文章の書き方の基本とコツを完全理解する【24人のプロが伝授】

仕事術 読書

悩む人

文章の書き方の
コツがつかめず悩む人
「文章を書くのがとても苦手です。どのように書いたら伝わる文章が書けるのでしょうか。基本がわかってませんし、何かコツがあるのならわかりやすく簡潔に教えてください。」

こんな悩みを解決します。

【24人のプロが伝授】文書の書き方の基本とコツを教えます

本記事では金融エンジニア歴12年の私の独断と偏見により選んだ書籍から、文章の書き方の基本とコツをピックアップします。なお、紹介する書籍とその要約はフライヤーさんの記事になります。
(引用元:https://www.flierinc.com/)

文章力の基本

  • 不用意に長く書かず、短く言い切ることで、頭を使わなくても分かる平易な文章となる。
  • 文章全体の明瞭性を高めるためには、骨子を組み立ててから、段落分けをするとよい。パラグラフ内の因果関係には特に注意する。
  • いきなり核心から入る。また削れる言葉は徹底的に削る。
  • 読み手からの「共感」を得るためには、目に浮かぶように書くこと、感動を押しつけず事実を淡々と描くことが効果的だ。

レポートの組み立て方

  • 書き手の意見を書く際には、事実と意見をはっきり区別して書き、意見の当否を検討できるように、意見の根拠を明示することが肝要だ。
  • レポート作成で著者がすすめるのは、簡潔に目標規定文を書くことである。
  • 著者は「概要・序論・本論・論議-型」の構成を推奨する。
  • レポートでは、真っ先に一番大事なポイント(要点)を書く、「重点先行」が必須となる。

ベストセラーを書く技術

  • 本を企画してから実際に出版されるまでには通常1~2年かかる。だから常に「これは1年後に勝負できるアイデアか?」と自問しなければならない。
  • 本の企画を立てる際にチェックすべき項目は5つある。(1)誰をどのようにするための本か、(2)テーマは何か、(3)どんな本にしたいか、(4)アマゾンでどんなレビューを書かれたら嫌か、(5)プレゼントしてでも読んでほしい人は誰か、だ。
  • 考えながら書いてはいけない。綿密に企画してから書くからこそ、読者を満足させる本をつくることができる。

伝わるWebライティング 

  • ライティングの前には、入念なリサーチによってコンテンツのゴールを設定し、インタビューによって同僚やクライアントと共通理解を得ることが大切だ。そのうえで、読者像の理解を深め、読者をどんな方向に導きたいのかというミッションステートメントを書くとよい。
  • ライティングにおいて重視すべき点は、わかりやすさと簡潔であること、そして正直に読者の立場に立って書く思いやりの姿勢である。自社のありのままを反映した個性である「声」を見つけて、サイトに反映させることも大切だ。

10倍速く書ける 超スピード文章術

  • 文章においては「どう書くか」よりも「何を書くか」が、はるかに重要である。文章を速く書き上げるコツは、「独自の事実」「エピソード」「数字」という、具体的な「素材」を準備することだ。
  • 良い素材を集めるには、文章を書く「真の目的」を明らかにすること、具体的な「一人の読者」をイメージすることが鉄則となる。
  • ムダがない素材の集め方は、「多く集めて、あとで削る」である。 
  • 素材を読みやすい順番に組み立てる際は、集めた素材をすべて「見える化」するとよい。

才能に頼らない文章術

  • 編集者の価値は「常に読者の視点で考えること」と「伝わる内容にすること」にある。
  • 文章力向上のためには、編集執筆力を身につけることが重要だ。編集執筆力は「文章基礎力」「文章表現力」「文章構成力」「メディアマインド」の4つから成る。
  • 「メディアマインド」とは、情報発信をするメディア人がもつべき心のあり方を指す。
  • 読者を「楽しませる」「共感させる」文章を書く場合には、論理だけではなく、感性も交えた「ゆるやかなロジック」を使う。

迷わず書ける記者式文章術

  • 新聞の記事はあるルールに従って書かれているため、応用範囲が広く「実用文の手本」といえる。
  • 速く書くための戦略は、書く内容を明確にして、構成を「逆三角形」「三部構成」「起承転結」「起承展転結」という4つのパターンから選び、とにかく文章を書き、あとは推敲するというものだ。
  • 執筆の前に文章の設計図(スケルトン)を書くことが重要である。
  • 文章を書き始める際は、文章の重要な要素を全て盛り込んだリード(前文)を200文字以内で書いてみるとよい。

リストマニアになろう!

  • ToDoリストはシンプルに作ることが重要である。ひたすら書き出し、その後で整理し、中身を項目ごとに割り振っていく。没頭しがちなタスクは、開始と終了時間を事前に決めると効率的である。
  • チームで仕事をする場合には、エバーノートが役に立つ。アップデートを複数の端末から行えるので、リストを共有し、作業の結果や互いの進捗確認を簡単におこなうことができる。
  • リストづくりをデジタル化するにあたっては、メリットもデメリットも存在する。手書きが良いのかデジタル化すべきなのか、自分のリストの用途に合わせて方法を選択することが重要である。

ベストセラーコード

  • 大量のデータの分析から、ベストセラーの予測は可能である。
  • 作家のブランドを確立するためには、全体の3分の1を同じトピックにするべきだ。また、トピックを詰め込みすぎてはならないが、ふたつの衝突するようなトピックを並べるのは物語を進める上で有効である。
  • プロットの基本は三幕構成である。特に最初の40ページで読者を引き込む事件が必要である。
  • 文体は話し言葉に近いものがよい。余計な形容詞や副詞は使わず、簡潔なものが好まれる。
  • キャラクターに使われる動詞は行為主体性があり、意思がはっきり感じられるものがよい。

Google流 資料作成術

  • 最初はコンテキストを理解するのに時間を費やすべきだ。いきなりデータにふれてはならない。
  • 表やグラフはすぐれた伝達手段だが、使うべき場面を見定める必要がある。
  • 資料やスライドに新しい要素を加える際は、それが本当に必要なのかどうかを吟味しなければならない。
  • 無意識で知覚される情報をうまく利用すれば、相手が認識する前に見せたいものを見せることも可能だ。

CMプランナー福里真一が書きました 困っている人のためのアイデアとプレゼンの本

  • 無理に背伸びしてプレゼンが上手そうという印象を与えてはいけない。ひと言で伝えられる「わかりやすいシンプルな企画」を心がけることが大切だ。プレゼンしやすい企画を考えることは、いい企画づくりの肝でもある。
  • 気負わずに自分に才能なんてないと開き直ることで、企画をどんどん思いつけるようになる。そのことが結果的に心の余裕につながるため、質の高い企画を生み出しやすくなる。
  • 日常の中でふれてきた本やテレビ、映画、誰かに言われたひと言といった過去の経験や、生い立ち・性格などの全てが、企画を生み出すきっかけになっていく。

全米は、泣かない。

  • 過去の作品は、発想の材料となる。本業とは違う世界の作品もインプットしておくとよい。
  • アイディアは、思い浮かぶものではない。考えるものだ。
  • 広告の価値は受け手が決める。作り手の意見を押し通すべきではない。
  • 3人に1人が「あるある」と思うくらいが、コピーとしてちょうどいい。
  • 自分にとっての「当たり前」が強みになることもある。
  • 人々の心の中にある思いを言い当てることで、共感を得られる。

「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文

  • 「東大作文」は次の5つのステップから成る。言いたいことが正確に伝わる「あとがき作り」、見間違えるほど読みやすくなる「目次作り」、説得力が劇的に高まる「1人ディベート」、読者が思わず引き込まれる「質問トラップ作り」、そしてムダなく効率的に書く「枝葉切り」である。
  • 「最後の一文」となる「あとがき作り」の際には、言いたいことを一言にまとめる「主張作り」、そして言いたいことを伝えた相手にどうなってほしいかを明確化する「目的作り」も必要となる。
  • 「1人ディベート」では、「断言」することで、文章の説得力を高めることが可能だ。

マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか

  • マッキンゼー流ノート術では、「仮説を考えながらノートを取ること」「アウトプット志向」「問題解決までのストーリーラインを描くこと」が重要である。
  • 問題解決においては、イシューを見つけ出す→仮説を立てる→仮説を検証する→検証した仮説からアウトプットをつくるという4つのステップごとにノートを使う。その際は、現場のヒアリングで使用する「ケンブリッジノート」、思考の整理や構造化に向いた「方眼ノート」、そしてプレゼンテーションにフォーカスした「マッキンノート」という3つのノートを使い分ける。

すごいメモ。

  • メモはその時取って終わりではなく、考えるきっかけを未来の自分へ残すためのものである。
  • 人間の記憶は時間とともに必ず風化してしまうものなので、記憶力に頼らずその時の状況が一瞬で思い出せるようなメモを書くことが重要である。
  • 本書では、情報を整理するためのメモ術だけでなく、メモを使って新たなアイデアを生み出し、人にうまく情報を伝えるためのメモ術も紹介されている。

書くだけであなたの最高の力を引き出す方法

  • 人々を惹きつけてやまないリーダーは、ブレない「コアとなる中心」に基づいたセンタード・リーダーシップを発揮している。「意義・フレーミング・つながり・主体的な行動・エネルギー」の5つの要素を身につけることで、前向きな影響力を及ぼせるようになる。
  • 意義を見つけるには、「最高の瞬間となった経験」を掘り起こすことが大事である。
  • 恐怖の内容を特定し、凝り固まった考えや行動パターンを変える「リフレーミング」により、新しいマインドセットを身につけることができる。