仕事のできる、かっこいい男になるためにはコレを読め

ライフ 仕事術 読書

悩む人

仕事のできる、かっこいい男になりたい人
「仕事のできる男性は普通の男性と何が違うのでしょうか。立派な社会人として、かっこよく仕事のできる男になりたいのだけれど、どうすればいいでしょう。具体的な方法をわかりやすく教えてください。」

こんな悩みを解決します。

書籍から仕事のできる、かっこいい男になるための金言を集めました

男性としても社会人としても、よりレベルの高いポジションを目指す方の助力となればと思い、できる男の金言を集めました。本記事で紹介する書籍とその金言はフライヤーさんの記事になります。
(引用元:https://www.flierinc.com/)

それでは早速いってみましょう。

キングダム 最強のチームと自分をつくる

  • 志とは何かを成し遂げようという思いである。志が明確になると、迷いなく前に進める。志は周囲の期待に応えようとする中で生まれることもある。
  • 志と表裏一体となっているビジョンは、その実現に向けて動く中で鮮明になっていく。
  • マインドは一瞬のきっかけで生じた「気づき」によって変えられる。気づきと行動、振り返り、さらなる気づきというサイクルを回す中でマインドを鍛えられる。
  • 情熱があるから言葉に力が入る。伝わるプレゼンの秘訣は、語る内容を世界で一番、話し手自身が好きになることだ。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

  • ベゾスが起業を決断した理由は、将来自分の人生をふり返ったとき、目の前の高い給料を失うことよりも起業しなかったことの方が心から後悔する可能性が高いと考えたからである。
  • ベゾスは他のテクノロジー企業のトップと同様、部下を厳しく叱責する、気性が激しい人物である。一方、彼の指摘はいつも的確で、顧客を第一に考えた施策を実行していくことでアマゾンを成功に導いてきた。
  • 出版業界は当初アマゾンを歓迎したが、キンドルによってアマゾンが覇権を握るようになると、その存在を脅威と見なした。いまやアマゾンは単なるECサイトを超える存在になりつつある。

課長から部長、そして役員へ 戦略的に出世する技術

  • 平社員のうちは、仕事の「効率化」に注力し、自分の属する組織のメカニズムを理解して、出世マネジメントを意識すべきである。
  • 主任から課長までの中間管理職は、競争戦略・ドメイン戦略・資源戦略を自分自身に適用し、自分のシェアをいかに広めるかを考えると同時に、リーダーシップの本質を学ぶべきだ。
  • 部長に昇進する過程においては、マーケティング理論を身につけ、社内で自分自身を効果的にブランディングする必要がある。

最強の働き方

  • 一流の人は、構造化されたメモを書くのが得意であり、それをチームの生産性向上に役立てている。
  • 人間関係においては、一人でコントロールできない要因が多いため、理不尽なことが起きるものだと事前に覚悟する、いわゆる「心のストレス引当金」による対処が求められる。
  • 一流の人は、面白い仕事を発掘することに長けており、主体的に動いていく。
  • プロフェッショナルは、オリジナルの美学・哲学から生まれた「一流のこだわり」を持っている。
  • 良きリーダーは、部下を一流のビジネスパーソンへと育て上げる。

常勝キャプテンの法則

  • 歴史に残る業績をあげつづけてきた怪物チームの背後には、チームを率いた「常勝キャプテン」の存在がある。彼らの行動や言動は、典型的なリーダー像に一致しない。
  • 「常勝キャプテン」はルールの限界に挑むような攻撃的プレーを好み、裏方の仕事もいとわない。また言葉ではなく、みずからの態度でチームに熱意を伝染させる。
  • 「キャプテンの座は市場価値のあるプレイヤーのものだ」という考え方は間違えている。

最強のリーダー育成書 君主論

  • 情に流されることなく、常に状況を見極めて行動をするように心がけることが肝要である。情は視野を狭くし、自らの行動の幅を狭めてしまう。
  • 期待されている時期に、問題解決に努め、素早く大胆に行動し、この人は必要不可欠な存在であると他人に思わせよ。また、どのような経緯でリーダーになったとしても、常に努力を怠ってはならない。
  • リーダーは、多くの人の不満を解消し、夢を代弁するような正義を掲げねばならない。悪事を為す時のように緊張感を持ち、計画性を持って正義を実行するべきである。

デジタル&グローバル時代の凄い働き方

  • 世界最大級の規模を持つ総合コンサルティングファームであるアクセンチュアのサービス範囲は、クライアント企業の課題解決や成長戦略の提案に加え、実行までのデジタル戦略の立案や業務・IT基盤の構築、アウトソーシングなど幅広く、かつグローバルでサービスを提供している。
  • アクセンチュアには面白い仕事を求めて、多様な人材が集まり、その個性を尊重する社風がある。個々のプロフェッショナルは、仕事を楽しみ、夢中になっているうちに、次のステージへの道が開けるという形でキャリア形成をしていく。

「男の色気」のつくり方

  • 色気男は「聞いているフリ」の達人である。女性は、「彼に聞いてほしい」という一心であらゆる努力をし、彼に夢中になる。会話の大事な局面では、色気男は、力強く、低い声ではっきりと言葉を口にし、女性は断定的な言動にオスの色気を感じる。
  • 色気男は女性に、「どうしようもない人」という印象を抱かせる。一方で、女性との関係をしっかり線引きする非情さを持っている。
  • 30代、40代になってもモテ続けたいならば、体を鍛え、色気のあるファッションを取り入れることが必要だ。

世界で通用する正しい仕事の作法

  • グローバル化に対応するには、グローバル・マインドが必要となる。中でも「アンコンシャス・バイアス」を取り除くことが重要だ。
  • バークマン・メソッドとは、3種類の記号が4種類のカラーゾーンのどこに置かれるかによって、その人の特性や適性を理解するという統計学的手法である。
  • バークマン・メソッドを活用することで、自分と相手の行動原理が見えてくる。互いの行動から、それぞれの考えが明らかになれば、人種、国籍にかかわらず、スムーズに仕事ができるようになる。

成毛流「接待」の教科書

  • 周りがしないからこそ、接待をやるべきだ。接待の目的は、相手と親しくなることである。そうすれば、情報を得やすくなるし、こちらのお願い事を聞いてもらいやすくなる。
  • 店選びにおいて最も重要なのは、外観だ。駅ビルのような雑居ビルに入っている店は、どんなに味が良くても選んではならない。オフィス街の一角に佇む古い一軒家が好ましい。
  • 接待の最後の大仕事は、お見送りだ。タクシーのドアが閉まったら、しっかりと頭を下げ、車が見えなくなるまで続ける。車が走り出してすぐに引き返したり、話を始めたりしてはならない。

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

  • パブリック・スピーキングは、ビジネスや市民活動の場で力を発揮し、もはやアメリカ人の必須スキルとして扱われている。
  • パブリック・スピーキングの準備においては、まずゴールを設定し、何を伝えるかを簡潔にまとめたサマリー・センテンスをつくる必要がある。
  • パブリック・スピーキングの3本柱は、「導入」「本論」「結び」である。なかでももっとも重要な「本論」では、主な論点(メインポイント)をあげて構成することが重要である。

トヨタの伝え方

  • 本書はトヨタで生まれたコミュニケーション術「トヨタ式」を紹介した一冊である。「伝える」とは、最終的に相手が正しく実行したときに完結する行為だと位置づけられている。
  • トヨタ式では、「付加価値をつけて伝える」「相手の負担をなくすように伝える」「伝えたあともフォローする」ことを重視している。
  • 部下に考える余地を残したり、相手の知恵を引き出したりする工夫に加え、うまく伝わるような人間関係を築くことも重要である。

コカ・コーラで5兆円市場を創った男

  • 「戦後の荒廃した日本ではコカ・コーラは売れない」という人たちの考えを変えたのは、仁三郎の「日本は必ず復興する」という信念だった。
  • コカ・コーラの販売権を得たあとも、原液の輸入許可がなかなか下りなかったり、さまざまな規制に苦しめられたりしたことで、仁三郎は資金難に陥ってしまった。
  • コカ・コーラの販売許可が下りはじめたのには、日本の貿易収支の問題が大きく関係していた。
  • 「年間1000万ケース売れる」と豪語して「夢の村の村長」と嘲笑われた仁三郎の言葉は、それからわずか5年で現実となった。

最短で目標を達成する!PDCAノート

  • 目標達成以上に重要なのは目標設定である。そのうえで、目標を達成する条件とは、目標・ビジョン・期限を視覚化すること、計画とステップを準備すること、感情をコントロールすることの3つだ。
  • PDCAにゴールを加えたG‐PDCAサイクルを回し、目標を達成することができる仕組みがPDCAノートだ。PDCAノートは、「やりたいことリスト」「やらないことリスト」「ビジョンと目標」「年間計画GPS」「四半期3カ月計画GPS」「デイリー目標PDCA」「ウィークリーレビュー」の7つのフレームから成る。

クレイジーで行こう!

  • 思い切りやろう。どうせ失敗するなら、時速100キロで思い切り壁にぶつかるべきだ。
  • アメリカでは2050年までに、100兆円分の水道配管を交換しなければならないとされている。だが劣化配管の予測精度が低いため、実際には多くの配管がまだ使える状態にある。機械学習のアルゴリズムを用いれば、高い精度で水道配管の劣化予測が可能だ。
  • クレイジーは褒め言葉である。クレイジーとは、人とは違うことをやっているということだ。世の中にインパクトを与える事業を始めるのであれば、人と同じことをやっているようではいけない。

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

  • 世界のエリートたちは、「事実(板書)」「解釈(気づき)」「行動(要約)」の3分割で思考を展開しており、方眼ノートは、この思考ステップを習慣化させてくれるツールである。
  • 頭がいい人は、書き込んだ「気づき」を臨場感あふれる「ストーリー」に変換できることから、学んだ内容を再現しやすく、結果につなげることができる。
  • ビジネスパーソンは、膨大な情報から結果につながる重要情報を見極めるための「捨てる力」を身につける必要がある。その力を養う最適な場が「方眼ノート」である。

仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力

  • アンテナを張ると、不要なものがはじかれ、欲しいものや必要なものが入ってくるようになるため、仕事も人生もうまく回るようになる。
  • 必要な情報を効率的に収集するためには、自分が詳しくない分野に明るい「マイ賢者」を頼ったり、「定点観測地」を決めて変化を見逃さないようにしたりするのが有効だ。
  • 誰かを誘うときには、その人との「記念日」をきっかけにすること、お酒の場は苦手でランチを好むなどといった相手の「個人ルール」を尊重することが効果的である。
  • チャンスをつかむには、即断即決の習慣をつけたり、紙の手帳で先々のToDoを管理したりするのがよい。