Linux|ネットワークに繋がらないときの確認コマンド4選

Linuxコマンドを勉強したい人向け

本記事の内容

ifconfigでネットワーク機器の状態を確認する

ifconfigでネットワーク機器の状態を確認します。

$ ifconfig

[実行結果]

eth0  Link encap:Ethernet  HWaddr 02:42:AC:11:00:36
      inet addr:172.17.0.54  Bcast:0.0.0.0  Mask:255.255.0.0
      UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
      RX packets:107 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
      TX packets:64 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
      collisions:0 txqueuelen:0
      RX bytes:9638 (9.4 KiB)  TX bytes:6810 (6.6 KiB)

lo    Link encap:Local Loopback
      inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
      UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  Metric:1
      RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
      TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
      collisions:0 txqueuelen:1
      RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)

pingで通信できるか確認する

pingコマンドを使えば、外のネットワーク機器やインターネット上の他サイトに通信できるか確認することができます。

$ ping www.yahoo.co.jp

[実行結果]

PING edge12.g.yimg.jp (183.79.250.251): 56 data bytes
64 bytes from 183.79.250.251: icmp_seq=0 ttl=51 time=62.21ms
64 bytes from 183.79.250.251: icmp_seq=1 ttl=51 time=58.48ms
64 bytes from 183.79.250.251: icmp_seq=2 ttl=51 time=58.81ms

tracerouteで通信できない場所を特定する

通信がうまく行かないときは、tracerouteコマンドを使えばどこまでの通信が繋がって、どこからつながらなくなるか確認できます。

$ traceroute 10.126.138.20

[実行結果]

traceroute to 10.126.138.20, 64 hops max, 52 byte packets
 1  10.126.176.254 18.829 ms  9.985 ms  14.731 ms
 2  * * *

curlでhttp通信ができる確認する

curlコマンドを使えば、http通信ができるか確認できます。通信できた場合、相手からhtmlデータを受信します。

$ curl -L www.yahoo.co.jp

[実行結果]

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css">
<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript">
<meta name="description" content="日本最大級のポータルサイト。検索、オークション、ニュース、メール、コミュニティ、ショッピング、など80以上のサービスを展開。あなたの生活をより豊かにする「ライフ・エンジン」を目指していきます。">
<meta name="robots" content="noodp">

人気記事【今年の抱負】退職しオープン&フリー&シンプルに生きていく【失敗しない働き方改革の本質】