【bash】文字列の一部を切り出す最も簡単な解説

シェル/bash

構文

文字列は事前にセットし、以下の構文を用いて切り出す「位置」と「長さ」を指定します。注意するポイントは、位置を「0」から指定するという点だけです。

${変数名:位置[:長さ]}

※長さは省略可能。省略すると最大長(=末尾)まで切り出します。

①先頭から部分文字列を切り出す方法

先頭は位置0を指定します。

$ str="hello,world"
$ echo ${str:0:5}
hello

②途中から部分文字列を切り出す方法

途中から切り出す場合には、開始位置と切り出す文字列の長さを指定します。

$ str="hello,world"
$ echo ${str:2:5}
llo,w

③末尾から部分文字列を切り出す方法

末尾から切り出す場合のポイントは、長さの指定をしないこと。開始位置から最大長(=末尾)で切り出すことができます。

$ str="hello,world"
$ echo ${str:6}
world

Blog TOP  シェルスクリプトを勉強したい人向け|bashの使い方 記事まとめ

bashの使い方 - もくじ

bashの使い方 - もくじ

シェルとは

 - シェルとは
 - シェルはOSと会話するための言語
 - シェルの種類(bash以外のシェル)
 - シェルスクリプトとは
 - シェルスクリプトの書き方

条件式

 - if else文
 - 文字列の比較
 - &&と||の使い方
 - case文

文字列操作

 - 文字列の連結
 - 文字列の一部を切り出す

繰り返し

 - for文
 - while文
 - while文でリストから1つ要素ずつ処理する

定数

 - 定数の定義

関数

 - 関数の定義

デバッグ

 - デバッグオプション(-x)

実行権限

 - 実行権限のないシェルスクリプトファイルを実行する

 - シェルスクリプトの書籍3選