少しずつ積み重ねていきましょう。挫折しないためのコツが2つあります。

  • コツ①:目標を短期的なゴールに細分化すること
  • コツ②:身近な人に宣言すること

目標達成のコツ①:目標を短期的なゴールに細分化すること

短期的なゴールに細分化する理由は至ってシンプルでして、次の2つです。

  • 理由1:目標達成までの「道のり」を見えるようにする
  • 理由2:目標達成までの「進捗」を見えるようにする

目標達成までの「道のり」を見えるようにする

大きな目標をたてた場合、何から手をつけていいのかわからなくなって途方に暮れてしまいます。

短期的なゴールの設定は、目標達成を現実的なプランに落とし込むために必要な作業です。

大きな目標=短期的なゴール1+短期的なゴール2+短期的なゴール3+・・・・

例えば新宿駅から大阪駅に行くという小さな目標をたてた場合でも、「いつまでに」「どうやって」行くか、様々なプランがあります。

  • 新幹線:新宿駅→東京駅→新大阪駅→大阪駅
  • 飛行機:新宿駅→品川駅→羽田空港→関西国際空港→大阪駅
  • 高速バス:新宿駅→バスタ新宿→大阪駅

この例では、まず最初に達成すべき短期的なゴールは、「東京駅」or「品川駅」or「バスタ新宿」への移動することです。

大きな目標を小さな目標の組み合わせにすることで、次にやるべきことが明確になり、「飛行機に乗るのに東京駅に向かってしまった」といった間違った行動を防ぐことができるのです。

目標達成までの「進捗」を見えるようにする

上の例の続きで、飛行機で大阪駅に行くとします。今品川にいるとすると、「品川駅に行く」「羽田空港に行く」「関西国際空港に行く」「大阪駅に行く」という4つの工程のうち、1つをクリアした事がわかります。ざっくりと進捗率は25%ですね。

ざっくりでもいいからこのように進捗率が見えるのは大切です。もし「ざっくりすぎる」と思ったら、小さな目標のたて方を見直せば良いのです。

さらに良いことに、「羽田空港に行く」というスケジュールには次元がありまして、13時の飛行機に乗るために11時30分には羽田空港についていないとマズイな、という事が判ります。この11時30分から逆引きすると、「品川駅に行く」時限が11時という事も判ります。

»ゴールの細分化は、乗り換えに例えるとイメージしやすい
  • 新宿駅に行く(期限:10時40分)
    ・・・進捗率12.5%
  • 品川駅に行く(期限:11時)
    ・・・進捗率25%
  • 羽田空港に行く(期限:11時30分)
    ・・・進捗率37.5%
  • 搭乗手続きを始める(期限:12時)
    ・・・進捗率50%
  • 搭乗待ちをする(期限:12時30分)
    ・・・進捗率62.6%
  • 関西国際空港に着く(期限:14時30分)
    ・・・進捗率75%
  • 関西空港駅に行く(期限:14時50分)
    ・・・進捗率87.5%
  • 大阪駅に行く(期限:16時10分)
    ・・・進捗率100%

もし上の項目と関係ないタスク、例えば移動中に会社から仕事の問い合わせや家族と連絡を取るのに忙しくても、これらの一つ一つの項目は必ず守らなくてはなりません。

「なんだ、当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、乗り換えならば当然できる事が目標設定となるとできてないのが現実ではないでしょうか。同じ要領で、小さな目標達成を積み重ねる事が大切ですね。

目標達成のコツ②:身近な人に宣言すること

一度設定した目標は、身近な人に達成を誓うと成功率がグッと上がります。人に伝えることで自分の中での目標意識が高まるうえ、信用を失わないように頑張るからです。

ですから信用を失いたくない人に話す方が効果は大きいです。資格取得や仕事上の目標は、上司に伝えておくとアドバイスも貰えて一石二鳥です。

今回は以上です。エンジニアの主な仕事はプロジェクトの管理でして、進捗管理は得意なはずなんですが、いざ自分の目標管理となると、長いことできてなかったなぁと反省します。

若いうちはがむしゃらに仕事をしている人も多いと思いますし、それを肯定して働け!みたいな論調も未だに本やネットで見受けられます。しかしきちんと目標設定した上で働かないと後悔することを身をもって感じています。

目標設定と達成をきちんと管理するようになってからは、仕事で忙しくても混乱したり不安定になる事がなくなりましたし、健康管理もできるようになりました。

新人の頃は少し尿酸値が高く、ギリギリ再検査に引っかからない感じでしたが、現在はとても健康でして、ここ数年は健康診断・人間ドックともにとても良い結果が出ています。

仕事ももっとできるようになりたいですが、健康が一番ですね。参考になりますと幸いです。