【python】listへの追加【要素やリストの結合を解説します】

python

pythonでlistに追加する方法を調べる人

pythonでlistに要素を追加する方法を調べる人
「pythonでlistに要素を追加したいのですが、どのように記述すればいいでしょう。また要素だけではなく、listに別のlistを結合する方法も知りたいです。具体的な例として、コピペできるソースコードも欲しいです。」

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

  • 1.(おさらい)listの簡単な説明
  • 2.listに要素を追加する
  • 3.popメソッドを用いて要素を取り出す
  • 4.listを結合する

この記事を書いている私はIT業界歴12年、年収1,000万円ちょっとの金融系エンジニアです。学生時代から様々なプログラミング言語を扱ってきましたが、その中でもpythonはとても扱いやすく生産性も高く、オススメの言語です。

本記事では、listに要素を追加する方法(append,insert)、要素を取り出す方法(pop)、リスト同士を結合する方法(extend)を解説します。細かい構文に迷ったら、例からコピー&ペーストして使えることも目指しました。少しでもお役に立てますと幸いです。

1.listの簡単な説明

リストの簡単な説明

まずはpythonのlistはどのようなものかおさらいします。整数や文字列など様々な要素をリスト化することができます。

リストの種類(整数リスト,文字列リスト,混在したリスト)

以下に各リストの例を示します。

>>> #整数のリスト
>>> [1,2,3,4,5] 
[1, 2, 3, 4, 5]

>>> #文字列のリスト
>>> ['a', 'b', 'c']
['a', 'b', 'c']

>>> #整数と文字列のリスト
>>> [1, 'x']
[1, 'x']

>>> #整数リストのリスト
>>> [[9,9],[1,9,1],[2,5],[3,0]]
[[9, 9], [1, 9,1], [2, 5], [3, 0]]

2.listに要素を追加する

リストに要素を追加する

リストの末尾に要素を追加するには、append関数を用います。また、任意の場所に追加するにはinsert関数に位置場所を指定して挿入します。


>>> l = [1,2,3]

>>> #末尾に要素"4"を追加
>>> l.append(4)
>>> l
[1, 2, 3, 4]

>>> #先頭に要素"-1"を追加
>>> l.insert(0,-1)
>>> l
[-1, 1, 2, 3, 4]

>>> #3番目の要素と4番目の要素の間"2.5"を追加
>>> l.insert(3,2.5)
>>> l
[-1, 1, 2, 2.5, 3, 4]

3.popメソッドを用いて要素を取り出す

popメソッドを使って、リストに要素の取り出しを行うこともできます。取り出した値が戻り値として得られますので、繰り返し処理などに便利です。

>>> m
['a', 'b', 10, 11, 12]
>>> m.pop()
12
>>> m
['a', 'b', 10, 11]
>>> m.pop()
11
>>> m
['a', 'b', 10]
>>> m
['a', 'b', 10]
>>> m.pop()
10
>>> m
['a', 'b']

4.listを結合する

リストにリストを追加して結合する

リストとリストを結合するにはextendメソッドを用います。どんな要素のリストでも結合可能です。


>>> #リスト[1,2]にリスト[10,11,12]を結合する
>>> n = [1,2]
>>> n.extend([10,11,12])
>>> n
[1, 2, 10, 11, 12]

>>> #整数リストに文字列リストを結合する
>>> n.extend(['x','y'])
>>> n
[1, 2, 10, 11, 12, 'x', 'y']

 

こっちの方がシンプルです

+演算子を用いたextendいらずのlist結合方法を紹介します。

>>> #リスト[1,2]にリスト[10,11,12]を結合する
>>> [1,2]+[10,11,12]
[1, 2, 10, 11, 12]

>>> ['a','b','c']+[10,11,12]
['a', 'b', 'c', 10, 11, 12]

今回は以上です。listに要素を追加する方法中心にlistの使い方を解説しました。参考になりましたら幸いです。

今、ITエンジニアは前例のない売り手市場です

ITエンジニアは前例のない売り手市場、転職なら今

現在のエンジニアの求人数と求人倍率をご存知ですか?

直近(※)のIT業界全体の求人倍率は7.85倍です。

つまり 企業が8回 IT人材の求人を出しても、 1人しかエントリーがない 状況です。

エンジニア側が企業を選ぶ なら、今がチャンスです。

※転職サイトdodaが毎月発表している転職求人倍率。
 2019年12月9日発表/集計対象期間は2019年11月1日〜30日

詳しくはこちら


人気記事【今年の抱負】退職しオープン&フリー&シンプルに生きていく【失敗しない働き方改革の本質】