brew|command not foundコマンドが見つかりませんの対処

Mac

こんなエラーが出てしまったときの対処法についての記事です

$ brew
bash: brew: コマンドが見つかりません

$ brew
bash: brew: command not found

brewコマンドでcommand not found/コマンドが見つかりませんと出た時の対応

brewコマンドを使うとcommand not foundや「コマンドが見つかりません」とエラーなったときのインストール手順を解説します。

本記事の内容

brewとは

brew(Homebrew)とは、macOS用パッケージマネージャーです。

brewとは

パッケージマネージャとは

  • パッケージマネージャーとはUNIXでパッケージ(≒アプリ)を管理するアプリです
  • Macはbrew(Homebrew)が標準(デファクト)ですので、インストールしてOKです
  • 他の有名なパッケージマネージャにyum,rpm,apt-getがあり、
    これらは主にLinuxで使われてます
  • 【イメージ】 App storeやWindows storeのようなものです(荒い例えですが)

brewのインストール

brewのインストール

command not foundになるのは、brewがインストールされていないからです。
brewをインストールするには、ターミナル上で以下のコマンドを実行してください。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"
[解説]
curlはWEBにアクセスするコマンドです。brewのサイトからインストール用のシェル(install.sh)を取ってきて、それを実行(/bin/bash -c)しています。

インストールできたら以下のように-vオプションでコマンドが使えるか確認できます。

$ brew -v
Homebrew 2.2.10
Homebrew/homebrew-core (git revision 56d51)

Macでコマンドラインを使いこなすための推薦書籍

brewの使い方

brewの使い方

brewで使える以下のコマンドについて順に解説します。

  • brew install
  • brew uninstall
  • brew search
  • brew update
  • brew upgrade

パッケージのインストール

$ brew install パッケージ名

pythonをインストールする場合

$ brew install python

とします。

パッケージのアンインストール

アンインストールは下記コマンドです。

$ brew uninstall パッケージ名

パッケージの検索

brewでインストールできるパッケージやアンインストールする際の対象パッケージ名を検索できます。

$ brew search パッケージ名

インストールする対象を確認する際などに、パッケージを確認することができます。

最新化

brewそのものと、brewで管理している個別パッケージを最新化する方法です。

アップデート

brewを最新化します。

$ brew update

アップグレード

インストール済みのパッケージを最新にします

$ brew upgrade

なので、手順としては「brew update」→「brew upgrade」とおこないましょう。

brewでインストールしたパッケージは、「/usr/local/Cellor」に配置されますので、lsコマンドで直接確認することができます。

今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

Macでコマンドラインを使いこなすための推薦書籍