産業用ロボットメーカーランキング2020【売上・年収・社員評価】

業界ランキング 転職

この記事は、産業用ロボットメーカーへの転職を希望する方が優良企業を選ぶことができるよう、産業用ロボットメーカーの企業一覧をランキング形式で紹介します。

本記事の内容

産業用ロボットメーカーの特徴

以下では、産業用ロボット業界およびロボットメーカーについて解説します。

産業用ロボットの導入台数推移

出典:IFR 

市場は急拡大中。売上の半数近くが中国向けです

産業用ロボットは多角化が進み、従来人手で行ってきた工程からロボットへの代替が進んでいます。需要の半数近くが、「世界の工場」である中国企業向けになります。
 

業界最強のファナック、だが社員の評判はイマイチ・・・

産業用ロボットメーカーは、グローバル市場で4強体制となっていて、世界市場で日本企業が健闘しています。

[産業用ロボット本体メーカーは世界4強体制]

  • ファナック(日本)
  • 安川電気(日本)
  • KUKA(ドイツ)
  • ABB(スイス)

4強の中でも、ファナックはトップメーカーです。ナンバーワン企業への就職を目指すのが定石なのですが、どうもファナックは社員評価がよくないようですね。

ワンマン経営で、ワークライフバランスが重視される昨今でも残業が異常に多いうえ、本社と工場が山梨県忍野村という立地が原因のようです。給与水準の高い会社で大きな仕事ができますが、長く働く環境としてはちょっと厳しいのでしょうね。

フィナックはワンマン・残業体質・僻地にあるため社員評価が低い

出典:フィナック 

 

AI  5G  産業ロボット

今後、産業用ロボットにAIや5Gを活用することで、工場はこれまで以上に効率的に生産活動を行えるようになります。

[AI,5Gの活用事例]

  • 産業用ロボットの稼働データをより詳細なデータまでリアルタイムで収集
  • 収集したデータからロボットの動きを改善
  • 収集したデータから異常を検知
  • 画一的な動きだけでなく、判断を伴う複雑な動作もAIによって可能に

まとめ:今後の生き残りは工場での稼働データが鍵となる

今後、産業用ロボットはAIの活用によって機能が大きく改善していくと考えられます。

ポイントとなるのは現場のビックデータです。よりよいAIを作るには、現場での大量の稼働データがインプットとして必要だからです。

しかし、稼働データを持つのはファナックや安川電気ではなく、中国を中心とした工場なのですから、ワーストシナリオは中国でAIを開発し、中国でより高性能な産業用ロボットが作られてしまうことです。

今後の生き残りは、メーカーがいかに現場の稼働データを集められるかにかかっているのではないでしょうか。

産業用ロボットメーカー 企業ランキング2020

産業用ロボットメーカー 企業ランキング2020

3つの視点で企業をランキング化します

本記事では以下の3つの視点で産業用ロボットメーカーの企業を評価し、ランキング形式で企業を分析していきたいと思います。

[本記事の3つのランキング]

  • 1. 企業の安定性
  • 2. 社員の平均年収
  • 3. 社員による自社評価

企業の安定性

会社の売上から、企業の安定性をランキング形式で紹介します。

社員の平均年収

就職・転職を検討する際、会社の平均年収は最も気になる情報です。
上場企業が公開している情報から、社員の平均年収を見ていきます。
特に日本企業は年功序列の傾向があるため、会社の平均年齢が上がれば社員の平均年収も上がることが一般的なため、社員の平均年齢も合わせて掲載します。

社員による自社評価

OpenWorkに投稿された社員による自社の評価を見ていきます。
実際に働いている人の統計的な評価というのは、かなり有効な指標だと思いますので、ぜひ参考にして見てください。

産業用ロボットメーカー企業の安定性ランキング

  1. パナソニック80027.3億円 (271869 人)
  2. 三菱電機45199.2億円 (145817 人)
  3. ヤマハ発動機16647.6億円 (55255 人)
  4. 川崎重工業15947.4億円 (35691 人)
  5. セイコーエプソン10896.8億円 (76647 人)
  6. ファナック6355.68億円 (7866 人)
  7. SMC5769.48億円 (19746 人)
  8. 安川電機4109.57億円 (–)
  9. ナブテスコ2898.08億円 (7736 人)
  10. 不二越2490.77億円 (7456 人)
  11. ダイヘン1434.57億円 (3803 人)
  12. FUJI1291.04億円 (2449 人)
  13. 芝浦機械1174.05億円 (3346 人)
  14. JUKI991.69億円 (5762 人)
  15. ハーモニック・ドライブ・システムズ678.09億円 (1111 人)
  16. IDEC627.57億円 (3654 人)
  17. ユーシン精機218.33億円 (683 人)

産業用ロボットメーカー社員の平均年収

  1. ファナック1364.4 万円 (40.8 歳)
  2. ハーモニック・ドライブ・システムズ854.1 万円 (41.0 歳)
  3. 三菱電機816.9 万円 (40.4 歳)
  4. ダイヘン806.2 万円 (40.6 歳)
  5. SMC785.7 万円 (40.2 歳)
  6. パナソニック774.5 万円 (45.6 歳)
  7. セイコーエプソン771.6 万円 (43.6 歳)
  8. FUJI751.6 万円 (41.9 歳)
  9. ヤマハ発動機745.6 万円 (43.0 歳)
  10. ナブテスコ723.0 万円 (42.0 歳)
  11. 川崎重工業707.8 万円 (38.7 歳)
  12. IDEC662.8 万円 (43.3 歳)
  13. 不二越650.5 万円 (39.2 歳)
  14. 芝浦機械634.7 万円 (43.1 歳)
  15. JUKI592.4 万円 (45.0 歳)
  16. ユーシン精機571.6 万円 (39.0 歳)

産業用ロボットメーカー社員による自社評価

社員による自社評価

  1. パナソニック3.54
  2. ヤマハ発動機3.49
  3. JUKI3.22
  4. ナブテスコ3.22
  5. 安川電機3.21
  6. ABB3.14
  7. 川崎重工業3.13
  8. セイコーエプソン3.13
  9. 三菱電機3.11
  10. FUJI3.10
  11. 富士通ITマネジメントパートナー3.05
  12. ハーモニック・ドライブ・システムズ3.03
  13. スター精機2.99
  14. JUKIオートメーションシステムズ2.96
  15. デンソーウェーブ2.89
  16. ダイヘン2.87
  17. ユーシン精機2.81
  18. 芝浦機械2.71
  19. SMC2.62
  20. ファナック2.60
  21. IDEC2.54
  22. 不二越2.54

産業用ロボット関連ニュース

AIとロボット制御を同時に学べる小型二輪移動ロボットを発売

2020-10-02 05:00:00
菱洋エレクトロは、アールティの小型二輪移動ロボット「Jetson Nano Mouse」の販売を開始した。組み立て済みの製品のため、別売りのメインボードを組み合わせればすぐに動かすことができ、AIとロボット制御技術を同時に学べる。

ソフトバンクが外食産業向け配膳・下げ膳用ロボット事業に参入

2020-09-29 00:00:00
ソフトバンクロボティクスグループとBear Roboticsは2020年9月28日、配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を2021年1月に発売すると発表した。

国内初の自律走行バスが走る、羽田空港跡地のスマートシティーが本格稼働

2020-09-22 23:00:00
羽田みらい開発が手掛ける大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」が2020年9月18日、本格稼働を開始した。「先端」と「文化」の2つをコア産業に位置付けており、これらのうち「先端」を意識したスマートシティー関連の取り組みとなる、モビリティやロボティクスの実証実験を積極的に行う“場”としても期待を集めている。

家電ショールームにドイツ製協働ロボットが登場、産業用以外の可能性も探る

2020-09-17 05:00:00
リョーサンは2020年8月27日から同年10月25日にかけて、ドイツのスタートアップであるFranka Emikaの協働ロボット「Panda」を蔦屋家電+で展示している。Franka Emikaは国内ではまだ広く知られていないが、海外では注目を集める協働ロボットメーカー。2020年1月からリョーサンが国内販売を開始している。

コンビニの裏方にロボット! 先端技術を実装したスマートビルが竹芝で開業

2020-09-15 05:00:00
東急不動産と鹿島建設は2020年9月14日、各種サービスロボットや最先端のデジタル技術を導入したスマートビル「東京ポートシティ竹芝」を開業した。配送/警備/清掃用のサービスロボットを運用することでビル管理の効率性向上や、ビル利用者の快適性向上に役立てる。

寝たきりでも手先を使った接客を可能にする合体型分身ロボットを開発

2020-09-10 06:00:00
川田テクノロジーズとオリィ研究所は、病気や重度障害などにより外出が困難な人でも、遠隔操作で手先を使った接客が可能になるロボットを開発する「テレバリスタ(Tele-Barista)プロジェクト」を開始した。

複雑な間取りでも高精度マッピング、独自アルゴリズム搭載のロボット掃除機

2020-09-10 05:00:00
SB C&Sは2020年9月8日、中国のロボットメーカーであるBeijing Roborock Technologyが開発した家庭用ロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」を2020年9月11日から発売すると発表した。LDSレーザーに独自の経路算出アルゴリズムを組み合わせて、複雑で広い間取りの部屋でも高精度のマッピングを実現しつつ、最短距離で掃除する。

「LOVOT」の表現を拡張するAIシステム、コニカミノルタがデモを実施

2020-09-09 02:00:00
コニカミノルタは、GROOVE Xの家族型ロボット「LOVOT」の表現を拡張するAI技術を用いたシステムのデモンストレーションを実施した。人の姿勢を認識するAIアクセラレーターをLOVOTに接続し、人の姿勢や行動を認識できる。

MR技術も生かした「AGVの目」、デファクトスタンダードを狙うキヤノンの自信

2020-09-02 02:30:00
労働人口減少が進む中で工場でもAGVへの注目が高まっている。その中で「AGVの目」に新たに参入したのがキヤノンだ。新たに投入した映像解析ソフトウェア「Vision-based Navigation System for AGV」のポイントについてキヤノンに聞いた。

国産の手術支援ロボットが製造販売承認を取得

2020-08-27 06:00:00
メディカロイドの手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム」が、国産として初めて製造販売承認を取得した。同システムは、執刀医や助手の医師の負担を減らし、スムーズで低侵襲な外科手術を支援する。

MonotaROが猪名川に新設する物流倉庫で日立のAGVを採用、作業効率は3倍以上に

2020-08-25 23:00:00
日立製作所は、工業用間接資材通信販売で国内最大手のMonotaROが新たに開設する物流倉庫「猪名川ディストリビューションセンター(仮称)」向けに、日立インダストリアルプロダクツ製の小型AGV(無人搬送車)「Racrew(ラックル)」約400台を含む搬送設備と倉庫制御システム(WCS)を受注した。

あらゆる搬送シーンに対応するAGV、SLAMなど3つの走行方式を併用で

2020-08-24 05:00:00
ZMPは2020年8月19日、AGVの走行方式であるライントレース、SLAM、ランドマーク(シール)読み取りの3つ方式の特徴を兼ね備える走行方式「Hybrid SLAM」を開発したと発表した。狭い通路や停止精度が要求される場所など、搬送シーンに応じて走行方式を柔軟に切り替えられる点が強みだ。

“ロボット犬”が工場設備の配置データを収集、フォード工場でライン改善に

2020-08-20 05:00:00
Ford Motor(フォード)は2020年7月27日、“ロボット犬”によって製造設備の3D点群データを自動取得するパイロットプロジェクトについて発表した。同プロジェクトは米国ミシガン州のヴァンダイクにあるトランスミッション工場で実施している。

ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術を開発

2020-08-19 22:00:00
NECは、ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術「目標指向タスクプランニング」を開発した。現場作業者が作業目標を指示するだけで、最適な達成動作をロボットに自動で実行させることが可能になる。

AWS RoboMakerでロボットの機械学習トレーニングをしてみよう

2020-08-19 05:00:00
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。最終回となる今回は、実際にクラウドシミュレーターを活用して、サンプルアプリケーションを用いながらロボットを機械学習で訓練する手順を紹介する。クラウドシミュレーターにはAWS RoboMakerを使う。

全樹脂電池を自律型無人潜水機に搭載する実証実験を開始

2020-08-16 23:00:00
APBは、全樹脂電池を川崎重工業の自律型無人潜水機に搭載する実証実験を開始した。同電池は、樹脂構成のためセルの大型化が可能で、積層時のエネルギー密度が高い。また耐水圧性を有し、無人潜水機の動力源としての活用が期待される。

そばをLiDAR搭載ロボットが配膳、高輪ゲートウェイで無人デリバリーの実証実験

2020-08-13 05:00:00
ZMPは2020年8月12~16日にかけて、高輪ゲートウェイ駅前のイベントエリア「Takanawa Gateway Fest」で、同社のデリバリーロボット「DeliRo(デリロ)」による無人デリバリーサービスの実証実験を実施する。顧客は店員と非接触、非対面で、着席したまま食事の注文や受け取りが行える。

市販の協働ロボットで力触覚の双方向伝送が可能になる遠隔操作システム

2020-08-13 01:00:00
モーションリブは、市販の協働ロボットを用いて力触覚を双方向に伝送する遠隔操作システムを開発した。市販の協働ロボットを活用できるため、専用装置を製作しなくても、協働ロボットが持つ安全性を生かした遠隔操作システムが構築できる。

ファナックや安川電機など産業用ロボットメーカー6社が連携し共同研究開始

2020-08-11 02:00:00
川崎重工業、デンソー、ファナック、不二越、三菱電機、安川電機の6社は2020年8月7日、産学連携により産業用ロボットの基礎技術研究を行う「技術研究組合 産業用ロボット次世代基礎技術研究機構」(略称、ROBOCIP)を設立したと発表した。

小売業の商品陳列業務の遠隔化と自動化を可能にするロボットを開発

2020-08-10 23:00:00
Telexistenceは、コンビニエンスストアなど小売業での商品陳列業務の遠隔化、自動化を可能にする、半自立型遠隔操作ロボット「Model-T」を開発した。2020年夏より都内コンビニの一部店舗において、Model-Tによる商品陳列作業を実施する。

協働ロボットの活用で溶接自動化を簡単に、ダイヘンが「UR+」に参加

2020-08-07 05:00:00
ユニバーサルロボットは2020年8月5日、ダイヘンが開発した溶接現場向け協働ロボットシステム「Welbee Co-R(Welbee Collaborative Robot system)」をユニバーサルロボットの周辺機器プラットフォーム「Universal Robot +(UR+)」製品として認証したと発表。国内の溶接機メーカーとしては初の認証事例だ。

光沢のある製品も検査可能、教示ペンダントも不要なAI外観検査システム

2020-08-06 05:00:00
住友重機械工業は表面上に光沢のある検査品でも欠陥検出が可能な、独自の画像処理AI(人工知能)アルゴリズムを組み込んだ3D外観検査システム「KITOV-ONE(キトフワン)」の取り扱いを開始した。検査品の撮影画像をアルゴリズムで処理することで、ハレーションが生じた画像からも傷やへこみなどの工夫などが盛り込まれている。

ワーク運搬に最適な速度と力を自動調整、MUJINが見据える物流のスマート化

2020-07-31 05:00:00
MUJINは2020年7月28~30日にかけて、東京都江東区のロボットセンターで特別内覧会を開催。同社開発のマルチピックハンドを搭載したデパレタイズロボットなど、物流の自動化、省人化に貢献する各種ロボットのデモ展示を行った。デモ展示で披露されたのは、荷下ろしを行うデパレタイズ(荷下ろし)ロボット、パレタイズ(荷積み)ロボット、段バラシロボットなど。

介護作業での腰痛を予防、軽量のモーター駆動パワーアシストスーツを開発

2020-07-28 23:00:00
ジェイテクトは、介護作業向けのパワーアシストスーツ「J-PAS fleairy」を発表した。装着者の体の動きをセンサーで検出し、必要に応じて作動するため、腰への負担を軽減する。また、軽く柔らかなフレームレス構造で、長時間快適に作業できる。

ロボットアームとハンドをEtherCATで一括制御、高速無停止のピック&プレース

2020-07-28 05:00:00
デンソーウェーブは2020年7月16日から18日にかけて、次世代ロボットコントローラーRC9に搭載された各種アプリケーションなどを披露するオンライン展示会「DENSO Robotics Online Expo 2020」を開催した。展示会ではRC9とリニア搬送システム「XTS」を搭載したロボットによる無停止かつ高速のピック&プレース作業などが行われた。

1.5トンまで自動搬送が可能、自動車シャシーも自律搬送できるAGV

2020-07-26 22:00:00
オムロンは2020年7月22日、1.5トンまで自動搬送できる「モバイルロボットHD-1500」を同日から世界一斉発売したと発表した。自動車業界向けや三品(食品、医薬品、化粧品)業界向けを想定しているという。

生コンからコンクリート気泡を自動消失させるロボットの商用機開発を開始

2020-07-14 05:00:00
NejiLawとIHIは、型枠への打設において生コンクリートに変動的慣性力を印加し、コンクリート気泡を自動的に消失させるロボット「CB-zeROBO」の商用機開発を共同で開始した。

協働ロボットの“手”を強化、ユニバーサルロボットの「UR+」にSMCが参加

2020-07-08 02:00:00
空圧機器大手のSMCとデンマークのユニバーサルロボットは2020年7月7日、ユニバーサルロボットが展開する協働ロボット向けプログラム「Universal Robot +(以下、UR+)」にSMCが参加し、協働ロボット用エアチャックを新たに発売すると発表した。「UR+」への日本企業の参加はSMCで5社目となる。

サービスロボットの開発と運用を支援するクラウド基盤の月額サービスを開始

2020-07-07 23:00:00
MODEは、サービスロボット向けのクラウド基盤「MODE ROBOT CLOUD」を月額サービスで提供すると発表した。サービスロボットの開発と運用をサポートし、開発時のイニシャルコストと時間の削減に貢献する。

AGV自律走行の誤差1cm以内を実現、高精度な自己位置推定技術が支える

2020-07-02 23:00:00
リンクスはAGV(無人搬送車)向けナビゲーションソフトウェア「Navitrol」について解説するセミナーを東京都内で開催した。Navitrolはフィンランドのソフト開発メーカーNavitec Systemsが開発した製品で、ナチュラルフューチャーナビゲーション(NFN)技術などによりAGVの高精度自己位置推定を実現し、事前に指定した経路との誤差1cm以内での自律走行を実現する。

今回は以上です。