自動車部品メーカーランキング2020【売上・年収・自社評価】

業界ランキング 転職

この記事は、自動車部品メーカーへの転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、自動車部品メーカーの企業一覧をランキング形式で紹介します。

本記事の内容

自動車部品業界の特徴

自動車部品業界の特徴

自動車に使われている部品の数は約3万点

1台の自動車の中には、数百社の製品が使われています。部品の種類は約4,000、部品点数は約3万点です。

部品が多いのはシンプルじゃない=時代に合わないビジネス

テクノロジは発達するほどシンプルになるもの。なぜなら、シンプルな構造の方が設計しやすいし、メンテナンスも楽だからです。使う人も理解しやすいですよね。

複雑な構造にしなくてはならないのは、その分野のテクノロジーが十分でない証拠だと考えてOKです。つまり、時間とともにシンプルになるのは不可避です。

電気自動車では、エンジンが電池に置き換わることで、点火プラグ、変速機、マフラー、スロットル、ラジエーターなどの部品が不要となり、部品点数はおよそ1万点まで減ります。

部品点数の多さ・複雑さを前提とした部品メーカーは潰れる

自動車部品メーカーはよりシンプルで高機能なかつ軽量な部品を作れるかが鍵となっています。

付加価値の高い製品を生み出せなくては、次世代のモビリティ業界で生き残るのは難しいでしょう。そのため、次世代製品の研究開発は熾烈を極めています。

世界の自動車部品、研究開発費が重荷 赤字4社に1社
 
世界の自動車部品メーカーの研究開発費が膨らんでいる。QUICK・ファクトセットのデータをもとに過去に遡って比較できる248社を調べたところ、2018年度の研究開発費は10年前に比べ8割増えた。完成車メーカーの研究開発費の4割増を超える伸び率だった。電気自動車(EV)や自動運転など新分野への対応を急ぐが、収益の圧迫要因にもなっている。
 
トヨタ系部品大手のデンソーはEVや自動運転車に搭載するセンサーや電子制御装置の開発に力を入れる。20年3月期の研究開発費は前期比3%増の5100億円を見込む。独コンチネンタルは機械学習を用いた運転支援システムなどに投資している。18年12月期の研究開発費は32億ユーロ(約3900億円)と2年前に比べ14%増えた。

出典:日本経済新聞 

 
 
ソニーや東芝など異業種のメーカーと比べても、自動車メーカーの研究開発費にかかるコストは非常に高い水準にあります。

研究開発に先行投資すること自体は良いことです。今後、未来の自動車に標準的に使われる部品を開発し、投資を回収できるかが大きなポイントです。

出典:経済産業省 

自動車部品メーカー 企業ランキング2020

自動車部品メーカー 企業ランキング2020
 

 3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で自動車部品メーカーを評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。
特に日本企業は年功序列の傾向があるため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がることが一般的なため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

自動車部品メーカーの安定性ランキング

  1. デンソー53627.7億円 (171992 人)
  2. アイシン精機40431.1億円 (119732 人)
  3. 住友電気工業31779.8億円 (272796 人)
  4. 豊田自動織機22149.5億円 (64641 人)
  5. パナソニック15232.3億円 (271869 人)
  6. ジェイテクト15208.9億円 (49693 人)
  7. トヨタ紡織14173.8億円 (43103 人)
  8. マレリ10533.2億円 (21987 人)
  9. 日本精工9913.65億円 (31484 人)
  10. 豊田合成8407.14億円 (39429 人)
  11. 小糸製作所8262.57億円 (24608 人)
  12. NTN7335.69億円 (24988 人)
  13. 日本発条6810.06億円 (18196 人)
  14. NOK6694.82億円 (42251 人)
  15. TKJP6625.33億円 (–)
  16. 日産車体6028.82億円 (4032 人)
  17. フタバ産業4617.05億円 (10590 人)
  18. スタンレー電気4341.24億円 (17263 人)
  19. 日本特殊陶業4250.13億円 (15994 人)
  20. KYB4122.14億円 (15427 人)
  21. ケーヒン3492.2億円 (22624 人)
  22. ミツバ3332.78億円 (28433 人)
  23. ユニプレス3277.94億円 (9962 人)
  24. タチエス3005.3億円 (13265 人)
  25. ショーワ2866.92億円 (12615 人)
  26. トピー工業2862.27億円 (6241 人)
  27. エクセディ2823.98億円 (13491 人)
  28. サンデンホールディングス2739.34億円 (9628 人)
  29. 日本精機2632.39億円 (14663 人)
  30. 武蔵精密工業2559.34億円 (12990 人)
  31. ジーテクト2556.37億円 (8660 人)
  32. 曙ブレーキ工業2436.68億円 (8678 人)
  33. ハイレックスコーポレーション2400.02億円 (13289 人)
  34. 椿本チエイン2385.15億円 (8818 人)
  35. エフテック2353.61億円 (7564 人)
  36. 河西工業2272.57億円 (9173 人)
  37. プレス工業2206.61億円 (6887 人)
  38. 愛三工業2134.94億円 (8946 人)
  39. エイチワン1967.18億円 (7332 人)
  40. 日信工業1896.93億円 (10325 人)
  41. エフ・シー・シー1776.05億円 (8829 人)
  42. ヨロズ1691.11億円 (6597 人)
  43. 八千代工業1611.6億円 (7237 人)
  44. ユーシン1485.66億円 (522 人)
  45. 太平洋工業1450.3億円 (4390 人)
  46. ティラド1361.25億円 (4558 人)
  47. リケン903.66億円 (4531 人)
  48. 原田工業431.36億円 (5174 人)
  49. テイ・エス テック4120.72億円 (16859 人)

自動車部品メーカー社員の平均年収

  1. テイ・エス テック707.3 万円 (39.3 歳)
  2. サンデンホールディングス835.0 万円 (46.3 歳)
  3. デンソー816.8 万円 (43.3 歳)
  4. 豊田自動織機813.9 万円 (40.3 歳)
  5. 住友電気工業808.0 万円 (41.8 歳)
  6. 日本精工775.5 万円 (40.8 歳)
  7. パナソニック774.5 万円 (45.6 歳)
  8. 八千代工業750.8 万円 (43.3 歳)
  9. アイシン精機749.5 万円 (39.2 歳)
  10. NTN731.9 万円 (41.0 歳)
  11. NOK720.6 万円 (39.9 歳)
  12. 日本発条720.4 万円 (40.0 歳)
  13. ジェイテクト712.3 万円 (39.4 歳)
  14. トヨタ紡織711.2 万円 (39.3 歳)
  15. エイチワン697.5 万円 (43.0 歳)
  16. 曙ブレーキ工業694.1 万円 (43.4 歳)
  17. 日本特殊陶業691.2 万円 (39.2 歳)
  18. ショーワ686.2 万円 (42.5 歳)
  19. プレス工業682.9 万円 (40.3 歳)
  20. エフ・シー・シー675.0 万円 (41.3 歳)
  21. KYB672.6 万円 (39.9 歳)
  22. 椿本チエイン672.4 万円 (41.1 歳)
  23. 小糸製作所667.7 万円 (42.3 歳)
  24. 愛三工業666.0 万円 (41.7 歳)
  25. 豊田合成664.9 万円 (42.3 歳)
  26. ティラド659.4 万円 (40.5 歳)
  27. スタンレー電気654.2 万円 (40.8 歳)
  28. トピー工業641.2 万円 (40.5 歳)
  29. ジーテクト636.6 万円 (38.8 歳)
  30. 武蔵精密工業630.0 万円 (39.5 歳)
  31. ケーヒン625.8 万円 (42.2 歳)
  32. 河西工業617.0 万円 (39.2 歳)
  33. ユニプレス612.8 万円 (42.4 歳)
  34. フタバ産業612.4 万円 (38.0 歳)
  35. エフテック611.4 万円 (38.9 歳)
  36. 日信工業609.6 万円 (42.7 歳)
  37. 原田工業606.1 万円 (45.6 歳)
  38. リケン605.3 万円 (39.8 歳)
  39. ユーシン593.2 万円 (39.4 歳)
  40. 日産車体591.2 万円 (42.1 歳)
  41. 太平洋工業589.6 万円 (40.2 歳)
  42. ミツバ578.1 万円 (40.2 歳)
  43. タチエス576.5 万円 (39.4 歳)
  44. 日本精機572.4 万円 (42.3 歳)
  45. ヨロズ536.2 万円 (37.2 歳)
  46. エクセディ533.4 万円 (39.5 歳)
  47. ハイレックスコーポレーション523.3 万円 (39.6 歳)

自動車部品メーカー社員による自社評価

社員による自社評価

  1. デンソー3.63
  2. パナソニック3.54
  3. 豊田自動織機3.44
  4. 住友電気工業3.41
  5. ジヤトコ3.38
  6. エイチワン3.33
  7. ジェイテクト3.28
  8. ティラド3.22
  9. 八千代工業3.20
  10. 太平洋工業3.15
  11. 日本特殊陶業3.15
  12. アイシン精機3.13
  13. 日本精工3.12
  14. 原田工業3.10
  15. トヨタ紡織3.09
  16. エフ・シー・シー3.06
  17. NOK3.04
  18. マレリ3.03
  19. NTN3.01
  20. 日立オートモティブシステムズ2.95
  21. テイ・エス テック2.95
  22. 愛三工業2.93
  23. トピー工業2.92
  24. 日産車体2.92
  25. 曙ブレーキ工業2.91
  26. 椿本チエイン2.91
  27. エフテック2.90
  28. リケン2.88
  29. フタバ産業2.86
  30. KYB2.85
  31. ユーシン2.83
  32. 日本発条2.83
  33. ケーヒン2.81
  34. 日本精機2.80
  35. 豊田合成2.80
  36. サンデンホールディングス2.80
  37. 矢崎総業2.78
  38. TKJP2.76
  39. 河西工業2.76
  40. 日信工業2.75
  41. スタンレー電気2.74
  42. 小糸製作所2.68
  43. プレス工業2.68
  44. ハイレックスコーポレーション2.65
  45. タチエス2.65
  46. 武蔵精密工業2.62
  47. ショーワ2.59
  48. ユニプレス2.59
  49. ジーテクト2.54
  50. ヨロズ2.53
  51. エクセディ2.53
  52. ミツバ2.43

個別企業の解説

 BOSCH(独)

自動車部品世界一のメーカー。主にフォルクスワーゲン社向けの製品を製造。
売上高:95,178億円

 デンソー

電装品、熱機器に強み。主にトヨタ自動車向けの製品を製造。

 アイシン精機

トランスミッション、ブレーキに強み。主にトヨタ自動車向けの製品を製造。

 テイ・エス テック

シートに強み。主にホンダ向けの製品を製造しており、二輪車向け製品も製造。

 矢崎総業

ワイヤーハーネスに強みがあり、世界首位。
売上高:19,266億円

 パナソニック

家電メーカーだが、自動車部品メーカーとしても電池などの車載機器に強み。

業界研究 企業ランキング

食品商社ランキング
 専門商社
 半導体商社
 半導体製造装置メーカー
 半導体素材メーカー
 食品商社
 食品業界

工業ランキング
 IT業界(SIer/WEB系)
 自動車部品メーカー
 工作機械業界
 広告代理店
 流通業界
 宇宙開発企業
 サイバーセキュリティ会社
 電力業界
 スポーツクラブ
 eスポーツ企業
 アニメ会社
 ゼネコン
 医療機器メーカー
 産業用ロボットメーカー
 ドローンメーカー
 化学メーカー
 人材業界

今回は以上です。