自動運転業界地図を分析・解説します

IT業界(SIer)

自動運転に興味のある人

自動運転に興味のある人
「自動運転に興味があります。トヨタ・ホンダのような自動車メーカーの他、どのようなプレイヤーがいるのでしょう?また、それぞれの企業がどのような立場で市場にコミットしているのでしょうか?また、わかりやすい業界地図はありますか?」

こんな疑問を解決します。

はじめに

この記事を書いている私のキャリアは以下の通りです。
・大学では情報学科、大学院ではコンピュータサイエンスを専攻
・就職してIT業界に12年間従事
  – インフラエンジニアとして6年のキャリア
  – アプリケーションエンジニアとしても6年のキャリア

大学時代からIT分野を選び、現在は金融業界でアプリケーションエンジニアとして年収1,000万円ちょっと稼いでいます。

自動運転業界は既存の自動車技術に加え、AIやセンサー、ライドシェアなどの関連サービスや行政に到るまで、プレイヤーは多岐に渡るためその全容を理解するのが難しい業界です。

自動運転業界地図

自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」は2018年7月17日、自動運転車の開発に携わる大手企業やスタートアップ企業、大学、自動運転関連企業に出資するファンドなどをまとめた「自動運転業界マップ」をリリースしました。以下にその業界地図を示します。


自動運転業界マップ
出典:自動運転ラボ

自動運転業界という新しいマーケットに対して、プレイヤーがわかりやすく整理されており、大変勉強になりました。本記事ではこの業界地図を踏み込んで分析してみたいと思います。

自動運転業界 国別プレイヤー分析

業界地図をもとに、国別にプレイヤーを集計してみました。米国をはじめとする海外勢よりも日本企業の方が多いのは、国内向けに情報バイアスがかかっているからでしょう。

この業界地図は、就職活動などで国内の企業にフォーカスして業界分析する上では非常に役に立ちますが、海外勢も含めたグローバルでフェアに業界全体について調べたい場合には、この業界地図の情報だけとは別の情報源も参照するなどの配慮が必要です。

赤塗りつぶしは、ベンチャー企業

国名 業界関連
企業・大学数
日本 64社 トヨタ、ホンダ、Softbankグループ、notteconearMeAzit、未来創生ファンド、ITD LabZMP先進モビリティアセントロボティクスティアフォーAZAPAALBERTWHITE MOTIONオプティマインドなど
アメリカ 31社 google, nvidia,Drive.ai,Argo AI,Faraday Future, Local Motorsなど
中国 13社 百度,アリババ,FMC,NIO,第一汽車,東風汽車,上海汽車 など
ドイツ 10社 メルセデス,BMW,BOSCH,ZFなど
フランス 5社 ルノー,Valeo,NAVYA, EasyMileなど
シンガポール 3社 Grab、Nanyang Technological University(NTU)
韓国 3社 現代,LGなど
イタリア 2社 FIAT,JAGUAR
オランダ 2社 here,TomTom
インド 2社 TATA,OLA
イギリス 1社 ケンブリッジ大学
スウェーデン 1社 VOLVO
イスラエル 1社 Mobileye
カナダ 1社 MAGNA

日本国内に自動運転関連のベンチャー企業が乱立

私自身、これほど多くの自動運転関連のベンチャー企業がすでに国内に存在しているとは知りませんでした。大手企業を志望するよりも、こうしたベンチャー企業を目指して就職活動をするのも非常に面白いと思います。会社のルールを勉強していくと言うよりも、一緒に会社を作り上げていくという経験が可能でしょう。

トヨタ自動車とソフトバンクの合弁会社など新しい動きにも注目

この業界地図には、トヨタ自動車とソフトバンクグループが共同出資したモネ・テクノロジーズ(Monet Technologies)が載っていません。会社設立がこの業界地図の発表後だったためです。このように自動運転業界は、新しい動きにも注目です。

自動運転業界を国別・個別企業として見るよりも、アライアンスを見極めるべき

既存の自動車業界においてもルノー・日産・三菱の3社が共通規格の部品を製造するなど、アライアンスを理解することは業界の構造を理解する上で大変重要です。

今回、業界地図をもとに国別に企業を整理しましたが、これら多種多様な企業がどのような協力関係にあるのかを分析していく必要があります。今回の業界地図からは読み取る事ができなかったので、今後のバージョンアップに期待しましょう。新しい業界地図が出た際には、本記事も更新したいと思います。

今回は以上です。自動運転業界について調査されている方に少しでも参考になりましたら幸いです。

今、ITエンジニアは前例のない売り手市場です

ITエンジニアは前例のない売り手市場、転職なら今

現在のエンジニアの求人数と求人倍率をご存知ですか?

直近(※)のIT業界全体の求人倍率は7.85倍です。

つまり 企業が8回 IT人材の求人を出しても、 1人しかエントリーがない 状況です。

エンジニア側が企業を選ぶ なら、今がチャンスです。

※転職サイトdodaが毎月発表している転職求人倍率。
 2019年12月9日発表/集計対象期間は2019年11月1日〜30日

詳しくはこちら


人気記事【今年の抱負】退職しオープン&フリー&シンプルに生きていく【失敗しない働き方改革の本質】