MacとWindowsの特徴を一覧比較して解説します【2020年版】

Mac

本記事の内容

MacとWindowsの特徴を比較

本記事では、MacとWindowsの特徴を比較します。

   
Macの特徴

Windowsの特徴
1 オールマイティ
2 コスト
3 iPhoneとの親和性
4 エンジニア向き
5 デザイナー向き
6 デザイン&使い方がシンプル

以上の6項目を順に解説します。

1.WindowsはオールマイティなOS

WindowsはオールマイティなOS

スタバなどのカフェにいくとMacユーザが多いです。
しかし86%の一般ユーザがWindowsを使っていて、Macはわずか11%だそうです。

家庭でもオフィスでも一番使われているのはMacではなくWindowsです。
Windowsは最もシェアが高く、オールマイティなOSです。

その大きな理由は、サードパーティにあります。
サードパーティとは、Windows向けの製品を出す他社のことです。

Windows自体の機能は必ずしも多機能とも使いやすいとも言い難いですが、サードパーティ製品が最も充実しているため、必要な製品をインストールすることでオールマイティにどんな機能でも使うことができるのが、Windowsの他にない強みです。

2.MacはおしゃれだけどWindowsより高い

MacはおしゃれだけどWindowsより高い

Windowsパソコンを買うなら、10万円以下でも選択肢はたくさんあります。
でも10万円で新品のMacのパソコンを買おうと思うと、Mac Miniの一番安いバージョンをオプションなし(キーボード・マウス・ディスプレイなし)で買うしかありません。

Macはおしゃれだけど、価格帯は高めです。

3.やはりiPhoneとの親和性が抜群なMac

やはりiPhoneとの親和性が抜群なMac

iPhoneもMacの製品の一つですから、MacとiPhoneの親和性はとても良いです。例えばAir Dropでファイルをやりとりしたり、携帯の着信やメッセージも何も設定しなくてもパソコンでとることができます。

iPhoneユーザならMacを使うととても快適なのは事実です。

4.Macはエンジニアが使うと快適

Macはエンジニアが使うと快適

Macはエンジニアを引きつけるカラクリがたくさんあります。

  • 標準でエンジニアが使う機能の多くが入っている
  • 表示や切替が早く、画面が綺麗でストレスが少ない
  • Unixベース(BSD系)のOSでシェルの利用が容易
  • キーボード・マウスが使いやすく作業が効率的
  • iOS向けのアプリが作れる

特に現行のMac OSXからUnix OSとなったため、Linuxユーザに広く受け入れられたことが大きいように思います。

5.Macはデザイナーが使うと快適

Macはデザイナーが使うと快適

もともとMacといえばエンジニアではなくデザイナーが使うOSの代名詞でした。

Photo Shopをはじめデザイナー向けのアプリケーションが充実しているのに加え、描画がスムーズで使いやすく、使っている人がとても多いので長年、デファクトスタンダードになっています。

6.デザイン&使い方がシンプル

デザイン&使い方がシンプル

エンジニアやデザイナーのような、パソコンのヘビーユーザにMacが受け入れられている大きな理由は、デザインと使い方がシンプルで使っていて気持ちがいいことが挙げられるのではないでしょうか。

Windowsだと様々な機能を使っているとごちゃごちゃしてしまうのですが、Macはデザインがよくすっきり使えます。

標準のアプリが高機能で充実しているためあまりアプリを入れないで済むことや、マウスジェスチャーなど使い慣れた人にとっては高効率に使える機能が標準で搭載されており、高機能にもかかわらず見た目のシンプルさを崩さないように工夫されているためです。

人気記事【今年の抱負】退職しオープン&フリー&シンプルに生きていく【失敗しない働き方改革の本質】