【何となく過ごすのは厳禁】戦略的な毎日を送るための3ステップ

ライフ ランチェスター戦略

「あー今日も仕事が疲れたー。テレビ見て寝よっと。。。」
「でもこんな毎日を過ごしていていいのかな?もっと有意義な日々を過ごして、後悔しないようにするにはどうしたらいいんだろうか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 目標をたてる
  • 分析する
  • 戦場を決める

これだけやっておけば、自分がどこに向かいたいのか、向かうべきか方向性が定まります。

目標をたてる

「次のテストで100点をとる」とか、「月に1冊本を読む」といった目標は比較的たてやすく、戦略といった大げさな事を考えなくても努力した分だけ報われます。でも、もし次のような場合はどうやってそれを達成すれば良いでしょうか?

  • 理想:副業で月20万円稼ぎたい
  • 現実:月1,000円も稼げていない…

まずは上のように、理想と現実のギャップを見える化することから始めましょう。そしてよく理解しておかなくてはならないのが、この種の目標は努力と結果が比例しないということ。ある人は20万円どころか200万円でも副業で稼ぐし、ほとんどの人は努力しても結果は1,000円以下。こういった難解な目標を達成するときこそ、戦略立案が不可欠なのです。次に自己分析・現状分析を行いましょう。

分析する

現状把握しなくて適切な戦略を立てることができません。自己分析は、ランチェスター戦略におけるマーケットシェアの分析に相当します。その際、以下のポイントを意識すると良いです。

  • なぜその目標を達成したいのか?
  • 目標に対して進捗があるなら、何パーセント達成できているのか?
  • 目標達成の妨げとなる、最も困難なハードルは何か?
  • 自分の強みは何か?
  • 自分の弱みは何か?
  • 自分の強みはどの程度のレベルか?
  • 自分の弱さはどの程度のレベルか?

分析する際に気をつけるべきことは、自分が目標達成のためにどのような戦場で勝利を納めるのが一番現実的かつ効果的なのか?ということです。この結論を出すための自己分析であり、現状把握なのです。

例えば以下の分析をしたとします。

  • 将来独立したいので、副業で月20万円を稼ぎたい。
  • まだ月に1万円も稼げていない。
  • どうやったら稼げるのかわからない。
  • 自分の強みは新しいことにチャレンジするのが億劫でないこと。
  • 自分の弱みは人前で話せないこと、出不精なこと。
  • 自分の強みがどの程度通用するかわからないが、やる気はある。
  • 自分の弱さは、克服できない(するつもりもない)深刻なもの。

一般的には在宅ワークやアフィリエイターなどが該当しそうですね。ただ、これだと同じような属性の人がゴマンといるため、分析が不足しています。徹底的に戦場を絞りこむことが大切です。

  • 自分の強みはエンジニアとしての5年間のキャリア
  • 5年間PHPプログラミングをやってきたので、PHPについては一人前
  • シェルやデータベースも一通り扱える
  • コーディングだけでなく、詳細設計書やテストケースなどの資料作成も一人でできるレベル
  • 正社員、派遣社員としての社会人経験があり、それぞれの良さ・悪さを身をもって経験している。
  • 将来独立して、場所を選ばず技術一つで食べていけるようになりたい

少し具体的になりましたが、まだまだ分析不足です。例えばPHPエンジニアの需要がどれくらいあるか、本業以外の部分での強みや弱みは何か、強みにしたいスキルは何かなど、自己分析と周囲のマーケット分析をしておきましょう。その方が徹底的に戦場を絞りこむことができ、最も有利な形で戦うにはどうしたら良いか、具体的な方法を見つけるのに役に立つのです。

戦場を決める

分析結果に基づいて、戦場を決めましょう。戦場の選び方は無数にあるのですが、まずはざっくりとどの戦場で戦いたいのか整理してみましょう。

  • 本業の延長線上で戦いたい
  • 本業と全く違う所で戦いたい
  • 本業の経験は活かしたいが、何よりも自由に働ける環境を作りたい

この例で注意したいのは、今やっている本業が嫌で副業→独立と進みたいのに、結局は食えないから本業をフリーになってやっているだけ、というパターンの人は意外と多いのです。まずは自分がどの道に進みたいのか、落ち着いて考えてみると良いです。
先ほどの自己分析の例では「場所を選ばず技術一つで食べていけるようになりたい」と分析していましたので、

今回は、

本業の経験は活かしたいが、何よりも自由に働ける環境を作りたい

という選択をしたとしましょう。

フリーランスを目指してクラウドワークスなどでエンジニアの仕事を探すほか、自分でサイトを立ち上げてPHPで独自のサービスを提供したり、パッケージを販売するという方法も起業準備として考えれば有効な戦場になります。その場合、営業のスキルも獲得しておかなければならない(独立した場合、売るスキルが一番ネックになる)ので、土日にセミナーや営業系の副業でスキルを身につけながら販売戦略を立てるというのは一つの答えになります。

こうして自分の戦略を巡らせたら、また明日「営業スキルを身につけるには?」というテーマで戦略を考えます。戦略のたてかたについては改めて記事にします。

このように、目標を立てる→自己分析する→戦場を決めるのサイクルを回すことを生活に取り入れると、1年後・2年後の成果としてグッと人生が変わってくるはずです。お試しください!