SEO対策|manablogでタイトルキーワードの設定方法を学習

マナブログの研究

ブログタイトルに悩むブロガー「ブログタイトルってどういう風につけるのがいいんだろう。SEOとか全然わからないし、どんな記事を書くのかにも関わってくるから重要そうだなぁ、どうしたらいいんでしょう?!」

今回はブログタイトルの付け方を、manablogさんの記事を参考にして考えます。

本記事の内容

  • SEO対策のお手本、manablogとは
  • 適切なタイトルで検索順位を上昇させる方法を調査・分析
  • 【参考】manablogを目指すには

SEO対策のお手本、manablogとは

私は坂内学さんのmanablogのファンで、いつもブログを拝見しています。SEO関連をはじめ、各記事のクオリティがものすごく高いです。
manablog


良質な記事あってのこの収益。さすがです。

それとは別にSEO関連の本も何冊か読んでいますが、manablogの良いところは記事で学んだことをマナブさんが具体的にどのように実践しているかすぐ確認ができるので、その点は本よりもずっと勉強になります。

1位を量産。しかし個人ブロガーなのに、SEOの様なビックワードでなぜ検索順位上位が取れるのでしょうか。

適切なタイトルで検索順位を上昇させる方法を調査・分析

1位を量産できたのは積み重ねた努力と様々なテクニックの賜物であることは間違いないですが、一つ一つその要因を理解していくことが大切。

今回はmanablogの以下の記事から「タイトルの付け方」についてマナブさんがどのように実践されているかを調査・分析しました。
【ブログ】適切なキーワードの入れ方を解説する【SEOの重要な話】

実際にどんなキーワードで記事タイトルをつけているのか

SEO対策の完全マップで紹介されている記事を対象に調査しました。

実際に各タイトル名を抽出するとこんな感じ。

次は各記事ごとのキーワードを抜いて、軽くソートします。

調べてわかった事実

  • 1つのビックワード(今回場合、SEO)に対して多くの異なる記事を書いている
  • ビックワードは各タイトル共通で入っている
  • 関連記事が多いのにも関わらず、キーワードが被っていない

ここから以下のことが推察されます。

  • ビックワードの関連キーワードを被らず漏らさず網羅していると思われる
  • 意識的にタイトルの全体最適化を行なっている

ブログはまず100記事書け!という話をよく耳にしますが、マナブさんの記事は現在700記事程。量もさることながら、タイトルだけ調べても”まず書く”のではなく”まず設計”していることがよく判ります。記事やツイッターの内容を見ていると、何事にもまずゴールをしっかり設定していることが伝わってきます。

最初からどの記事をどのキーワードに関連して書くのかを設計していますし、この要領で各記事のh2タグのキーワード、広告などあらゆるものを設計し最適化することで、月200万円以上の収入を得ているのです。

記事タイトル内のキーワードを使って、検索順位を確認

今回調べた各キーワードでgoogleの検索順位を確認(例:SEO対策 基本)。結果、やはり1位を量産されてました。
この結果は以下の2点によるものと考えられます。
 ①各記事の質の高さによって、検索エンジンから信頼性を得られている
 ②関連記事が多く、内部対策によって相乗効果も得られている
これによって、SEOについてどのような悩みを検索してもマナブさんのブログに到達する仕組みになっているのです。

【参考】manablogを目指すには

2018/07/28の投稿から。

1記事で2〜3時間くらいかかるのですが、それを450日くらい継続していまして、これからも継続する予定です。 ブログ自体は5年前からやっているので、合計で3,000時間くらいは投下したかなと思っています。

この域に到達するのに3,000時間。そしてこの品質の記事が2〜3時間で生産できてしまうというのも驚異的です。ブログで食べられるために投資すべき時間の一つの目安になるかと思います。

ちなみにこのwordpressテーマもマナブさんから買いました。
ミニマリスト向けのWordPressテーマ『Minimal』を作りました

マナブさんはSEOコンサルタント。ブログ収益と合わせると、今年の推定年収は4,000万円じゃないでしょうか?!恐ろしいですね。
というわけで、マナブさんの記事を読んで自分には無理だと思っても、自分のできるところからコツコツやっていけば稼げると思いますので萎えずに頑張りましょう。

人気記事【今年の抱負】退職しオープン&フリー&シンプルに生きていく【失敗しない働き方改革の本質】